CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年10月 | Main | 2018年12月»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
職人さんたちをチームに_エコアパUTシャツ [2018年11月13日(Tue)]
DSC_2103.JPG
エコアパUでは、約20社の職人さんたちが入れ替わり立ち替わり現場に入ります。
みなさんプロですし、キクチ監督が見事な差配をするので、基本的には口出しすることはないのですが、エコアパU全体のコンセプトについては共有しておきたいところです。
ところが、下町のあらくれ職人たちに、学習会をします、なんていうことは怖くてとてもできません。
そこで出てきたのが、エコアパTシャツを着てもらうというアイディア。
このアイディアが功を奏し、みなさんTシャツを着ながら作業をしていくうちに、
「なんかこの現場、ちょっと普通と違うんだってよ」
「いまどき、こんな面倒くせー現場ねーぞ」
「でもあの木目はいいよな」
という感じで、職人さんたちとのコンセプトの共有が少しずつ進みます。
こんなことしなくたって、職人さんたちはいい仕事をしてくれるんですけれども、プライドをかけた職人の仕事というのは、なんともすがすがしいものです。
本日、久米繊維工業さんからサンプルが届きました。
カッコイイ!
長袖60枚は11月末に完成予定です!
環境配慮からサステナビリティへ [2018年11月13日(Tue)]
IMG_4872_11.jpg
エコアパUが取り組む環境配慮。
エコアパTがスタートした2006年から、社会の環境配慮に関する認識も大きく変わりました。
2006年ころは、いわゆるエコブームで、温暖化に関する社会の大きな関心を呼びましたが、2011年の東日本大震災をつうじて、単なる環境問題から、災害への対応などの社会問題への関心が大きくなってきました。
環境問題だけでなく、社会問題、経済問題といった持続可能性(サステナビリティ)への関心が高まったといえます。
エコアパUの環境配慮は、自然の力を最大限に活かしたパーマカルチャーやパッシブソーラーのアイディアを活用したデザイン、自然素材の積極的な活用、日頃の生活を通じた環境教育の場づくりなどを盛り込んでいます。
例えば雨水タンクの活用。
雨は1年中降りますが、溜めるものがないと、そのまま排水溝に流れてしまいます。エコアパTでつかった廃ワイン樽を使って、畑の水やりや、玄関周りの掃除用の水として活用します。
また、建物の北側にはグリーンカーテンを設置し、涼しい風を取り込めるようになっています。とはいえ、近年の猛暑では、夏の1ヶ月はどうしてもエアコンを使わないと生活が出来ないので、エアコンを設置しつつ、室内の空気をなるべく均一にする工夫も検討しています。
もちろん、台所の近くにある畑を使って、食品残渣の堆肥化などにチャレンジすることも出来ます。その報酬は、もちろん新鮮野菜!
環境に配慮したライフスタイルは、楽しく長続きできるようなものであるよう、さりげない工夫を盛り込んでいきたいです。
| 次へ