CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年11月 | Main | 2019年01月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
床は杉の無垢材 [2018年12月26日(Wed)]
現地見学会をご案内しています!希望の方はこちら

DSC_2279.JPG
「やっといいの見つかったよ」
とキクチ監督がもってきた1枚の板。
今回床に使用する杉の無垢材です。すべすべー!
価格や品質などの制約のなかで、色々と検討したのですが、木材屋さんが茨城県で扱っている木材を探してきてくれました。

DSC_2281.JPG
厚みは3センチ。板の後ろ側には3本の切れ目が入っていますが、これは板が反らないようにするためのものです。これだけ厚みがあれば断熱効果もばっちりです。
杉板は、柔らかく空気の入る隙間が多い材質です。ということは、傷もつきやすいのですが、冬に素足で歩いても冷たさがありません。
住まい手の方に大切にしてもらうことで、時間がたつごとに飴色の美しい色に変わっていきます。

DSC_2285.JPG
3時のおやつの時間に、施工の際のポイントについて議論。
隙間ができることを前提にどれくらいの強さで間隔を詰めていけばいいのか、板がやせたときにビスが見えないようなサイズの検討など、職人さんたちの綿密に打ち合わせています。
自然素材を使うと言うことは、ベニヤを貼り合わせたフローリングなどとは、根本的に異なります。杉板は時間がたてばやせてきます(収縮)し、反ったりして、それが床鳴りの原因にもなります。多くの建築メーカーや施工業者が無垢材を使うのを嫌がるのは、そういった自然素材の性質がクレームにつながるからです。
素材の特徴を個性と捉えるのか、個性を認めず、床鳴りややせることのない素材を求めるのか、によって、こういった素材を使うべきかどうかを決めていく必要があります。

エコアパUでは、なんの躊躇もなく杉の無垢材を選択していますが、賃貸住宅ではほとんど見ることのない選択だと思います。
仕上がりが楽しみです。
空気循環システム [2018年12月26日(Wed)]
WS000003.JPG
夏は涼しく、冬は暖かく、を実現することは、エコアパUでも重要な課題です。
建物は動かないのですが、太陽の位置は移動するので、それを実現するのはなかなか難しいことです。南側に大きな開口部をつければ、夏は暑くなります。
そういった自然環境を活かした設計として、2階にはオーニング(日よけ)が設置できるような工夫や南と北に風が通る窓をつけるなど、複数の工夫を凝らしています。
また今回のエコアパUでは、空気循環システムの導入を検討しています。
2階の天井付近に吸込み口を設け、ダクトで基礎までファンで吸い込むというものです。
暖かい空気は上に登りますので、その空気を強制的に下に送り込み、大きな基礎部分に蓄熱することで、部屋全体の気温を一定にすることが狙いです。
基礎のコンクリートは輻射熱によってゆっくりと熱を放出する性質があるので、冬の暖房補助に役立つでしょうし、乾燥を防ぐ効果もあると思います。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います [2018年12月26日(Wed)]
DSC_2235.JPG

2019年2月2日(土)にエコアパU見学会を開催いたします。
畑作りに興味のある人、職人さんと話をしてみたい方、歓迎です。
建築中の現場をご覧いただけますので、ぜひご参加ください。

○日時:2019年2月2日(土)14:00〜16:00
○場所:足立区六町
○参加費:無料
○集合:つくばエクスプレス六町駅ロータリー広場前(出口1)
○申込み:メール(ecoapart@gmail.com)かフェイスブックから
○内容:エコアパートUの外観並びに作業中の内装を見学し、質疑応答

南側の開口部 [2018年12月21日(Fri)]
現地見学をご案内しています!希望の方はこちら

1545102192429.jpg
(写真は、2階の開口部)
太陽の光を取り込んで、なるべく暖かい住環境を実現したい。
エコアパUでも、自然の力を最大限に活用した家の作りを大切にしています。
1階、2階の南側に大きな窓をつけると、冬の時期の暖かい光を取り込んでくれます。
冬は暖かい一方で、夏は光をさえぎりたい、という矛盾した要望が出てきます。
1階は張り出した軒先が、上からの光を遮りますが、2階は時間によって光が直接入り込みます。
そこで2階の窓は、太陽熱を遮るペアガラスを採用すると同時に、外側に日よけのためのオーニングが設置できるようフックを設置する予定です。

太陽と対話を楽しめる建物ができそうです。

1545102201426.jpg
(1階のキッチンダイニング予定地)
Tシャツに思いを込めて [2018年12月16日(Sun)]
DSC_2250.JPG
エコアパTシャツができました。
前回のものに引き続いての作成です。
今回丸の中のデザインをしたのは、ちぃちぃ(9才)。
畑楽人の「樂」を象形文字化して、デザインしたものです。
それをデザイナー・ヨシカ氏がまとめてくれました。

DSC_2251.JPG
前面には、SDGsのロゴが。SDGsとは、2016年に国連が世界の国と地域で合意した、持続可能な社会を実現するためのゴールで、全部で17のゴールがあります。そのうちのゴール12「持続可能な生産と消費」のロゴが書かれています。
エコアパは、設計プロセスや住まうことを通じて、持続可能な社会に向けた学びの場であることをデザインしたものです。

エコアパUの現場では、職人さんたちがこのTシャツを着ながら、環境や地域への配慮をしていきます。
お知らせ_エコアパU入居希望者向け_現地見学募集 [2018年12月14日(Fri)]
WS000001.JPG
エコアパート入居希望者むけ現地見学(入居は3月下旬予定)を開催しています!
野菜作りを始めたい方、子供と土いじりをしたい方、週末パーティを楽しみたい方、ご近所とわいわいしたい方、将来は田舎暮らしを、と思案中の方に建築中の現場をご案内いたします。
引っ越しは人生の大きなイベントです。
自らの夢や楽しい時間を育むための環境かどうか、まずは建築中の現地をご覧いただき、職人さんや管理人に色々とお聞きください。ご連絡お待ちしております。

■応募方法:メールまたはフェイスブックのメッセンジャーでお問い合わせください。
(ecoapart@gmail.com)

■エコアパ概要
木造2階建て(メゾネットタイプ・57.7u)
2LDK、専用物置(2.5u)・菜園約10uつき
洗面、バス・トイレ別、エアコン設備(1台)あり、
■最寄駅 つくばエクスプレス 六町駅 徒歩7分
       JR 北綾瀬駅 徒歩17分
■家賃
家賃11万8千円(+管理費5千円)敷金・礼金各2か月分

DSC_2130.jpg

■イチオシポイント!
国産無垢材使用(キッチン・2階ほか)
室内空気循環システム完備
業務用キッチンから菜園が見える!
雨水タンク完備
コミュニティガーデン利用可能(別料金)
駐車場利用可能(別料金)
北面グリーンカーテン
共有テラス・ピザ釜・芝生・共有果樹アリ
収納たっぷり(専用物置、階段下収納)

DSC_2129.jpg
上棟式 [2018年12月12日(Wed)]
DSCF0849.JPG

寒い12月初旬、上棟式を行いました。

DSC_2235.JPG

朝からクレーンで木材をくみ上げていく作業です。

DSCF0850.JPG

建物の4隅に御神酒・米・塩をまいて、工事の無事と繁栄を祈ります。

DSC_2256.JPG

職人さんたちにおつまみと飲み物を振る舞います。
この日は寒かったので、けんちん汁が人気でした。

設計士さん、職人さん、施主が一体となって、住人のみなさんが幸せな日々が過ごせるような建物が出来るよう、エコアパUプロジェクトを進めていこう、と確認し合った大切な日となりました。
生き残れ!キウイ棚 [2018年12月04日(Tue)]
DSC_2214.JPG
エコアパTの住人のみなさんが毎年楽しみにしていたキウイ。
区画整理にかからない場所にあったのですが、エコアパUのギリギリになってしまいました。
ギリギリと言うよりは、枝が完全にかかっています。
単管パイプでつくった棚は組み直すとしても、とりあえず足場が組めるようにする必要があります。
ということで、枝をグイッと西側に動かしました。
つる性の植物なので、大きな枝は動かせなくとも、細い枝は動かせます。
ということで、なんとか50センチほど動かし、ロープで固定しました。

DSC_2225.JPG

ということで、足場が完成。
ちゃっかり転倒防止にキウイ棚と足場が連結されていました。
これでなんとか作業に支障がでなさそうです。
このあと、50センチほど土を削って通路を確保する作業がありますが、なんとかキウイの根に傷をつけず、来年も果実が収穫できるようにしたいものです。
雨水浸透ます [2018年12月02日(Sun)]
DSC_2182.jpg

雨水を地面にしみこませるための雨水浸透ますの工事。
最近増えてきたゲリラ豪雨。
アスファルトに覆われている都市部では、降った雨が下水に一気に流れ込むと、河川の氾濫などにつながりかねません。
そこで、雨水をいったん溜めて地中にしみこませ、それでもあふれる水を下水に流すのが雨水浸透ますです。
結構な深さまで穴を掘り、ポリプロピレン製の容器の周りを砂利で埋めていきます。
とても素人に出来る工事ではありません。
エコアパUでは、屋根に降った雨は、一度雨タンクにたまり、そこからオーバーフローした水が、雨水浸透ます→下水へと流れるようになっています。
雨タンク自体の容量は400L程度ですが、タンクがあるのとないのとでは、1年間の水道料が大きく変わります。
ちょっとした施工時の工夫ですが、長い時間をかけて自然の恵みを賢い使うことができます。
北綾瀬駅が始発駅に! [2018年12月01日(Sat)]
DSC_2193.jpg
エコアパUの最寄り駅は、つくばエクスプレス六町駅のほかに、JR北綾瀬駅があります。
この北綾瀬駅、じつのところ何十年もの間、いけていない駅でした。
綾瀬駅から0番線として乗り換えて、3両編成のワンマン車両ということで、とにかく不便。
もともとは千代田線の車両基地としてつくられたものだったのですが、来春大きく変わります。
なんと、千代田線の始発駅になるのです!
北綾瀬に行けば、大手町・霞ヶ関・表参道と言った都心部まで、らくらく座って通勤できます。
エコアパUから北綾瀬駅まで、グーグルでは17分、実際に歩いてみると12分ほどだったので、最寄り駅に出来なくもありません。
ここ最近は、不動産情報にも「北綾瀬駅から徒歩○分」という表示がやたら増えました。
北綾瀬駅の隣は菖蒲沼公園があり、環七沿いには家電量販店、スーパー、自転車屋、古本屋などもあり、なかなか便利です。
エコアパUが完成する時期と一緒でうれしいニュースです。