CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« edge2007開催レポート | Main | 2008プレイヤーのみなさんへ»
最新記事はこちらから
カテゴリ別はこちら
edgeのつながり・リンク集
another story 〜ボランティアのedge2008:その8 [2008年01月18日(Fri)]
最後の登場は、受付を担当してくださったECC国際外語専門学校生の張東玲さんです。

笑顔が印象的な張さん。
受付の必須アイテムも、そうです! 笑顔です!!
(どこかのファーストフードみたいですが。。。)
edgeファイナル当日は、張さんの笑顔も、ひときわ輝いていたのではないでしょうかキラキラ

そんな張さんにとって、edgeファイナル当日は、どんな日だったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお伝えします。


今回のedgeに参加したことで、社会起業家業界のいろんな人と
触れ合うことができました。
自分の年と同じくらいの人が作ったプランを聞いてすごく感動しました。
そして、自分も頑張ろうと思いました。
彼らみたいに仕事を通して社会に貢献できようになりたいと思いました。
今回のボランティアに参加していい勉強になりました。



張さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
あのファイナルのステージに、張さんが立っている日も、
そう遠くはないかも?!
edgeは、そんな想いをもっている張さんを応援しています笑顔


さてみなさま、今日が最後となりました、、、このanother story。。。悲しい

1人ひとりの顔を思い出しながら書いていたのですが、
another storyを更新するたびに、ボランティアのみなさんたちとの出会いや、
一緒に準備した時間や感じたこと、そんなものが、
じんわりと熱さとして残っていることを実感していました。
みなさんに感謝です。


ふりかえりを書いてくださったボランティアのみなさん、
another storyを読んでくださっていた方々、
本当にありがとうございました!!

(引退宣言みたいになっていますが、
edgeのブログは、今後も続いていきま〜す!)
another story 〜ボランティアのedge2008:その7 [2008年01月15日(Tue)]
7番目の登場は、舞台裏で照明を担当してくださった中野玲奈さんです。

中野さんは、第1回目のedgeから、何度か参加者として関わり続けて
くださっていますが、今回はじめて、運営側に参加してくださいました!!
当日のボランティアだけでなく、企画から加わってくださり、
このファイナルを、イメージの段階から、ともにカタチにしてきてくださいました。

さてそれでは、edge常連の中野さんにとって、
edge2008ファイナルは、どんな日だったのでしょうか???
ご本人のふりかえりをお伝えします。


毎回、何かパワーをもらって帰ります。
ワタシは自分も何かに一生懸命取り組みたいという気持ちは
前々からもっていますが、カタチにできない、タイミングが違うなど、
いろんな壁にぶち当たり、日常に流されている・・・という感じでした。
でも、今回のエッジでは、本当に自分もしたいという気持ちになりました。
社会を、こう変えていきたいという気持ちは、具体的にはありますが、
事業としてのプランは全然見えてきません。
でも、このどうにかしたいという気持ちはこれからももち続けたいと思います。
そしていつかあの舞台にワタシも立ちたいなと思います。
まずは自分が何をしたいのか、考えてカタチにしたいです。



中野さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
edge2008が、これまで中野さんが温めてきた思いをカタチにする
エネルギーとなっていること、うれしいです!!
これからの大活躍を応援していますよ笑顔



さて、いよいよ、次にご紹介する方で、このanother storyは、
最後を迎えることになりました。。。
その最後を飾るのは、だ〜れだっ?!
another story 〜ボランティアのedge2008:その6 [2008年01月10日(Thu)]
6番目の登場は、舞台裏の大道具を担当してくだった花園大学学生の仲野克哉さんです。

早速、お気づきになった方もいらっしゃいますか???
そうです!!
edge2008プレイヤーの、セミファイナリストの、あの仲野さんです。
(周りの方々からは、その独特のキャラクターから、“ちんねん”と呼ばれています笑い

舞台裏で、運営メンバーとして、edge2008ファイナルの舞台を一緒に
創ってくださったこと、本当にとてもうれしいです。
7月の第1次オーディションから、ともに歩んできた仲間たちへ、
「最高の舞台をつくろう!、つくりたい!」という気持ちが
誰よりも伝わってきていたように思います。

それでは、edge2008のプレイヤーでもあった仲野さん、
あっ、いや、“ちんねん”さんにとって、
edge2008のファイナルはどんな日だったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお届けします!どうぞ!!



運営ボランティアとして参加しました。仲野克哉です!
ぼくはもともとプレイやーとして参加していたので
edgeにすんごい思い入れがありました!

edgeを通して様々な人と出逢い、そして自分自身の成長ができ、
本当にedgeに関わる事ができてよかったです!
感謝しています!
これからもedgeで出逢った皆さん、
そしてファイナリストの皆さんの今後のご活躍を期待していま〜す!!
     
ちんねん



ちねんさん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
edgeも、ちんねんさんのこれからのご活躍&大爆発を期待&応援しています!!
(ブログも楽しみに見ていますよ〜音符

ちんねんさんのブログをまだ見たことがない方は、ぜひ一度!!
こちら → https://blog.canpan.info/nakano/


次のanother story は??? 乞うご期待!!
another story 〜ボランティアのedge2008:その5 [2008年01月08日(Tue)]
 みなさま、明けましておめでとうございます拍手
年末年始は、いかがお過ごしでしたか???

 年末、パタリとanother story が途切れてしまい、申し訳ありませんでした。。。
楽しみに見てくださっていた方もいるのでしょうか???

 そんな方に、年が明けた2008年になっても、引き続き another story を
紹介していきますので、どうぞどうぞ、お付き合いくださいませ音符

 

 それでは早速、、、

 5番目は、舞台裏でスポットライトを担当してくださった西誠さんです。 

 
 西さんは、昨年のedgeファイナルにも運営メンバーとして参加してくださっていたため、
事務局が、それはそれは心強く感じていたことは、言うまでもありません!!

 音響や司会とのタイミングもバッチリで、また、よりよいファイナルにするべく、
リハーサルの際から、たくさんのご意見やアイデアも出してくださっていました。
本当に感謝です!


 それでは、西さんにとって、edge2008ファイナルの日は、どんな1日となったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお伝えします!どうぞ!!


一番感じているのは、運営側の方々の熱い思いや真剣な姿勢が
本当に素晴らしいな、ということです。
みなさんが、それぞれの立場から、あるいは立場を越えて、
これからの社会のあり方とプレイヤーへの期待を、
ああいった素晴らしい形で表現なさっているのだと思います。
大学職員という立場でこれからの社会を担う学生たちを
支援する立場にいる私も、とても刺激になりますし、こういう思いを
忘れてはいけないと改めて感じさせていただく場にもなりました。



西さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
そして、今年も・・・(ふふふっ、笑)、よろしくお願いしますっ!!



さてさて、次のstoryは誰だ〜っ、ダレだ〜っ、だれだ〜っっっ?!
another story 〜ボランティアのedge2008:その4 [2007年12月21日(Fri)]
4番目は、舞台の裏方で出演者やゲストの『誘導』を担当してくださった浅田恵理さんです。 

常に次のプログラムのことに気を配りながら、出演者やゲストのスタンバイの状況を
確認してくださっていました。
打ち合わせと違う状況にあったときでも、落ち着いて判断して、動いてくださり、
そのおかげで、プログラムもスムーズに進行することができました。

それでは、浅田さんにとって、edge2008ファイナルの日は、どんな1日となったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお伝えします。



同年代の方たちが、自分たちの想いを形にし、実際に動き、
実現させようとしている様子を見てとても刺激を受けました。
また、メンターのみなさんや事務局の方々が本当に一生懸命
彼らを応援している様子にも感動しました。
ユースビジョンインターン生として事務局の方々の業務を近くで
見せていただき、ユースビジョンという団体の意義など考えるようになりました。




浅田さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
ファイナリストたちがステージで輝いていたように、浅田さんも舞台裏でキラキラキラキラ
輝いておられました。
edgeでの刺激もエネルギーにしながら、浅田さんの益々のご活躍を応援しています!
また、今後もedgeをよろしくお願いします。



さて、次は誰のstoryだっ???
edge賞金募金のご報告 [2007年12月21日(Fri)]
edge賞金募金のご報告

edge実行委員会


 edgeでは、edgeの開催趣旨に賛同される方で、若き社会起業家の誕生を資金的に応援したいという方から、「edge賞金募金」を募り、多くの方々からご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。
続きを読む・・・
another story 〜ボランティアのedge2008:その3 [2007年12月19日(Wed)]
3番目は、『受付』を担当してくだった立命館大学4回生の佐藤星麗奈さんです。

前回から引き続き、テキパキ&笑顔で対応してくださった受付メンバーのお1人、
佐藤さんにとって、edge2008ファイナルの日は、どんな1日となったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお伝えします笑顔



「社会起業家」が起こす新しいムーブメントに大きな希望を感じました。
そして与えられた環境のなかで生きるのではなく、今の仕組みに疑問を持ち、
新しい視点から取り組もうとされている同世代の若者の姿に強く感銘を受けました。

ただ、プレーヤーの皆さんのように社会の仕組みを変えるような提案をされるのも
素晴らしいですが、その大きな目標を見て、「凄いな、だけど自分にはできないな」
と思うのではなく、自分の今いるところから社会に向けて何かできることを模索する
ことも社会を変えることに繋がるのではないかと思いました。

大切なことは思いや気づきを行動に起こすことだと、プレーヤーの皆さんを見て感じました。

貴重な機会を本当にありがとうございました。



佐藤さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
今の自分が社会にできることを自身に確認しながら考えて行動していくこと、
本当に大切ですよね。
それが、一人ひとりの一歩へ、団体や組織の一歩へ、社会の一歩へと、
繋がるのではと感じています。
佐藤さんの益々のご活躍を応援しているとともに、
これからもedgeをよろしくお願いします笑い


さて、次は誰のstoryでしょうか???
お楽しみにキラキラキラキラ

another story 〜ボランティアのedge2008:その2 [2007年12月17日(Mon)]
お2人目は、『受付』を担当してくださった菅 磨里奈さんです。

受付は、なんといっても、参加者の方々がedgeに触れる最初の場所であり、
edgeの顔です!!
当日は、13時に受付を開始、13時30分には開会というスケジュールで、
その30分の間に、たくさんの来場者の受付を済まさなければならない、
とても慌しい状況でした。
そんな中、受付メンバーのみなさんのチームワークはバツグンで、
笑顔笑顔で、テキパキと対応してくださっていましたキラキラキラキラ

それでは、その中の1人、菅さんにとって、edge2008はどんな一日となったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお伝えします。


『同じ興味を持つボランティアの方と出会えたことや、ファイナルの
プレゼン者の方々ともつながりを持てて、どう生きるか・仕事の選択を
より広い視野で見ることができるようになりました。
また、edgeにはNPO業界の有名な方々が集まっている印象を受けました。
来年も楽しみにしています!
真面目に書きましたが、当日ボランティアをして
私自身もとても楽しむことができました☆
どうもありがとうございました。』



菅さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
edgeも、このファイナルで菅さんに出会えたこと、繋がれたこと、とってもうれしいです。
これからのご活躍を応援しているとともに、
引き続き、edgeをよろしくお願いしますね笑顔



さて、次は、誰のstoryでしょうか???
お楽しみに〜音符
another story 〜ボランティアのedge2008:その1 [2007年12月14日(Fri)]
トップバッターは、『音響』を担当してくださった井上紗央利さんです。

音響は、なんといっても演出の要です!!
司会や照明と息を合わすことも必要で、そのチーム力がイベント成功の鍵を握るほどです。
2、3度あったか無かったかほどのリハーサルや打ち合わせ、
ファイナル当日まで音響設備を確認する機会がなかったにも関わらず、
見事にその大役をやってのけてくださった井上さん。

それでは、井上さんにとって、edge2008はどんな一日となったのでしょうか?
ご本人のふりかえりをお伝えします笑顔

『舞台チームの団結力に感動しました!
自分の出来ないところは誰かに補ってもらったり、教えてもらったりして
自分は出来る力を精一杯発揮することの大切さを知りました。
このことはこれからの自分が所属している団体で活かされるだろうなと感じています。
当たり前のことなんですが、気付けてよかったです。
またボランティアが今までよりも若い人がとても多くて、交流会や帰りの時間に
沢山いろんなことが話せたこともよかったです。
これからもっと若い世代の人にも広がっていくんだろうなって思います。』


井上さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!!
edgeでの気づきを所属団体で、日常のいろんな場面で、
活かしていかれることを応援しています!!
そして、これからもedgeと関わり続けてくださいね。


次のanother storyは、どなたでしょうか???
みなさん、お楽しみに!!
ファイナル当日を支えてくださったメンバーたち・・・ [2007年12月14日(Fri)]
edge2008ファイナルから4週間が経ち、ファイナリストのみなさんも、
当日参加してくださった方々も、日常に戻られて、いかがお過ごしですか音符

あの日が、みなさんの今日の一歩に繋がっていたら、うれしいなと感じている
今日この頃です。



さて、突然ですが、ファイナルの当日、あらゆる場面で、ボランティアの方々が
大活躍されていたのですが、会場にいらっしゃった方々は、お気づきでしたか?

実は、、、企画から当日まで、社会人から学生まで、20名以上の方々が、
参加してくださっていたのです!!

11月23日、無事にファイナルを終了することができたのは、他でもない、
ボランティアとして支えてくださった、お一人おひとりのチカラがあったからこそですびっくりびっくり
みなさん、本当に、本当にありがとうございました笑顔

 
では、ボランティアとしてファイナルに参加してくださった方々にとって、
「edge2008ファイナル」は、どんな一日となったのでしょうか???
(ちょっと、聞いてみたくないですか?)
 
そこで、今日から、「another story〜ボランティアのedge2008」と題し、
ボランティアの方々のふりかえりをブログにアップしていきたいと思います!!

どうぞ、みなさんも一緒に、あの日の感動と熱さを思いおこしてみてください!!
| 次へ