CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

第10回ABF(マレーシア/クチン)の報告会を開催します [2019年12月06日(Fri)]
9月27日から30日にかけて、マレーシアボルネオ島サラワク州クチンにおいて開催された第10回Asian Bird Fair(ABF)について、当協議会(ECO-Okinawa)等から参加したメンバーによる報告会を下記の要領で開催いたします。
アジア地域で毎年開催されているこのABF国際大会は、アジア地域で開催されているバードフェアーの注目を高め、鳥類とその生息環境の保全、バードウォッチングの促進及びその他のエコツーリズム活動の推進を目的として開催されるイベントです。
今大会でも沖縄県におけるエコツーリズム推進の取り組みに関連する多くの示唆を得ることが出来ました。本大会について情報共有するとともに、バードウォッチング”をエコツアーとして、また、自然環境の活かし方についても考えます。

【日時】12月20日(金)18:15〜19:30
【場所】名桜大学講義棟105教室
【参加費】無料

*事前申し込みの必要はありません。
お問い合わせ:新垣裕治(名桜大学国際学群教授)
TEL 0980-51-1081 FAX 0980-52-4640
y.arakaki@meio-u.ac.jp

詳細は添付のチラシをご覧ください。


img_ABF.png
「沖縄観光推進ロードマップ」に係るシンポジウムが開催されます [2019年12月02日(Mon)]
「沖縄観光推進ロードマップ」による観光施策の一環として、「沖縄観光の未来」について考え、持続可能な観光地づくりに繋げることを目的に下記要領により開催されるシンポジウムです。入域客数が続伸する一方、滞在日数や消費額の伸び悩み、オーバーツーリズム問題の懸念などの課題解決が急がれる折から、沖縄観光の質的転換を図る時宜にあるとの認識を背景とするシンポジウムでもあります。

【日時】令和元年12月19日(木)14:30〜16:30
【会場】琉球新報ホール
【対象者】市町村・観光協会、関係業界関係者等
【参加費】無料(要事前申込み)
【定員】400名(定員に達し次第締め切ります)
【プログラム】
1.講演:沖縄観光の現状と取組について
沖縄県文化観光スポーツ部 部長 新垣 健一
2.講演:沖縄観光の未来〜世界の持続可能な観光振興の取組を通して〜
UNWTO駐日事務所代表 本保芳明氏
3.上記演者によるトークセッションと聴講者との質疑応答

【申込方法】
 @添付の参加申込票にご記入の上、FAX・e-mail等よりお申込み
 Aホームページよりお申込み https://okirm.jp

詳しくは、添付のチラシ・申し込み様式をご覧ください。


沖縄観光推進ロードマップシンポ
沖縄観光推進ロードマップシンポ
【開催概要及び参加申込票】



沖縄観光推進ロードマップシンポ
名桜大学主催のやんばるバード・フェアー(YBF)が開催されます [2019年09月23日(Mon)]
沖縄島北部の“やんばる”地域は、国立公園で世界自然遺産候補地でもある、日本を代表する自然豊かな場所であり、この地域を次世代へ受け継ぎ持続可能なサイトとして活用して行くことは重要な課題です。
この度、“やんばる”の自然資源を活用するバードウォッチングを県内外に発信し、自然環境の保全と沖縄観光の推進の一助とするため、国内外から関係団体等を招いて下記のバード・フェアーが開催されます。

詳しくは、添付のチラシをご覧ください。

日時:2019年10月26日(土)・27日(日)
会場:ゆいゆい国頭(国頭村道の駅)
催しの概要:・ブースでの各団体の活動紹介と物品販売等
      ・公開シンポジウム
主催:名桜大学
参加費:無料


やんばるバード・フェアー(YBF)
修学旅行とSDGsに関する勉強会が開催されます [2019年09月07日(Sat)]
近頃、沖縄でもSDGsに関する情報を耳目にする機会が増えてきました。
修学旅行向けアクティビテイ提供事業者が主たる会員の一般社団法人沖縄体験観光協会では、現下の国際的な取り組み、SDGsへの対応を考慮した勉強会を下記要領にて開催されます。
教育旅行に関係する行政やホテルなどにも参加いただけるプログラムが用意されています。
詳しくは、添付のチラシをご覧ください。


開催要領:
開催日時:2019年9月25日(水)12:00〜15:00(11:30開場)
会場:沖縄体験ニライカナイ山田体験広場
   恩納村山田3111 マリブビーチ向い
加費:会員 500円、一般 1,000円
定員:50名
申込締切日:2019年9月15日(日)
申込方法:添付のチラシに掲載


修学旅行とSDGsに関する勉強会
令和元年度のECO-Okinawa募金助成金交付先が決まりました [2019年07月25日(Thu)]
今年度のECO-Okinawa募金助成金交付事業は選考委員会での審査を経て、下記の活動が採択されました。

