CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
職人・イワさんの仕事 [2019年01月28日(Mon)]
職人・イワさんの仕事をちょっと覗いてみました。
DSC_2456.JPG
木くずをコマメにお掃除。現場はいつもキレイに、がモットーです。

DSC_2457.JPG
今回の作業は、1階キッチンのスリット部分の床張り。

DSC_2458.JPG
DSC_2459.JPG

接着剤を塗って

DSC_2461.JPG

事前に下側を斜めに加工した材をはめ込みます。

DSC_2462.JPG
釘で固定して、1枚完了。

DSC_2465.JPG
完成すると、このように2階から取り込んだ暖かい空気が、床下を流れてこのスリット部分から上がってきます。
つくる通信2019年1月号に掲載 [2019年01月27日(Sun)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

DSC_2453.JPG

株式会社マイファームが発行しているつくる通信1月号に、エコアパUの記事を掲載していただきました。取材していただいた小野さん、ありがとうございます。
今週2/2(土)は現地見学会です。
興味のある方は是非お越しください。
台所に立つ人のために [2019年01月18日(Fri)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

DSC_2382.JPG

床材が搬入されてきました。
「思ったより、反りが少ない」
とキクチ監督も納得の品質。
すでに別の作業場で表面塗装をしているとのことで、傷つかないように表面同士を重ねています。

賃貸住宅で無垢材をつかっているところは、ほとんどないのではないかと思います。
自然素材は湿度や時間の経過によってやせるし、やせれば床鳴りがしてクレームになるので、提供者としては避けたいという人が多いのだそうです。
前回のエコアパでは最大の懸念材料でしたが、結果としては住まい手に一番喜ばれたところでしたので、今回は自信を持って選んでいます。
杉には、白太(しらた)と赤身(あかみ)があり、時間がたつと色合いが変わってきます。職人さんたちがどのように床を並べていくかも楽しみです。
やわらかく空気層が多い杉は、夏はひんやりと、冬は暖かさを感じることができます。
特にこの床は、台所に立つ人のために、という狙いがあります。
床から突き上げる冷たさがないゆったりとしたキッチンで、窓越しの畑を見ながら、
食事の彩りを考える、そんなシーンを思い描いています。
天井を工夫して広々空間を [2019年01月15日(Tue)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

0012.jpg

エコアパUの断面図を見ると、天井が凸凹です。
キッチンダイニングと2つの部屋は、丸で記したように斜めの天井になっています。
現時点では、床が貼られていないのでイメージがしにくいのですが、室内に入った時に広い印象を受けます。特に北の部屋は高さが3mくらいあるでしょうか?
施工はもちろん大変なので、キクチ監督には申し訳ありませんが、どんな感じになるか楽しみです。
陽だまりを抱きしめる家 [2019年01月11日(Fri)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

WS000004.JPG

エコアパUの玄関口の軒下は、冬の陽だまりを抱きしめています。

痛いほど北風が吹いていても、足を一歩踏み入れると、囲まれたこの空間だけはぴたりと風がとまり、別世界のような暖かさです。
キッチンから畑につながるこの軒下は、この建物にとって、湯たんぽのような役割を果たしてくれるでしょう。
ここには、夏場にはハンモックを吊せるフックを設置する予定ですが、ベンチを置いてもよさそうですね。
自然エネルギーを最大限に活かして住みやすい環境を作る発想をパッシブソーラーといいますが、この陽だまり空間が室内を寒さから遠ざけると同時に、日当たりによって暖まった室内温度をファンによって一定にします。

暖かい室内環境を、電気をできるだけ使わずにつくろうという工夫は、いい感じで実現しそうです。
エコアパUとSDGs [2019年01月09日(Wed)]
DSC_2248.JPG
エコアパTシャツの表面にプリントされたマーク。
これは、SDGsという国連が定めめた世界共通の目標のロゴです。

SDGsは、2015年に策定され、いまでは古くなりましたがピコ太郎さんがYou Tubeで動画を公開しています。
動画を見ても内容についてはほとんどわかりませんので、興味のある方はこちらをご覧ください。
地球の有限性を考えるという点ではたとえば映画『インターステラー』などは興味深いかもしれませんが、SDGsは限られた資源を未来に残せるよう、世界各国が目標を決めたものです。
17あるゴールのうち、エコアパUではゴール12『つくる責任つかう責任』を1番の目標に掲げました。建物を作る過程や、建物を利用する人が、環境に配慮し、地域に喜ばれる「良質なストック」であることもっとも大切であると考えたからです。

さらに具体的なターゲットとして12.8「2030年までに、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする」をこのTシャツで宣言しています。
WS000003.JPG

