CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
ちょっとさみしいキウイ狩り [2018年11月30日(Fri)]
DSC_2149 (2).jpg
恒例のキウイ狩りは、ちょっとさみしいものでした。
理由はふたつ。
ひとつは、台風の影響でいつもより実が小さく、数も半分くらいでした。
もうひとつは、エコアパ住人のみなさんがいないこと。
過去はこんな感じでしたが、今年はこじんまりとした作業でした。
とはいえ、トレー10個分。

16年目のキウイは、エコアパUのすぐ横の位置にあるので、今後剪定をしてから、枝を動かしつつ棚を作り替える作業をします。
この棚だけはなんとか残したいのですが、土を削って通路を確保しなければならないので、残せるかどうかは五分五分です。

来年も収穫が出来ますように。

DSC_2151.jpg
いろはにほへと [2018年11月28日(Wed)]
DSC_2171.jpg

いろはにほへと ちりぬるをわか・・・。

みなさんは、全部言えますか?私は言えません(汗)。

けれども、職人さんはこれが言えないと仕事が出来ないんです。
木材に刻まれた「又た又3」って文字は見たことありますか?
これは、木材の番号を指していて、たは建物の東側から16番目、3は北から3番目を指していて、又は90センチピッチで加工されているところ、「その間」にあたるそうです。
職人さんたちはこの文字を見て、木材がどの位置にあるのかを見分けないといけません。
「いっそ、ABCDにしたほうが良くないですか?」
と私が言うと、職人のみなさんは沈黙。
・・・、ああ、これは言ってはいけない職人さんルールなんですね。

ということで、いろは歌を覚えたいと思います。

いろはにほへと ちりぬるを   
わかよたれそ つねならむ    
うゐのおくやま けふこえて   
あさきゆめみし ゑひもせす   

色(いろ)はにおへど 散(ち)りぬるを
我が世だれぞ 常(つね)ならむ
有為(うい)の奥山(おくやま) 今日(きょう)越こえて
浅(あさ)き夢見(ゆめみ)じ 酔ひ(よい)もせず
職人さんに学ぶ段取り力 [2018年11月27日(Tue)]
DSC_2150.jpg

職人さんの段取り力はスゴイ!
他の業務においても、この段取り力は大いに学ぶところがあると思います。

職人さんたちの段取り力が高いのには訳があって、段取り力が低いと、仕事がいつまでも終わらない、危険、仕上がりが悪くなる、などダイレクトに仕事に影響があり、それが仕事に対する職人としてのプライドを損ねるからです。

道具の置き方、掃除の仕方にいたるまで、そこには美しさといっていいほどの、洗練された段取りがあります。

今回は、水道工事における段取りをみてみましょう。
通常、水道工事は、柱など外部で作業をするための単管パイプを撤去してからの工事になります。水道工事の場所は、単管パイプの下になるためです。
工程としては、単管パイプ撤去→水道工事、という手順です。
しかし、段取りとしては別のやり方があって、単管パイプ設置前というタイミングがあります。
ただこのタイミングは、基礎工事型枠をはずしてからのほんの数日。
この数日の間に手際よく工事を行うことで、あとの工程がスムースになり、工期が短縮できるのです。

一見簡単そうですが、工程を入れ替えるには、相当の段取りが出来ていないといけません。
先々のことをイメージしながら、今すべき手を打っていく。
相当頭を使う仕事です。
あっという間に、工事は完了です。
DSC_2170.jpg
エコアパU模型その2 [2018年11月23日(Fri)]
DSC_2130.jpg
エコアパUの断面図です。
クリアのボードが張ってあるので、中が見えにくいですが・・・。
写真左側(南側)のキッチンスペースからリビングには段差を設けています。バリアフリーが叫ばれている昨今、まったく逆行していますが、床下には収納スペースや、部屋の温度を平準化させる空気の循環設備がはいっています。
エコアパTでは、そよ風という仕組みを入れて、大満足だったのですが、特に昨今の夏の異常高温を考えたときに、断熱をしっかりとして、いったん冷ました(暖めた)空気を循環させるという仕組みを今回は取り入れました。
2階はこの模型だと、かなり狭い感じですが、これは議論の途中でつくったもので、実際にはもう少し高さのある空間になっています。
平屋の議論から始まり、収納たっぷりという議論や、プライベート空間の確保といった議論をへて、このような形になりました。
「この基礎、すげー面倒くさい」
施工を担当するキクチ監督には、再び試練の物件となりそうです。
エコアパUの全体模型 [2018年11月22日(Thu)]
DSC_2129.jpg
ミノルちゃんがエコアパUの全体模型を作ってくれました。
ガンプラ世代の私にとっては、この模型はたまりません。

エコアパ2は、2世帯をひとつのユニットと考え、南側に2ユニット、北側に1ユニットの計6世帯になりました。
1階の屋根が張り出していて、布団が干せそうですね。
模型を実際に外に置いてみると、11月下旬でも日差しが部屋まで入り込みます。北棟の畑まではさすがに光が入り込みませんが、朝や夕方などには日光が差し込みます。
2階の窓には、夏の強い日差しをよけるため、よしずや日よけオーニングなどが設置できるようになっています。
南棟の真ん中は、駐輪場兼コミュニティスペースです。
雨が降ったときや冬場に集まる屋根付きのスペースです。
ここで映画を見たり、ホワイトボードを設置してミーティングをしたり出来るかどうか、現在検討中です。

DSC_2132.jpg
北西からみた全体像です。
手前の緑の円はコミュニティスペース。
ここは、住まい手のみなさんの出入り口になりますので、ここに東屋や芝生、ピザ釜などを設置して、交流がしやすい環境を整備します。

見えてきた、エコアパUのかたち [2018年11月21日(Wed)]
WS000000.JPG
キクチ監督、ミノルちゃんとの膝詰め対話から、ようやくエコアパUの形が見えてきました。
夏の日差しは遮りつつ、冬の光はたっぷり取り込めるよう、南が大きく開けています。1階にキッチンを置き、目の前には小さな畑がついているのは、前回同様です。
1階の床下が高くなっているのは、部屋の空気を循環させて温度を一定にさせるための蓄熱機能と、床下収納を兼ねてのものです。
2階には、大きなプライベート空間。南に向けて広がるような形になっています。
平屋風2階建て(メゾネット)。
コストも少しオーバーしましたが、キクチ監督が段取りを工夫するなど頑張ってくれました。
「自分が住みたいような物件を作る」
今回もそんなエコアパになりそうです。
果樹に囲まれる幸せ [2018年11月20日(Tue)]
エコアパUの敷地の緑化については、『足立区緑の保護育成条例』というものがあり、一定程度の緑化をするよう求められています。
https://www.city.adachi.tokyo.jp/midori/machi/midori/documents/ryokukakeikaku_tebiki_h301101.pdf
今年の夏は猛暑でしたが、都市部ではヒートアイランド現象が顕著で、緑化による気温上昇を和らげる効果があることが明らかになっています。
限られた敷地ではありますが、できるだけ緑を配置したいものです。
どんな緑をどこに配置するか。
せっかく植えるなら果樹がいい、ということでほしい果樹をリストアップしてみました。
1、柿:  これははずせない果樹です。甘柿と渋柿がほしいところ。
2、レモン: レモン酒やレモンティ、ケーキなどに使えます。
3、梅:  梅酒、梅干しなど。
4、みかん: 冬にはみかんが欠かせませんが、おいしいみかんとなると難しい。
5、イチジク: 完熟イチジクの甘さはたまりません。
6、巨峰:  東屋の日よけとして。
7、くり:  栗ご飯や焼き栗は最高!

うーん。植えたい果樹と植えられる面積がマッチしません。
しかし、1年を通じて様々な果樹がとれるというのは、暮らしをリッチにしますし、果樹を使って色々な料理にもチャレンジできます。
果樹を植える時期は、冬の時期なので、工事の進展によってこの冬に植えられるのか、それとも次の冬に住人のみなさんと相談しながら植えるのか、いずれにせよ、果樹をたくさん植えようと思います。
エコアパTシャツ_ロゴ事件 [2018年11月16日(Fri)]
WS000004.JPG
エコアパUのTシャツは、中央のデザインを、ちぃちぃ画伯(9才)が描きました。
エコアパTでつくったTシャツのオマージュです。
何十枚も描いた結果、畑樂人の真ん中の文字である「樂」の象形文字を参考に、踊りながら大地に生きる喜びを表現したとのことです。
実際の象形文字では、手にどんぐりでつくった楽器を持っているようですが、デザインでは、耳になっているようにも見えます。
手書きのデザインを元に、デザイン全体を監修・デジタル化していただいたのは、デザイナーの鬼才・ヨシカ氏。
今回は、ちぃちぃ画伯と、鬼才・ヨシカ氏のコラボでもあります。
さっそくヨシカ氏からデザインの修正に関する連絡が・・・。
「あのさあ、もしかしたら私が汚れた心の大人だからダメなのかもしれないけれど、おち○ちんの様に見える部分を消して良いだろうか?」
と、修正したロゴを送ってくれました。
「樂」の象形文字からつくったことを知っている私たちは、このコメントにびっくり!
ちょうど、キクチ監督、ミノルちゃんもいたので、一同大爆笑しました。
「あ、ごめん。ダメに決まってるじゃん。文字だから。それはね、君の心が汚れているんだよ(笑)」
画面の向こうから、顔から湯気が出ているヨシカ氏の顔がはっきりと見ました。
ということで、最終的にできたのが上のデザイン。

さて、みなさんには、このデザインがどのように見えるでしょうか?

エコアパUのTシャツロゴ事件でした。
盗難未遂事件?鋼製コンクリート型枠の行方 [2018年11月15日(Thu)]
DSC_2110.JPG
キクチ監督、事件でやんす!てーへんだ、てーへんだ!

それはとっぷりと日が暮れた作業場。
「ガシャーン!ガシャーン!」
と響く音。テルコさんが覗いてみると、一台のトラックが止まっていて次々荷物を運び出しています。
あの荷物は、たしか朝に搬入したばかりの鋼性コンクリート型枠で、夕方ていねいに油を塗っておいたはず。
「もしかして・・・、泥棒!?」
そうなんです。エコアパUの職人さんたちはみんなあいさつするし、時間外の仕事をすることはいまのところありません。誰なんだ、アイツは!
あたりは真っ暗な中、恐る恐る声をかけると・・・。
「あれぇ?現場ここじゃない?間違っちゃったかなあ」
よくよく聞けば、近くの現場で型枠回収の依頼を受けたとのことで、間違って搬出しようとしていたとのこと。トラックにはぎっしりと重い型枠が積まれ、いますぐにでも走り出すところでした。
「いやー、マジかぁ、すんません」
と若い職人さんは、20分かかって積み上げた荷物を30分かけて下ろしました。
うっかり間違いとはいえ、ちょっとタイミングが間違っていれば、警察を呼んで大騒ぎになっていたところですし、声をかけなければ、型枠全部がどこかに行ってしまい、工事の工程がすっ飛んでしまうところでした。
電話で顛末を聞いて、驚いたのは基礎を担当する大森さん。
「なあにぃ!!泥棒だと!この型枠いくらすると思ってんだ!今晩張り込んでとっ捕まえてやる」
と現場に急行。そうですよね、職人さんにとって道具は命。
間違いであることを説明すると、ほっとしていました。

今回は、テルコさんの声かけファインプレーです。現場での運動の徹底と、辺り一面で建設ラッシュなので、道具の置き場を工夫しないといけませんね。
動線をデザインして、コミュニティ形成を仕掛ける [2018年11月14日(Wed)]
DSC_2079.JPG
(エコアパUの芝生広場予定地)
エコアパUの特徴のひとつが近隣との交流です。
昔の長屋のようにお互いの顔が見えるような関係性を目指しています。
「ご近所との付き合いはちょっと面倒」
という方には、不向きな住まいかもしれません。
とはいえ、引っ越してすぐに近隣と肩を組み合うようなパリピ(パーティピープル)である必要は全くありません。
何を隠そう、私も若干人見知りなところがありまして、集団の中では居心地がよくなるのにかなりの時間がかかります。
どうやったら自然とコミュニティを作っていけるか。
それを考えたときに、動線をデザインする、という考えに至りました。
家を出るとき、帰ってくるときに歩く道を集約するようにして、そこにベンチやテーブルを置き、ピザ釜を作り、遊び場を作ることで、住人同士が出会う確率を高めれば、そこで挨拶が生まれ、プラス一言の会話が生まれ、お茶に誘われたり、といったアクションが自然発生するのではないかと考えました。
エコアパTでも、建物の脇に設置したテーブルとベンチがコミュニティ形成の強力なアイテムとして機能しました。
幸い、エコアパUでは、予算と土地形状の関係で、空間を持つことが出来そうなので、テーブル、ベンチ、ピザ釜、芝生広場など、コミュニティ形成を仕掛ける動線を仕掛けてみたいと思います。
| 次へ