CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«不登校の名前を変えると、もっと考えやすくなる | Main | 僕らはうまくやりたいけど、うまくゆくことだけが人生の目的ではない»
学校という制度から見ると  [2020年09月24日(Thu)]

学校にゆかない子どもは怠けているように見えるかもしれません。

苦しいテスト勉強もしていない。偏差値も気にしていない。

学校という制度から見ると 学校にゆかない人はお気楽です。

学校にゆかない側から見ると。学校にゆかないで自分は一体どうなるのだろう?という不安にみまわれます。

大人になったら会社とかの制度に戻れるのかなあ?という不安にあえいでいます。

休んでいてもそんな不安が押し寄せてくるので気楽には過ごせません。

制度は、それぐらい影響力があるのですよ。






トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント