CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«edge2012 2次審査結果のお知らせ | Main | edge2012 ファイナリストのご紹介»
最新記事はこちらから
カテゴリ別はこちら
edgeのつながり・リンク集
edge2012 セミファイナル レポート [2011年11月25日(Fri)]
こんにちは。edgeインターン生の小林知代です。

11月20日(日)に、セミファイナル(三次審査)が行われました。
その様子をお伝えします!

===========================

10月8日〜10日の合同研修からおよそ一か月半。
二次審査で選ばれし8組のチームが、
ECCコンピューター専門学校(大阪市北区)内の会議室に集結しました。

13時の集合時刻を前に、一チーム、また一チームと、
参加者が会場に足を踏み入れていきます。

「わあ、お久しぶりです。」「調子はどうですか?」
参加者同士がお互いに声を掛け合います。
edgeは社会を良くしようと取り組む人たちの、出会いの場です。

そんな和やかな空気も、審査が始まると一変。
参加者一同、真剣な表情に。



審査の流れは次の通り。
一チームにつき5分のプレゼンテーション、
審査員からの質疑応答が8分。

参加者は二次審査が終わってから、
試行錯誤を繰り返しながら、前に前にと、進んできました。

プランにかける本気の思い、
5分で全ては伝えきれない
でも、少しでも多く伝えたい

自然と声には力がこもり、全身を使って発表を行っていました。





審査員の皆さんも真剣です。




質疑応答では、プランに対する厳しい指摘も飛び出します。
戸惑うこともありつつ、毅然と答えられるのは、
これまで必死に考え抜いてきたからこそ。




8組すべての発表が終わり、審査員一同による協議が行われました。

その結果、ファイナル(最終選考)に進出するチームが決定し、ました。
全部で4組が、来年1月29日(日)に梅田スカイビルの舞台に立つことになりました。


最後は全員で円になり、一人ひとり、
これまで振り返りや今後の意気込みを語りましたっていきます。



この日のために課題に取り組んできたそれぞれの思い。
そこにファイナルへの覚悟や、一歩届かなかった悔しさが加わり、
ますます大きく、強くなっていくようでした。
皆さんのまぶしい表情や、迷いのない言葉が、そう感じさせてくれました。

参加者、審査員の皆さん、お疲れ様でした。
コメントする
コメント