・事業者:わくわくサンゴ石垣島(代表 大堀則子氏)
・助成金:140千円
・事業名:八島小学校 サンゴガーディアンズスクール
・事業概要:石垣市立八島小学校5年生50名を対象にサンゴ学習プログラムを提供する。サンゴやサンゴ礁生態系についての基礎知識を学ぶ事前学習、室内水槽によるサンゴ礁域の生物多様性の観察、野外でのコーラルウォッチやビーチクリーンなどを通して海の環境保全への意識を高める。
今年度のECO-Okinawa募金助成事業の募集を始めました [2019年06月04日(Tue)]
ECO-Okinawaでは、地域において環境保全型体験観光(エコツーリズム)や環境教育に取り組んでみえる事業者や団体を対象に、企業などから寄せられる寄付金をもとにECO-Okinawa募金を設け、助成金を交付しています。
今年度も添付の募集要項により助成事業の募集を始めました。添付の申請用紙に所定事項を記入し提出ください。ECO-Okinawa会員以外でも応募することができます。
募集期限(2019年6月28日)にご注意ください。

なお、ECO-Okinawa募金の詳細についてはECO-Okinawaの次のウェブサイトをご覧ください。
www.ecotourism-okinawa.jp/bokin/

令和元年度募集要項(PDF)
活動助成申請書(様式)(Microsoft Word)
活動助成申請書(様式)(PDF)
令和元年度総会が開催されました [2019年05月27日(Mon)]
今年度のECO-Okinawa総会が5月17日、沖縄市立コザ運動公園陸上競技場内会議室において32会員の参加を得て開催され、平成30年度の活動報告及び活動決算、定款の一部改正、役員(監査)の選任について事務局案が審議され承認されました。また、本総会では令和元年度の事業計画及び活動予算について事務局案に基づき意見交換が行われたほか、持続可能な観光を推進する上での現状問題や課題、認証制度や体制整備の必要性などについて活発な議論が行われました。
平成30年度事業報告書及び令和元年度事業計画を添付しました。

image001.jpg
総会では活発な意見交換が行われました。


平成30年度事業報告書(PDF)
令和元年度事業計画(PDF)
「こども環境白書2019」が発行されました [2019年02月27日(Wed)]
環境省が3年ぶりに環境教育用の冊子、「こども環境白書2019」を発行しました。

いま世界で起きている環境問題をわかりやすく解説して、環境問題に気づき、自分たちで調べ、考え、できることを実行に移す取り組みのきっかけとなることを目指して作成された冊子です。

すべての国がともに取り組むべき目標「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」や、地球温暖化に関する国際的な約束事「パリ協定」のほか、近年多発する気象災害や気温上昇など日本で起こっている問題についても解説されています。

地域で環境問題に関する子供向けの活動に携わる方にとって、テキストとして使えそうです。次のURLからダウンロードできます。
www.env.go.jp/policy/hakusyo/kodomo/h30/files/full.pdf
サステイナブルツーリズムについて考えるフォーラムが開催されます [2019年02月08日(Fri)]
前年度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で開催した「持続可能な観光、サステイナブルツーリズムの主流化に向けて」と題したシンポジウムに次いで、持続可能な観光(サステイナブルツーリズム)を推進する気運の醸成に向けたフォーラムが、当NPO法人の共催で開催されます。
開催要領の概要は下記のとおりです。
年度末を控えご多忙な日々をお過ごしのことと存じますが、どうぞご参加ください。

・開催日時:2019年3月1日(金) 13:30−17:00 (13:00開場)
・会場:琉球大学文系講義棟215教室
・会場住所:沖縄県中頭郡西原町千原1番地 *駐車場有
・参加費:無料
・申込要領:事前申し込み制(添付ファイルに添えた様式を使用)
・対象者:体験観光事業者、宿泊事業者、旅行社、観光協会、DMO、関係行政機関
・主催:沖縄県文化観光スポーツ部観光整備課
・共催:NPO法人沖縄エコツーリズム推進協議会
・後援:琉球大学地域連携推進機構(予定)

詳細は、添付の開催概要チラシを参照ください。


サステイナブルツーリズム推進フォーラムサステイナブルツーリズム推進フォーラム


サステイナブルツーリズム推進フォーラム
JAL主催で世界自然遺産絡みの講演会が開催されます [2019年02月04日(Mon)]
奄美・琉球の世界自然遺産登録に向け、当該資産の普遍的価値を将来にわたり守られるようにと、地域と一体となって継続的に取り組んでみえるJALグループによるみだしの講演会が下記のとおり開催されます。

講演会タイトル:特別企画「航空業界から見た持続可能な地球環境保全と環境教育」
開催日時:2019年2月21日 14:00 〜 15:00(開場:13:45)
会場:ザ・ナハテラス アダンの間
会費等:入場無料、事前申し込み(添付チラシ裏の様式使用)

詳しくは添付のチラシをご覧ください。

航空業界から見た持続可能な地球環境の保全と環境教育
プロフィール

特定非営利活動法人 沖縄エコツーリズム推進協議会さんの画像
https://blog.canpan.info/eco-okinawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/eco-okinawa/index2_0.xml