CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«気がつけば3ヶ月・・・・ | Main | 不登校の名前を変えると、もっと考えやすくなる»
短気であるということは、損ばかりではない! [2020年09月19日(Sat)]

私は短気である!

夏目漱石のようにいうと非常に気が楽になります。
なぜか?

短気な人間は、この社会の中であまり良く思われないからです。
「子どもの変化を一気につくりたい」
「社会の変化を一気につくりたい」

私は、この欲望にいつも かられています。

でも、人は思うように動かない。

若い頃ななんで動かないのか〜〜〜と心の中で絶叫していました。今でも絶叫しています。

変化をすると心地よくなるのに変化をしないのが耐えられません。

朝令暮改でもいいじゃないか?大人たちは、子どもから見れば、イライラしています。
子どもはこのイライラを見ていると、「だから大人は嫌いなんだ〜〜」とドン引きします。

大人は子どもが、どんどん引いていても イライラをやめません。

やめられないんだと思います。

結論から言えば、子どもはイライラする大人を見捨ててください(笑)

いいことは何もありません。

イライラがその人の凶暴性を、前面に引き出しています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント