CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年04月 | Main | 2019年06月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
キアゲハのその後 [2019年05月31日(Fri)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_1895.JPG

果樹の害虫認定されてしまったナミアゲハの幼虫たち。
結局全部捕まえて、飼育することに。
ちぃちぃが学校に持って行き、毎朝レモンの葉を与えています。
「ねえ、アゲハってさなぎの中で心臓以外はドロドロに溶けちゃうんだって、すごいよね」
?全部溶けちゃうんじゃないの?
そう思って調べてみると、Youtubeに動画を見つけました。
確かに消化器官などはそのまま残っているようです。
さなぎの中で何が起こっているのかを知ると、ますます興味深くなってきます。
本当のお目当ては、ナミアゲハではなくキアゲハで、フェンネルやニンジンを植えているのですが、いまのところ、こちらはみつかっていません。

ハクセキレイのヒナ救出の一部始終 [2019年05月29日(Wed)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

ハクセキレイのヒナ救出一部始終の動画はこちからから。

2019029sekirei.JPG
芝生を元気にかけているのはハクセキレイ。
今日は一段と声を上げて駆け回っています。
?、それにしてもよく鳴くなあ。2羽のはずなのに数も多い。
耳を澄ませてみると、地面の中から声が聞こえてきます。

190528_163759.jpg
こりゃ大変だ!!コンクリートブロックの穴の中に、ヒナが2羽落ちていました。
東京都の鳥獣保護対策では、基本的にヒナを拾うことや飼うことを禁止していますが、この場合は明らかに助けないと死んでしまうので、助けることにしました。
とはいえ、大人の手ではヒナをすくい上げることができません。
ちぃちぃにお願いして、ヒナをすくい上げてもらいました。

WS000002.JPG
とっても小さなヒナが2羽、ピィピィと鳴いてます。
かわいぃ。
でも自然の生き物に不要な干渉は禁物です。
その場で離してやると、しばらくして親のセキレイが子どもを草むらに連れて行きました。
大きくなったら遊びに来てね。
ジューンベリー泥棒 [2019年05月27日(Mon)]
DSC_4676.JPG
「コラー、誰だー!!」
昨日まであんなに輝いていたジューンベリーが、なくなってる。

DSC_4642.JPG
昨日まで、こんなにたわわに実っていたのに。
犯人は、ムクドリです。足の黄色いのが、昨日いくら追っ払っても逃げませんでした。
なんちゅー、フレンドリーなヤツ!!

DSC_4680.JPG
「ほんっとに、ふざけてるよね。見て。種だけ葉っぱの上に残してある」
とご立腹のモカママ。
(・・・、それは私が昨日食べた後ぷっとしたのだけれども)

DSC_4641.JPG
令和元年のトリと人間のジューンベリーを巡る戦いは惨敗に終わりました。
畑を通じたコミュニティに暮らす [2019年05月24日(Fri)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_1879.JPG

現地見学をご希望の方に最初にこのアパートの特徴としてお話しさせていただいているのが、畑とコミュニティについてです。
「目の前の畑を日々管理するのはそれなりの手間と時間がかかります。雑草はもれなく生えますし、くつは土で汚れますし、道具も必要です」
「各世帯の顔と名前がわかり、お茶を飲んだり、談笑したりといった、緩やかなコミュニティづくりを目指している場所ですので、周りの人との関わりがわずらわしいと感じる方には不向きかもしれません」

この説明がネガティブに聞こえてしまうか、まったく問題なく聞こえてしまうかが、大切な分かれ道になります。
エコアパUは、日々の暮らしを通じて持続可能な社会の実現に向けた学びの場としてデザインされています。
まいた種が芽吹く喜び。それを収穫し、味わったときの感動。
新芽が虫に食われていることに気づく驚き、生命の強さと多様性への気づき。
ご近所との交流を通じて身につける寛容性。
自分らしく暮らしていくことへの肯定感。

そういったことが日々経験できる場を求めるのかどうか、駅からの距離、間取り、設備だけでない暮らしへのこだわりや考え方に大きく左右されるでしょう。
エコアパTに暮らしたみなさんは、大なり小なり人生を大きく変えてしまうような経験をしています。その多くが、その後東京を離れ、新しい暮らしにチャレンジしています。小さい子はもれなく、裸足もしくははだか・すり傷が絶えず・はなたれの「昭和っぽい子」になります。
おそらくエコアパUもそうなるでしょう。
「こんなはずじゃぁなかった」
と住んでから感じるのはとても不幸なことなので、とってもヘンテコな物件であることは繰り返しお話ししています。
生物多様性の日と害虫 [2019年05月23日(Thu)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_4620.JPG
5月22日は国際生物多様性の日。
この地球上に存在する様々な生命が競い合いつつ、様々な状況に生き残るため支え合うことの大切さを考える日です。
私たちが住む都市は、人間の利便性や経済効率性を優先した結果、生物多様性が著しく損なわれていて、便利ではあるけれど、温暖化や自然災害に脆弱な環境をつくっています。
便利性や効率性と、多様性の両立は、今後の大きな課題です。

ということで、東側に植えた小さなユズの苗が、何者かに食べられています。

DSC_4621.JPG
犯人は、アゲハの幼虫。数えると10匹います。
苗がある程度大きければ放置しても良いのですが、この小さな苗にさすがにこの数はキャパオーバーです。
はたしてこのアゲハはユズを枯らす害虫なのか、多様性を担う一種なのか?
答えは出ませんでしたが、今日は多様性の日なのでスルーしました。
[2019年05月21日(Tue)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_1888.JPG
日本列島を雨雲が通過しました。
場所によっては土砂災害の危険などもあるようです。
東京では70ミリ以上の雨は11ヶ月ぶりとのこと。
土の様子を見てみると、長い間雨がなかったので、スポンジのように雨水を吸収し、水たまりの部分はすぐになくなります。雨が連日続くと、こうはいきません。都市の構造は、アスファルトで地面を覆い、水を素早く下水に流す仕組みですが、容量を超えると、マンホールから水が噴き出すなどして、機能しなくなります。改めて、土の保水機能に注目することは、日本の気候条件としては大切なのかもしれません。

DSC_1889.JPG
芝生を踏んでみると、水を含んだスポンジのように、じわっと水があふれてきます。スプリンクラーの散水ではとてもこうはいきません。芝生からはランナーがではじめましたので、これから少しずつ土の間が見えなくなるでしょう。
4つの雨タンクも満タンになりました。
雨はときに災害をもたらすとともに、恵みをもたらしてくれます。
5月の花_その2 [2019年05月21日(Tue)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_4567.JPG
5月の花の第2弾です。
ジャガイモの花が咲きました。
順調に育っていますが、肥料が多いと、葉ばかり育って、実がつかないこともあります。

DSC_4563.JPG
「下はどうなっているのだろう?」
掘ってみると、小さなジャガイモがついていました。緑色にならないように土をかぶせます。

DSC_4576.JPG
ナスも1番花がつきました。

DSC_4577.JPG
こちらはミニトマト。
いずれも来月からが本番です。

DSC_4569.JPG
建物の西側に延びるつる性の植物。
キウイの葉ではないようですが・・・。

DSC_4566.JPG
こちらは巨峰です。
キウイ棚を拡張して、巨峰を育てています。
水やり [2019年05月17日(Fri)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_4538.JPG
おかしい。
全国的には大きな雨雲が通過したはずなのに、東京東部はほとんど雨が降りませんでした。
各世帯の設置した雨タンクも空になりました。真夏に1度空になるかならないか、程度のはずでしたが、今年は苗木を植えたばかりと言うこともあって、雨水だけでまかなうことができなくなりました。
芽を出したばかりの花たちもぐったり。

DSC_4367.JPG
せっかく芽を出したにんじんも、もうやってらんねーとばかりに、すねています。

DSC_4534.JPG
ケルヒャーの散水機、通称ジュディオングに活躍したもらいつつも、端っこは念入りに水やりをします。この時期、こんなはずじゃなかったのですが、天気は難しいですね。

DSC_4543.JPG
水を飲みにアゲハチョウがやってきました。


DSC_4537 (1).JPG
せめて写真では、爽やかに水まきする様子を撮ってみました。
グリーンカーテンフックの設置 [2019年05月16日(Thu)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_3037.JPG
1階の軒先に、グリーンカーテンを設置するためのフックを取り付けてもらいました。
久しぶりに登場、職人・ヤマトくんとカナザワさん。
「おお、久しぶりに来ると、だいぶ色々と植わってますねえ」
とびっくり。
畑の野菜が育つ前に、フックを取り付けます。

DSC_3042.JPG
完成したので、さっそくホームセンターで買ってきたネットを張ってみました。
こうすることで、狭い畑でもつる性の植物を育てることができます。

DSC_3045.JPG
ちょうど、キュウリの種が芽を出しましたので、本葉が出たころに、各世帯にお配りしようと思います。ただ、キュウリは8月ころになると枯れてしまうことが多いので、グリーンカーテンとして使うのであれば、ゴーヤやフウセンカズラ、ホップなどのつる性の植物を組み合わせる必要があります。
それぞれの世帯で、どんなカーテンができるか楽しみですね。
ホワイトボードを設置しました [2019年05月15日(Wed)]
東京都内で畑つきの賃貸アパートをお探しの方へ、ただいま入居者募集中!ご希望の方はこちら

DSC_3039.JPG
共有スペースにホワイトボードを設置しました。
なんだか、会議室っぽくなってしまった感じもしますが・・・

DSC_4547.JPG
さっそく、5月の畑作り情報を書き込みました。

DSC_3044.JPG
実は、重要なコミュニケーションツールなんです。
住人のみなさんの動線となっているこの場所に、野菜作りの話や、周辺のイベント情報を掲載することで、昼間通勤でいない方にも
「ああ、こんなことやってるんだ」
とお知らせすることができます。

DSC_3043.JPG
SNSでのやりとりに加え、こういったアナログな情報交換を交えることで、コミュニケーションが豊かになっていきます。
| 次へ