CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

奄美・琉球の世界自然遺産登録推薦書がユネスコに再提出されました [2019年02月04日(Mon)]
「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録に向けた推薦書が、2月1日(金)(現地時間)に世界遺産条約の事務局であるユネスコ世界遺産センターへ提出されました。
昨年5月のIUCNによる登録延期勧告を受けた推薦書の取り下げを経て、延期勧告の理由として指摘された点などについて改善措置を構じ、再度の推薦書提出に至ったものです。
次の環境省報道発表資料WEBサイトで、提出された推進書及び付属書の日本語仮訳がダウンロードできます。
www.env.go.jp/press/106449.html

なお、上記のWEBサイトの掲載情報によれば、世界遺産委員会での登録審査に至るまでの今後のスケジュールは以下のとおりだそうです(引用)。
・ 2019年夏〜秋頃    IUCN(国際自然保護連合)
(※)による現地調査
・ 2020年5月頃       IUCNによる評価結果の勧告
・ 同年夏頃               第44回世界遺産委員会において審議
※ IUCN(国際自然保護連合):ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 沖縄エコツーリズム推進協議会さんの画像
https://blog.canpan.info/eco-okinawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/eco-okinawa/index2_0.xml