エコアパUを作るプロセスにおいては、ごみの削減や有害物質を出す資材を極力使わないような配慮、職人さんたちの労働環境の向上や職人さん自身の環境配慮に対する意識向上につとめています。
そしてもちろん、できた建物は、パッシブソーラーの概念を活用した省エネルギー住宅でありつつ、敷地内にたくさんの果樹を植えることによる気温上昇の抑制や、持続可能な社会をつくっていくための学習機会の充実を狙っています。
さらに、近年顕著化しつつある自然災害に対応するための情報共有や準備を充実するなど、数十年という期間を通じて、SDGsの理念を実践する場にしたいと考えています。

エコアパが作り手にとっても誇りあるのであり、住まい手にとっても幸せを実現できる場であり、地域にとって末永く良質なストックであるよう、心がけていきたいと思います。
畑がある生活が住まい手を変える7つの理由 [2019年01月08日(Tue)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

DSCF2587.JPG
玄関を開けると畑がある。
たったこれだけの違いが、都会での暮らしを大きく変化させる7つの理由をご紹介します。

1,天気や季節への感度が高まる
年末年始、東京では雨が降っていません。空気が乾燥するので肌が荒れたり、風邪が流行ったりしますが、植物を植えているとしおれ具合などでそのことを知ることができます。また、寒いとは言え、日照時間が長くなったことも、植物たちは敏感に感じていますし、霜が降りて、土が靴底につくことでも夜の寒さを感じることができます。そういった小さな変化が都会ではわかりにくいのですが、畑があることで、気づく機会が多くなります。
2,日頃食べている野菜に敏感になる
野菜を育てると、それを狙う昆虫や鳥などの多さに驚かされます。虫食いのない野菜を育てることがどういうことなのか、身をもって知ることができるし、新鮮なキュウリを採るととげで手が痛いことなども、知ることができます。野菜が持つ本来の味を体験することができます。
3,時間を積み重ねる楽しみを体験できる
去年は水が不足して、キュウリの先端が細くなった。おととしは土にたい肥を入れたのでよく育ったが去年は忘れた。土を育てることで野菜の出来がよくなったり、土の感触が変わってきます。土の変化同様に、作り手としての経験が積み上がっていく楽しみを体験できます。
4,家でくつろぐ時間が増える
まいた種が芽を出したことに気づいた朝、草むしりをして一息する夕暮れ、日々のちょっとした時間が素敵になります。畑の眺めながらハンモックでゆっくり読書する休日などは、最高の時間になるでしょう。
5,料理に挑戦してみたくなる
ブラックベリーは一時に食べられないくらいなります。キウイもそう。採れたてのタケノコをもらっても、そのままでは食べられません。ジャムを作ったり、果実酒を作ったり、料理をしたりと、色々と挑戦したくなってきます。
6,畑をきっかけに隣人との交流が始まる
トマトが上手にできたら、誰かに褒めてほしくなります。よい農機具はないか、害虫の駆除方法など、同じように畑をやっている隣人と話しているうちに、仲良くなっていきます。つくる・食べる・語らうといった交流が楽しめます。ピザ釜ができれば、ピザランチは恒例行事になるでしょう。
7,新しい自分に出会える
1〜6を経験する中で、色々な体験をしたり、友人ができたり、思考する機会があります。そういったプロセスを通じて、新しい自分に出会っていることに気づきます。感謝の気持ちや心安らかな自分自身に出会うことで、新しい世界へのチャレンジ精神が芽生えてきます。

畑をきっかけに、住まい手の人生は大きく変わります。
そういった変化を楽しんでほしい物件です。
今日は七草がゆですが・・・ [2019年01月07日(Mon)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

DSC_2322.JPG
最後の平成の年、新しい元号の年がスタートしました。
休みの期間、何人かの方が現場に遊びに来てくださいました。

エコアパートは、今日から職人さんたちのお仕事が始まりました。
職人さんの風習として、1月7日まではお休みし、七草がゆを食べたあと、1月8日からが仕事始めという習わしがあったのですが、最近はそうも言っていられないようですね。
近くの現場では、先週の5日から仕事が始まっていました。
「休みすぎて、太っちゃいました」
と職人さん。
さっそく今日は、屋根梁などが始まっていました。
DSC_2324.JPG
写真は、建物で唯一の天窓。
光が入り込むのはかっこいいのですが、もっとも隙間から雨漏りしやすいのもここです。
慎重に検討していました。

春の完成に向けて、エコアパUの様子をお知らせいたします。本年もよろしくお願いします。