CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«やる気にあふれた大学生ばかりでもない | Main | 教育の双方向性をもっと高めてゆく»
民主的教育は多様であった方がいい [2020年10月05日(Mon)]

必ず投票は1票じゃないといけないのか?
学校の入試は、複数回のテストの合計の偏差値で、複数校に願書を出してはいけないのか?

仕事は、なぜ毎日同じ場所にゆかなければならないのか?

子育てを時々人に頼む仕組みを作ることはできないのか?

小学校や、中学校は選べないのか?

大人は、高校で勉強してはいけないのか?

受験以外の勉強をもっとできないだろうか?

教育の多様性は、制度や利用する人の多様性と連動して初めて意味を持つのだと思う。
どんどん異質の人が参加して、そこで変化を楽しめればいいのであって凹んだ人を作るのが目的ではありません。











タグ:多様性
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント