CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ecotone BLOG始動! | Main | 浜大津水辺まつり»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
コメント
ミキティ
【大募集】ガーデンパーティ2011ボランティアスタッフ (11/21) 実吉(KEC)
【御礼】住友ゴム工業さん・市民活動センター神戸さん (04/23) 大西未生
お疲れ様会&歓迎会を開催 (12/25) ジャパン・フォー・サステナビリティ
助成金交付先に選定されました!!「京都2Rシステムプロジェクト] (07/13) ecotone北川
ecotone BLOG始動! (08/11) 日本財団 田代
ecotone BLOG始動! (08/09)
カテゴリー
リンク
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー https://blog.canpan.info/ecotone/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ecotone/index2_0.xml
地球温暖化防止の連続セミナーに出演します [2007年08月22日(Wed)]
ecotone事務局の北川です。

エコトーン事務所の外は今激しい雷雨となっていますが
みなさんお元気ですか。?


クローバー 只今の事務局風景です↑

今日は、地球温暖化の防止をテーマとした連続セミナーの第1回に
代表の太田が参加する・・・というご案内です。

関心のある方は、ぜひ以下をチェックしてみてください。

-----------

環境市民からのお知らせです。
□□□――――――――――――――――――――□□□
 連続講座 CO2 マイナス60をめざして 
 〜地球温暖化を防ぐ5つの行動提案〜
□□□――――――――――――――――――――□□□

京都議定書の第一約束期間(2008〜2012年)が来年から始まります。
しかしご存知のように日本の目標(温暖化効果ガスを基準年比マイナス6%)
達成はかなり厳しい状況です。

●課題の多い政府の温暖化防止政策
今年5月、安部首相は「美しい星50」と題した演説で、2050年までに
世界のCO2排出量を半分に減らすことを世界共通の目標とするよう
提案していく旨を表明しました。
しかし、京都議定書達成は、これまでの「コマメ暮らし」の呼びかけに
とどまっています。
長期目標(CO2半減)は巨大技術頼みで、かつ日本の削減目標を
表明しないなど多くの問題を含んでいます。

●日本は2050年までに約60%減らすことが必要
地球温暖化を食い止めるには気温上昇幅を2℃未満(二酸化炭素濃度で475ppm以下)
にとどめる必要があると言われています。
そのため、2050年頃までに「世界の二酸化炭素排出量半減」は必須であり、
世界の中でも特に排出量の多い日本が率先して約60%CO2削減する必要があります。

●社会のシステムの変革を
そのためには、これまでと違う社会システムが 必要です。
この講座は、地球温暖化防止をテーマに、暮らし、経済、子育て、まちづくり(交通含む)
自然など、様々な分野で効果をあげている活動事例や海外の先進事例、第一線の
学識者の提言を紹介します。
それらによって、「次の社会の展望」を見出すとともに、市民、事業者、行政のより一層の
行動を促すことを目的に開催します。

皆さんのご参加をお待ちいたしております。

参考:環境市民提案 ここが問題!安倍首相提唱「美しい星 50」

◆こんな方におすすめ
・環境問題、特に地球温暖化に関心のある方
・これまでの環境情報に不安やもどかしさを感じている方
・環境のまちづくりに関心のある方
・自治体や企業などで環境関係の担当をされている方
・環境活動をされている、自治体とパートナーシップ事業をされているNPOの方
・環境のまちづくりなどについて学んでいる学生の方

─◆第1回◆──────────────────────
  地球温暖化を防ぐグリーンコンシューマー
       ーリサイクルよりリユースー
────────────────────────────
使い捨て容器を増えるにまかせ、あとはリサイクル! こ れでは
環境負荷は大きくなるばかり。洗って何度も使うリユース容
器を どのように増やしていくか、「ノスタルジー」ではなく、
具体的な実践 活動の報告をします。勇気と確信が得られることでしょう。

と き:9月2日(日)13:00〜16:30
ところ:キャンパスプラザ京都 第1会議室
定 員:50人
講 師:太田 航平(NPO法人地域環境研究所 ecotone代表)
    樽井 雅美(One Dish Aide)
    下村 委津子(環境市民理事 エコパーソナリティー)
    堀 孝弘(環境市民事務局長、立命館大学産業社会学部・
         経済学部非常勤講師)

走る第1回以降のセミナーの詳細と、参加のお申し込みは、こちらでご確認ください!!
NPO法人 環境市民 



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント