CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«8/30開催!日韓社会起業家交流・シンポジウム | Main | 近畿労働金庫テーマ[edge2009課題設定部門]»
最新記事はこちらから
カテゴリ別はこちら
edgeのつながり・リンク集
大阪信用金庫テーマ[edge2009課題設定部門] [2008年09月28日(Sun)]
──────────────────────────────────────
零細企業の事業承継
[大阪信用金庫]
http://www.osaka-shinkin.co.jp/
──────────────────────────────────────
 大阪信用金庫のお客様の経営課題として「零細企業の事業承継」があります。
これは企業経営からの課題でもありますが、人口構成の変化等、社会課題の要素も
多く含んでいます。
 地域で信頼される金融機関として、この社会課題をサポートするようなプランを
募集します。
 また、「こんな会社なら、自分が引き継いでみたい」というような、若い方々
から見た魅力のある産業・事業での事業承継というプランも期待します。


※「事業承継」とは、
会社(事業)を、現在の経営者が後継者に引き継ぐことをいいます。
近年は、零細企業経営者の高齢化が進展し、事業継承が重要な課題になっています。
従来、経営者の子(息子・娘)などが事業を承継する親族内承継が一般的でしたが、
近年は、子などの親族が承継を避けるなど、その割合は減り親族外への承継の割合
が少しずつ増えてきています。


※本テーマに関する問合せは、edge宛にお願いいたします。直接企業・団体へ問合せしないようにしてください。


<詳細>
○ 当金庫の事例とみなさんに期待する事例

1.当金庫における事業承継支援事例「M&Aによる事業承継支援」 
◆相談概要
 当金庫のメイン取引先であるA社は老舗の飲食店で社員が50名おり、業況は
 好調に推移していました。ただ、オーナー社長は70歳と高齢でお店の後継ぎ
 が無大変困っていました。後継者がいないと将来廃業することになり、これ
 まで築き上げてきたお店が無くなり、従業員の職が無くなることになります。
 何か会社を存続させる方法はないでしょうか?
◆支援概要
 @N社に事業承継セミナーを案内
  ⇒M&Aによる事業承継手法を知ってもらう
 AN社からM&Aによる支援の相談を受付
  ⇒M&Aの専門会社と当金庫が共同で譲受企業を探し、同じ業界のB社を紹介
 BM&Aの成約
  ⇒A社は事業承継問題、B社は事業の多角化、拡大戦略の推進と両社のニー
  ズをマッチング
◆M&A効果
@A社⇒廃業しないで会社が存続(会社名も残る)、従業員50名は継続して雇用
AG社⇒必要であった事業部門を手に入れることで事業を拡大

2.みなさんに期待するビジネスプランイメージ(仮想事例です)

「地域企業でのインターンシップを学生自身が事業化した事例」
「学生のための即戦力塾」がはじまります。この塾は学生団体が運営するもので、
地元企業からのアルバイト募集を仲介・斡旋していたことから生まれたビジネス
です。
地元企業の協力により、一定のアルバイト経験をもつ学生を対象とする長期イン
ターンシップコースが設けられ、学生は特定の仕事を担当し一定の成果を求めら
れます。
これにより、地元企業の新規採用に貢献するだけでなく、親が経営者である学生
の事業承継を後押しする効果をねらっています。

本ページの印刷は下記ファイルをダウンロードしてください。

コメントする
コメント