• もっと見る

«憲法と子ども | Main | 教育は創りあうものなのに»
対立は、必要である [2017年05月03日(Wed)]

意見対立が見える団体や企業は、非常に健全だと思います。うちの団体も、意見対立はたくさんあります。リーダーの意見にすがってくる人もいます。(前は安易に自分の意見を言って誘導していましたが、今はできるだけ我慢しています。私が言うと意見が出なくなりますからね)私は、指示された事しかやらないと考えていた(ここは過去形である事が大事です)人もいます。
 私にすれば、意見対立はしっかりと行ったほうがいい。むしろ対立するぐらいの意見が出たほうがいい、大切なのは、正論かどうか?などというつまらない議論ではなくて、動く事で何か変わり、どのような成果を生み出すか?成果を生む事によって社会をどう変える事ができるのか?にあります。
 一見の仲良しは、実は何も言わないだけです。そんなのに価値はありません。

成果を出すために、自分が何ができるのか真剣に考え行動した人が残るだけです。このような事を言うと、「江川は、新自由主義に取り込まれた」といわれます。よくわからないレッテルです。自分の必要な事を全力でやる事が、必要です。「いい事」でとまったり、啓発で止まったりする事に意味はあまりありません。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント