• もっと見る

«こどもは配慮しないからいい | Main | できることは、いつも最適のことだけ»
教育は共に育くみあうこと [2020年02月23日(Sun)]

コロナウイルスが流行っているからではないですが、各自に自宅から参加できる学び方を考えていると、オンラインでフリースクールができないだろうか?という自分の中の気持ちが生まれています。すでに先行して試行錯誤している事例からも可能性を感じます。お互いに、つながり合う。共感する、肯定することはオンラインでも十分できます。                          
 同じ場所で、同じ時間に集まれることだけが、学びを成立させる要因ではありません。むしろあるときはつながり合いながらも、離れている時からは自宅からも学ぶことは、学びの可能性を広めてゆくと思います。
 音声が途絶えたり、動画が見えにくいという、環境も改善されて、オンラインですが相手の感覚も伝わるように改善されています。知識は一人でも身につきますが、気づくことは一人ではできません。だから、オンラインで学ぶことの効果もあると思っています。昨日フェスブックでつぶやいたら。大勢の人が、サポーターとして参加表明いただきました。一緒に、何かできそうな予感です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント