CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

自分の嫌なところに気がつきたくはないのは、子どもも同じです [2021年02月19日(Fri)]

自分の声を録音して聞くと異和感を感じる人が多いと思います。
撮影された動画を感じて、自分ではないという異和感を感じる人もいます。

私は仕事柄、自分が何を話していて人にどう伝わっているのか、何度か繰り返し聞くくことがあります。正直嫌なこともたくさんあります。しかし、それでも繰り返してゆくうちに自分の話し方を変えるきっかけをもらえます。

大事なことは、「周りから見える自分は、そう見えているよ」ということに早く気がつくことです。

これを認識する大事な機会が、録画を見たり、録音を聞くことなんです。自分がどう思われているか?自分が自分を理解ができないという前提を忘れてはいけません。


子どもも同じです。自分の嫌なところに気がつく必要はないですが、自分がどう見えているかを理解することで、周囲を変化させるためにもっと有効で戦略的な対応も可能になります。ここに気がつくと、仕事もやりやすくなります。

子どもも、社会に対してアピールする力が出てきます。周りを知り、自分を知るということですよね。
私たちは何もやっていない [2021年02月15日(Mon)]

仕事をつくるのを起業という。

昔から私は、金もうけしかない人間を、人間のクズだと思っていました。
ここ10年余り。金儲けさえできない人もいることに気がつきました。
よって、お金だけでも回している人は必要です。

かくいう私も、お金を回せない人でした。今は少し回せます。いや、回るように工夫をしています。
社会をカラダ、お金を血液としてを考えると、社会の中でお金を回さずに活動しているのは、まだまだあってもなくてもいい、盲腸のような活動なんです。

無くなっても困らない活動は、ちょっとしたいいことなので、なくてはならない存在にまで、認められていない。良くも悪くも、これは悔しい。もっとたくさんの、お金も人も回る仕組みをつくりたい。同時に課題も解決したい。こんなよく深いことをいつも考えています。

教育は、いろんな可能性を探るための「思考」を学びます。考え方です。はじめは、マネをしながら、進めばいい。子どもたちも、大人も同じです。恥ずかしげもなく、質問し、答えを引き出す。これは、その人との学び合いです。恥さえ捨てればいいんです。

多くの人間の、大きな粗大ゴミは「恥」なんです。

よって自分が、恥ずかしいと思う人は何も聞けず、何も挑戦せず時間を過ごします。これがもったいないです。捨てればいいものを捨てずにいる辛さです。
56歳にして、私の脳みそはようやく何割かは、動いていますがまだまだです。

私は何もやっていない。
これは、今の私の事実です。

森さんと同じ考えの人へ!少数派が大事な世の中なんです。 [2021年02月11日(Thu)]

「女性はおしゃべりで、参加すると会議が長くなる。」
女性を役員として、参画させることへの間接的な批判です。
こんなことを言う人がいるのか?おかしい!と言う人もいます。しかし、いくら進歩的な人も、トランジェンダーや、黒人やアジア人には偏見があるかもしれません。シングルマザーや独身の人に偏見を持つ人もいます。
障がいを持った人への差別もあります。

なぜマイノリティー(少数派が)大事なんですか?

それは、少数の人の意見を取り入れた社会が、少数派が尊重されている社会が豊かな社会、平和を実現する社会であると我々が知っているからです。不登校という少数の人たちの持つ苦しみを私たちはどれだけ理解しているのでしょう。

 履歴書に空白がある人の苦しみを知っていますか?
 人に合わせられない人間を、協調性のない人間として、平気で仲間はずれする社会のおかしさ。
 学校にゆかない人間を、知識のない人間として扱うおかしさを知っていますか?
 学校にゆかないと告白するときの、ドキドキを皆さん知っていますか?

こんな苦しみを、和らげるために学校を出た皆さんはどんな工夫をしていますか?
私たちは、フリースクールという場で様々な工夫をしています。この試行錯誤を私たちは、楽しみながらやっています。なぜ楽しいか?自分が豊かになるから楽しいんです。幸せになるから楽しいんです。

学校にゆかなくとも、できることはたくさんあります。学校にゆかないという感性を面白がる人もいます。このワイワイ、ガヤガヤ感がとても豊かなんだと私は思います。

多数派が少数派を抑圧する社会は、ガマンを強要させる社会です。

おそらく森さんと同じ考えの人はたくさんいます。

この人たちは、豊かさを実感しないままに生きてきているのだと思います。
伝えられない残念さが心に残ります。  悔しいなあ。
ビーンズふくしま若月さんとの対談 [2021年02月04日(Thu)]

ビーンズふくしまは当団体と同じ年に立ち上がりました。ともに福島での不登校の問題を一緒に考えてきた仲間です。若月ちよさん(理事長)は当団体の理事も務めていただきました。不登校の問題は、たくさん学べる問題があります。
忘れたいような、悲惨な現実でも、気づきや学びがあります。これをぜひ知っていただきたいと思います。

寺子屋方丈舎では2月、3月と入学説明会を重ねています。ぜひご参加ください。

苦手意識と経験 [2021年02月01日(Mon)]

「なんとかなる〜」と思えるのはなんとかなるという経験をどこかで経験できているからです。
苦手なことを克服するというのは、とても困難だと思っている人も多いです。
できないというのは、本当にできないわけではなく、精神的な恐れや不安を持ってるからできないだけです。

ただ、どこで経験するのか?ということについて言えば、一方的に命令される場で経験を積むのではなく。自分で試行錯誤できる経験を積むのがいいと思います。本人と楽しみながら、否定せずに積み上げる経験です。

経験の積み上げが、自信の積み上げになるには、そこから学び続ければいいのです。


田原真人さんとの対談 [2021年01月24日(Sun)]

フリースクールでの学びについて田原真人さんとの対談ですぜひご覧ください
フリースクールとは何か?学校外の学びで何が成長してゆくのか?
幸せのために学ぶということはないか?についてお話ししています。良い聞き手を得ると、どんどん人間は考えを開いてゆける。引き出されるということが実証されています。

以下のような展開になっています

*なぜ立ち上げたのか?
 (黒板を写すだけの教育に意味はあるのですか?)

*学びのアンラーニングについて
*フリースクールで何が育つ
*自分の頭で考えてゆくことの大事さ
*最適解はどんどん修正されることが大事

感想をお待ちしています。


子どもから学ぶ大人はいつもチャンスを提供しつづける [2021年01月18日(Mon)]

「フリースクールでは、大人も子どもも学びあいます」
「それはなんとなくわかりました。それで、どんなテキストを使っているんですか?どんな教え方をしているんですか?」
「特別に学校に戻れる方法を教えてください」

なんかこんな問答を20数年続けていると、「大人のわかりました」ほど当てにならないものはないと思います。こどもの話を聞きもしない大人が、子どもの理解者にはなれない。方法論だけで腑に落ちても、人は動かない。
逆に、本当に何をすればいいのかわかっていればいいのかわかっていれば、誰もが動き出せます。

子どものモチベーションを上げるのは1日にしてならず、崩すのは1日もかからないことがわかります。残念ながらまだまだ、子どもを理解する力は稀有なのですよ。子どもから学べる大人は貴重なんです。

氷と理想はどっちが溶けやすいのか? [2021年01月16日(Sat)]

生きていて、全てが思い通りになることはないけれど、念じて行動すれば思いは拓けて実現に向かってきます。
問題は自分の中に理想と夢を持つこと。とにかく。実現のために何ができるのかを考えるということを考えます。
 私たちの夢を持ち続けるのが困難なのは、自分の中の思い込みと常識が邪魔をするからです。おおむね常識というものは、つまらないものです。スーパーの安売りのように実利があるところの方が、人は誘導されやすいです。
 私たちは日夜常識という、炎に晒されているので夢は溶けやすいです。

大人は、本人が夢を言わなくなるとホッとしたりします。ようやく現実的になったと喜びます。現実的になったのは、何かを諦めたからかもしれません。早いうちに諦めを覚えさせると長い人生が、苦痛になります。他に喜びが見つけにくいからです。

氷と夢は溶けやすい。だからしっかりと大事に育てて欲しいなあ。「つらら」みたいに長くなるまで
今年も親も子も、自分の変化を伝えてゆく喜びを! [2021年01月10日(Sun)]

 新年の初ブログです。
子どもたちにとって、誰もが笑顔でいられるような1年になりますように、心より祈念申し上げます。そして、自分が幸せになるように。誰もが「支え合う」という幸せで、いっぱいになりますように!

誰もが他人と比べられるのは、あまり気持ちいいものではありません。ただ、過去の自分と比べて成長していることをほめられたり、自分の変化を確認できることは、うれしいものです。人生を誰かと比べてもしようがない。我が子の成長を、しっかり言葉として伝えてあげるのが、親にとっても幸せなはずです(本来は)。でも、自分自身が不安だったり、子どもが、少しでも直した方がもっと幸せになれると信じている大人が多いです。
 親自体も子育てをつうじて、自分自身を肯定して変化してゆきます。子どもが失敗したことに注目していた親が、子どもができたことに、注目するようになってゆくことで、子どもにも大人にもいい変化が生まれてゆきます。視点を変えるだけで、大人の意識も子どもの意識も変わります。
 「良いところ発見」の連鎖で、人はどんどん内面的に幸せに変化してゆきます。変化は自分の中からやってきて、他人も幸せにしてゆく。子どもも親も、幸せになってゆく。こんな循環が、私たちには必要です。新年から、習慣を変えてゆくキッカケがつくれれば良いですよね。良い習慣が身につく年でありますように。当団体でも、みなさんと一緒に場づくりを行ってまいります。
性の問題を考える [2020年12月23日(Wed)]

オンライン時代の性の教育は、難しいです。
良くも悪くも情報が早く伝わるので、性の理解よりも露骨なポルノ動画を子どもは目の当たりにしてしまいます。携帯電話を持つということは、ポルノ動画を見ているのと、ほぼ同じ意味なのです。単なる連絡ツールとして、安い契約料金であれば、大人は安易に子どもに携帯を提供してしまいます。
携帯電話を持って入れば、お店にゆかなくとも小学生もポルノ動画を簡単に見ることができます。

子どもたちはチャイルドロックの外し方まで研究している事を、大人は知りません。

大人は、そんなことは知らないで、便利な道具だと携帯電話のプラスの面だけ信じて使わせようとします。

オンライン時代に、性教育をするということは、子どもの興味関心を好奇心から、命を大事にする学びへといかに進めてゆくのか?その努力は、容易ではありません。オンラインへの接続しやすくなっているので、私たちは、性教育年齢をより早くから行う必要性があります。

私は、小学1年生ぐらいから、徐々に性教育は必要だと思っています。

学校での性教育は、いまだに生理がきそうな女子を中心に行っている程度で、男子は除外されています。生理のメカニズムさえも理解しないで、結婚まで至る男子もいます。性について、学ぶ機会さえないから自分は結婚できないと思う大人もいます。
 
性の問題は、生きるに直結します。

私たちが問われているものを、大人が恥ずかしがらずにどんどん一緒に考えてゆかないと、未熟な意識が性犯罪を助長させて、苦しむ人を増やすことにもつながっている事をもっと真剣に考える必要があります。
| 次へ