CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«五月です | Main | 憲法と子ども»
気では考えない、けれども気分は大事 [2017年05月01日(Mon)]

連休の中日になりました。なせか私は農作業をおこないつつ、本日は東京に出張です。新しい事業が始まる時期でもあるので、私自身は5月の連休はほとんど休みません。
 時折、レスキューで呼び出されるのは、ほとんどが人間関係の事です。

世の中は、これほど人間関係が大事なんだ〜と。50歳にして思いました。多くは、働く日の不安にあるのだと思います。私がやっている事が正しいのか??そもそも、これは誰が責任を持つのか?自分は関係ねいよね。などという不安が仕事を止めてしまいます。正しい事をやっていただく事は大事ですが、正しくない事でも進んでゆけます。
 カレーをつくるのに、肉から炒めるのか?タマネギから炒めるのか?

たしかに大事な問題ですが、どちらからやってもカレーはできます。この論理に、似ているような気がします。私たちは、誰かが描いたレシピどおりに行おうとしすぎて、目的を見失っているのではないかと。大事なのは目的なので、そのプロセスや手段ではありません。

良いアイディアや、工夫が生まれるように気分は上々で仕事をするのは大事だと思いますが、正しいかどうか?とかはどうでもいいのではないか?むしろ狙いや目的が大事なのだと、私は思っています。
 
 最近気がついたのは、目的を言わない大人も多いのです。だから、どうしても瑣末なところで議論が終わってしまいます。残念です。目的が大事。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント