CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« edge2012 | Main | edge2012ファイナル!»
最新記事はこちらから
カテゴリ別はこちら
edgeのつながり・リンク集
「edge2012ファイナル」開催いたしました。 [2012年01月30日(Mon)]
「edge2012ファイナル」は1月29日(日)に開催いたしました。

4組のプレゼンテーションの結果、「Homedoor」(代表川口加奈さん)が最優秀賞を受賞しました。

詳細については、後日レポートいたしますが、当日の実況をTwitterより行っておりましたので、ご関心のある方は下記のリンクよりご参照ください。

「ついろぐ」へリンク
http://twilog.org/edgecompe
ファイナリストの合同メンタリングが行われました! [2011年12月22日(Thu)]
edgeインターン生の下中です!

2011年12月17日(土)
ECCコンピューター専門学校(大阪市北区)内の会議室で、
ファイナリストの合同メンタリングが行われました。

今回はその様子をお伝えします!

合同メンタリングとは、セミファイナルを勝ち抜いた各ファイナリストたちが、

@セミファイナル後からどんな動きをしてきたか?
Aファイナルに向けて、どのように動き、プランを磨いていくのか?

主にこの2つをプレゼン形式で発表し、
メンタ―やファイナリスト同士で共有する場です。


会場に現れたファイナリストたち…
今日は審査がないから気楽そう?!(^o^)


発表は、
icora
あっとすくーる
めでぃぷろ!
Homedoor
の順で行われました!


発表になると、みんな真剣な表情に!
各チーム、セミファイナルやその後のメンタリングで
メンタ―陣にもらったアドバイスを行動に移し、
発表に盛り込んでいました。
各チームのプランは少しずつ進化しています!




それでも質疑応答タイムには、メンタ―から
「ターゲットになる人はどれくらいいるの?」
「それはお金を払ってでも欲しい商品なの?」
など、厳しい意見が飛び出すことも…。
予想外の質問に焦るファイナリスト…(・o・;)
白熱して、時間通りに終わらない質問タイムに焦るタイムキーパー…(;・o・)




全チームの発表後は、メンタリング!
各チームに、メンタ―がアドバイスします。
メンタ―が時間ごとに交代するので、ファイナリストは
より多くのメンタ―の意見を取り入れることができます。

メンタ―はプラン(提供する商品・サービス)の話だけではなく、
組織の中での役割分担の仕方や、優勝するための効果的なプレゼンの仕方など、
様々なことで相談に乗ってくれるので、ファイナリストにとって、
とても頼りになる存在です!




2時間程のメンタリングはあっという間に終了!
新たな気付きを得たファイナリストたち。

メンタリング終了後の、ファイナルに向けての意気込みを発表する時には
緊張もほぐれ、会場で笑いが起こる場面も。




ファイナルに向けて、
さらにプランを進化させるべく、残り1ヶ月動き回ってください!


ファイナルではどんな発表をしてくれるのでしょうか?
私も今から楽しみです!^^

<次回からは、各チームの現場をレポートします!>

edge2012 セミファイナル レポート [2011年11月25日(Fri)]
こんにちは。edgeインターン生の小林知代です。

11月20日(日)に、セミファイナル(三次審査)が行われました。
その様子をお伝えします!

===========================

10月8日〜10日の合同研修からおよそ一か月半。
二次審査で選ばれし8組のチームが、
ECCコンピューター専門学校(大阪市北区)内の会議室に集結しました。

13時の集合時刻を前に、一チーム、また一チームと、
参加者が会場に足を踏み入れていきます。

「わあ、お久しぶりです。」「調子はどうですか?」
参加者同士がお互いに声を掛け合います。
edgeは社会を良くしようと取り組む人たちの、出会いの場です。

そんな和やかな空気も、審査が始まると一変。
参加者一同、真剣な表情に。



審査の流れは次の通り。
一チームにつき5分のプレゼンテーション、
審査員からの質疑応答が8分。

参加者は二次審査が終わってから、
試行錯誤を繰り返しながら、前に前にと、進んできました。

プランにかける本気の思い、
5分で全ては伝えきれない
でも、少しでも多く伝えたい

自然と声には力がこもり、全身を使って発表を行っていました。





審査員の皆さんも真剣です。




質疑応答では、プランに対する厳しい指摘も飛び出します。
戸惑うこともありつつ、毅然と答えられるのは、
これまで必死に考え抜いてきたからこそ。




8組すべての発表が終わり、審査員一同による協議が行われました。

その結果、ファイナル(最終選考)に進出するチームが決定し、ました。
全部で4組が、来年1月29日(日)に梅田スカイビルの舞台に立つことになりました。


最後は全員で円になり、一人ひとり、
これまで振り返りや今後の意気込みを語りましたっていきます。



この日のために課題に取り組んできたそれぞれの思い。
そこにファイナルへの覚悟や、一歩届かなかった悔しさが加わり、
ますます大きく、強くなっていくようでした。
皆さんのまぶしい表情や、迷いのない言葉が、そう感じさせてくれました。

参加者、審査員の皆さん、お疲れ様でした。
edge2012 合同研修(2次審査) 最終日 [2011年10月14日(Fri)]
小林です。

いよいよ合宿最終日。


とはいえ、午前9時に2次審査シートを提出するので、
最終日は主に「これから具体的にどう動くのか?」
ということをレクチャーなどで考えていきます。


午前9時

朝一は、edge常務理事の能島より
マーケティングのレクチャー。



続けて、トークセッション形式で
過去出場者で今はメンターのedge専務理事河内と
インターナショクナルの菊池さんより、
これからのedgeの活用の仕方を紹介。



同日10時30分
その後は、2日間を一緒に過ごしたメンターと
今後の行動計画について話し合い。最後のメンタリングです。




同日11時
最後は全員で事業プランの進捗を確認。
時間は初日と同じ30秒。
プランを磨きあげることで、説明も随分と分かりやすくなった気がします。

そして、最後はメンター陣より激励のメッセージ。



正午12時の参加者解散後、メンター陣は審査会を行いましたが、
その結果は後日お知らせいたします。
2次審査に通過してもしなくても、ぜひ、この合宿での学びを生かして
よりよい事業にしていっていただければと思います。




以上。
最後までお読みいただきありがとうございました。


edge2012 合同研修(2次審査) 番外編 [2011年10月14日(Fri)]
小林です。


最終日に行く前に番外編。

このコーナーでは、edgeの合宿のコンテンツとは
直接関係が薄いけれども、雰囲気を知ってもらう上では重要、
そんなシーンを紹介していきたいと思います。


まずはこちら


共同作業所 NPO法人Salut サリュ 」からの差入れ。
写真では見えませんが、ちゃんと「edge2012の差入れだよ」
と書いた紙が一つ一つに付けられています。

サリュさんの経営する作業所で作ったお菓子とのことで、
参加者にも好評で、とてもありがたかったです。
他の過去参加者の皆さま、差入れお待ちしております(笑)



続けてこちら


これは差入れではなく、会場内にある自販機で売っているレッドブル。
2日目にもなると、いつみても会場内のどこかにはこの缶が。。。。
合宿の盛り上がり?が伝わるのではないでしょうか。。。




3つ目

メンター会議の様子です。

レクチャーや個別作業を一斉に取る時間、メンターは別室にて
各団体の状況や今後のメンタリングについてギリギリまで
議論を続けていました。



最後はこちら


研修会場の窓から見える風景。天気がとっても良いです!
合宿中は全て絶好の行楽日和でしたが、もちろん参加者は
研修会場の中から一歩も出ずに事業計画作りでした。。。

本当にこんな中、皆様お疲れ様でした。




edge2012 合同研修(2次審査) 2日目 [2011年10月14日(Fri)]
合宿連載シリーズ第3弾

今回は2日目の様子です。

10月9日午前9時

2日目の朝一番は、豪華レクチャー3連発!

まず最初はedge代表田村のレクチャー。
お題は「課題設定の仕方」
社会的な事業をするうえで、欠かせない解決したい課題を
どのように設定するのか、数々の事例を元に紹介。



続いてプレジャーサポートの町さん。
お題は「事業の絞り方」
自身のダイエットにたとえながら大爆笑の中、商品設計の組み立てに
ついて解説。



最後はedge常務理事の能島より「事業計画の立て方part2」
昨日の全体の様子を踏まえて、2日目で必ず押さえておいて
欲しいポイントを説明。



その後は・・・・・・
とにかくメンタリング→個別作業→メンタリング→個別作業の繰り返し。






翌日朝9時が2次審査シートの提出〆切ということもあって、
この日も皆さん夜遅くまで頑張っておられました。

最終日、、はたしてどうなるのか、、、お楽しみに。



edgeコンペ事務局 小林
edge2012 合同研修(2次審査) 1日目 その二 [2011年10月14日(Fri)]
小林です。

前回に続いて、初日のその二です。

関西で社会的な事業を既に行っているメンター、そして
これから行っていこうとしている参加者の方々の奮闘ぶりを
ご覧ください。

ではどうぞ。



===========================
10月8日 15時

開始から2時間。
簡単な休憩を挟んで、次はこれから行う事業計画作りについて
審査のポイントと事業計画作りの基礎を併せてレクチャー。




初日の序盤ということもあり、みなさんやる気は十分。
みなさん真剣に聞いております。




同日16時
さきほど行ったメンタリングとは違う組み合わせで、
再度短めのグループメンタリング。
違う専門性を持った人から様々な視点で事業を見つめなおします。





同日20時 
夕食の時間からはメンタリングはマンツーマンで実施。
メンターのいないテーブルでは、これまでのアドバイスや質問を踏まえて、
参加者だけで事業計画を練り上げます。


同日22時
この合宿で唯一の懇親タイム。(といっても1時間程度ですが、、。)
ゆっくりと参加者同士自己紹介をする時間もないので、ここでは
メンターも混ざってフランクに交流。





そしてここからがedge合宿の「本番」といってもいいかもしれません。
個別作業、メンタリングはまだまだ続きます。。。。



↑は24時の写真。
参加者によってはこの後かなり遅くまで頑張っていたチームも
あったようです。



だんだんとedgeの合宿らしくなってきましたが、とはいえまだ1日目。

次は2日目編です。


edge2012 合同研修(2次審査) 1日目 その一 [2011年10月14日(Fri)]
edgeコンペ事務局の小林です。

10月8日から10日の3日間、恒例になってきました
ビジネスプランコンペedgeの合同研修を実施しました。

今年は震災の影響で理事が関西にいることが少ないため、
過去の参加者の方々にもゲストメンターとして協力してもらうなど
例年とは少し違う雰囲気もありましたが、無事に開催をすることができ
事務局スタッフとしてはホッっとしています。


では、早速レポートに入りたいのですが、、、、、
参加したことのある方はご存知かと思いますが、
とっっっても中身が濃い合宿なので、複数回にわたってレポートを
していきたいと思います。

・目次
1)1日目 その一
2)1日目 その二
3)2日目 
4)番外編
5)3日目


それでは「1日目 その一」から、ご覧くださいませ。

===========================

10月8日土曜日、行楽シーズンの3連休初日。
神戸の西の奥の奥にある、神戸西神中央研修センターにて
スタッフ23名、参加者1次審査通過16組、32名が集まり、
ビジネスプランコンペ2012の合同合宿(2次審査)を実施しました。

※なお、会場は昨年に続き積水ハウス株式会社さんに
 ご提供いただいております。毎年ありがとうございます!


10月8日 午後1時
参加者が受付を済ませ、まずは会場を提供いただいている
積水ハウス梶@広報部の楠 正吉様より挨拶。




そしてedge事務局町の赤澤よりオープニングレクチャー。
まずは、改めてedgeの目的や参加者の皆さんに期待することを
お伝えしました。




続けて、今回メンター(参加者の事業プランを一緒に磨きあげる相談役)の
皆さんの自己紹介。


今年は下記のメンバーがメンターでした。(順不同敬称略)
田村 太郎/edge代表理事/(財)ダイバーシティ研究所 など
河内 崇典/edge専務理事/(特)み・らいず代表理事
赤澤 清孝/edge常務理事・事務局長/(特)ユースビジョン代表
能島 裕介/edge常務理事/(特)ブレーンヒューマニティー理事長
芝原 浩美/edge理事・事務局/(特)ユースビジョン事務局長
志場 久起/ゲストメンター/(特)わかやまNPOセンター理事/
       和歌山県NPOサポートセンター副センター長
山中昌幸/ゲストメンター/はじめの一歩プロデューサー
       JAE(NPO法人日本アントレプレナーシップアカデミー)理事長
       東北みらつくプロジェクトプロデューサー
町 孝幸/ゲストメンター/Pleasure Support 株式会社 代表取締役
湯川 まゆみ/ゲストメンター/(特)SEIN(さいん)・代表理事
松木 亮/ゲストメンター/(特)市民活動フォーラムみのお
高 亜希/ゲストメンター/(特)ノーベル 代表理事
菊池 信孝/ゲストメンター/(特活)インターナショクナル
松浦 真/ゲストメンター/特定非営利活動法人こども盆栽
嘉村賢州/ゲストメンター/(特)場とつながりラボhome's vi 代表理事



次は参加者の自己紹介。といっても全員が行える時間が無いため、
「エレベータースピーチ」(30秒以内に自分や事業について簡単に説明)
という形式で実施。

いきなりの振りに驚きつつも、これから事業を進めていくためには
他者に短い言葉で理解してもらうことは必須。その練習も兼ねて
スタートしていきました。





10月8日午後14時

そして、ようやくここからが合宿のメイン「メンタリング」
(メンターの方との事業プランのブラッシュアップ)です。

初日はたくさんのメンターから、様々な視点で事業について
質問や意見をもらっていきます。





このあたりで、その一、終了です。

まだまだ合宿序盤。どんな合宿になっていくのか、お楽しみに。