CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 映画の中のディスレクシア | Main | 日本LD学会で発表 その1 »
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
また漢字が増える[2010年11月25日(Thu)]
常用漢字 http://www.kanjijiten.net/joyo/newjoyo.html
うれしいことも悲しいことも・・・
意味でとることが得意なディスレクシアにとっては朗報。
ゆううつと書かれるよりも憂鬱のほうがずっとらしい感じ(漢字)ですよね。
でも努力目標として高校で書けるようにとなると、大学の試験にはこれらの
漢字の書きの問題が出てもおかしくはないのです。

挨拶
藤堂宛
暗闇
椅子
なんていう漢字は漢字のほうがイメージが分かりやすいですね。

でも
するとか、
岩窟とか、
滑稽とか、
嫉妬とか、
遡上するとか、
読めても書きたくはありません。

ってどういう意味?どんなとき使うの?

削除された勺、錘、銑、脹、匁などはどこでどうつかったらいいのかわからないのでなくなって当たり前かな?でも勺の字が読めると酌、杓、灼なんていう字も書いたり読んだり
出来るのだろうに・・・・

なんていろいろと考えます


この記事のURL
https://blog.canpan.info/edge/archive/34
コメントする
コメント
プロフィール

NPO法人エッジさんの画像
NPO法人エッジ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/edge/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/edge/index2_0.xml