CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«edge2013ファイナリスト決定!! | Main | 【2月10日@梅田スカイビル】edge2013ファイナル開催!!»
最新記事はこちらから
カテゴリ別はこちら
edgeのつながり・リンク集
edge2013セミファイナル(第3次審査会)開催レポート! [2012年11月20日(Tue)]
こんにちは。edge事務局の小島です。
11月17日(土)に開催したedge2013セミファイナル(第3次審査会)の様子をレポートします。


<13:00 セミファイナルスタート>
10月の集合研修から、約1か月。セミファイナリスト9組が会場に集まりました。プレーヤー同士自然と会話が生まれ、プレゼンに少し緊張した顔と、久しぶりに会う仲間との笑い合う姿とが混じった会場の雰囲気はなんとも不思議。みなさん近況やプレゼンの話をしていたのでしょうか。

定刻となり、edge代表田村より開会のあいさつです。
田村の口からはいきなり「みなさんまだまだプランが甘い。やりたいことがいっぱいあるのはわかるけれど、もっともっと絞ってください。」と第3次審査の事前課題を読んだ感想が。


セミファイナルの審査員はedgeメンター10名。プレゼン時間は発表5分と質疑応答5分。

審査基準は下記4項目です。
・社会変革性
・実現可能性
・共感性
・起業家性

プレゼン順は当日くじ引きで決定し、下記の通りとなりました。
1)NPO法人ディーセント・ワーク
2)フロム・エム
3)NPO法人D×P
4)なまずん企画事業
5)Dream For Young
6)ASKA
7)マイノリティー・サポート
8)patch-work
9)心の灯台

IMGP7028.JPG

IMGP6958.JPG

プレーヤーのみなさんには、解決すべき社会課題・事業のターゲット・ソーシャルインパクトなど盛り込みながら、力と思いのこもったプレゼンをしていただきました。
5分というとても短い時間の間で、プラン内容、そしてプランにかける思いを伝えるのは、ひと苦労だったろうなと思います。審査員からの鋭い質問にも考えをめぐらせながら、必死にこたえようとする姿がとても、頼もしく見えました。


<15:45 審査会・振り返り>
9組全てのプレゼンが終了し、審査員は別室で審査会へと移ります。
審査の裏では、プレーヤーのみなさんがセミファイナルの振り返りと「セミファイナルを終えて、明日から何をする?」という行動目標を共有する場を設けました。みなさんセミファイナルのプレゼンを終えてホッとした表情です。

IMGP7138.JPG



<16:20 審査結果発表>
審査が終わり、緊張の瞬間。審査結果の発表です!
河内実行委員長の掛け声とともに、第3次審査通過チームの名前がスクリーンに映し出され、会場には拍手が。セミファイナルでは上位4組をファイナリストとして選出しました。

*ファイナリスト紹介はコチラ→https://blog.canpan.info/edgeweb/archive/290

その後、審査員からチームそれぞれにフィードバックと、ファイナリストからファイナルに向けた意気込みを語っていただきました。


<17:00 振り返り>
最後はみんなで円になって振り返りです。
プレーヤーからは「もっともっと、受益者の声をひろってきます!」「edgeに出て自分の軸ができた」という声をいただきました。
審査員からは「セミファイナルの結果に関わらず、事業を続けることが大切」との声が多くきかれました。

IMGP7287.JPG


これにて、edge2013セミファイナルは終了です。残念ながら、プレーヤー全員がファイナルに進むことはできません。しかし、今回解決しなければと感じた社会課題解決に向けた行動をおこすことは全員が続けてできることです。今回出会った仲間同士、競い合い、支え合いながら一緒によりよい社会づくりに取り組んでいきましょう!

IMGP7337.JPG

*ファイナリストのみなさん
(後方左)NPO法人D×P  (後方右)patch-work
(前方左)マイノリティ・サポート  (前方右)フロム・エム

IMGP7339.JPG
おつかれさまでした(懇親会終了後)



【レポート:edge事務局 小島弥生】
コメントする
コメント