CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«みかん2019_今年のナンバー1 | Main | 中古一輪車の塗装»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
堆肥場 [2019年12月19日(Thu)]
DSC_3010.JPG

畑のある生活にもれなくついてくるのが雑草。
ごみ袋に入れてで燃えるごみにすてるのもよいのですが、サステナブルなライフスタイルを目指すエコアパでは、熟成という時間差をつかって、循環させる仕組みにしたいところです。
ということでつくった堆肥場。2槽にわけ、前面を板で取り外しできるようにしました。分解の状況に応じて、手前から左右に雑草を仕分けながら循環を促します。
キクチ監督のご厚意で、大量のきくずをいただいたものの、これがまぁ、分解しないこと。ということで夏の大半は両方の堆肥場に木くずが満タンにたまっていて、ほとんど機能しませんでした。

DSC_2839.JPG
雑草や芝生でとったサッチをのせながら、上に堆肥袋をかぶせて発酵を促します。空気がきらいな微生物を繁殖させる嫌気発酵と、空気が好きな微生物を繁殖させる好機発酵を繰り返すために、月に一度ほど、切り返し作業を行います。
畑で抜いた植物の枝や冬の剪定で切った枝は、上に置いて乾燥させてから、細かく刻みます。

DSC_2935.JPG
何度も切り返し、踏んづけて固め、フタをして、を繰り返した結果、冬にはフカフカの堆肥が出来ました。完熟にはあと1年くらいかかりそうですが、来年の堆肥場のスペースがもうないので、春までには畑に還元します。
今年は木くずが中心だったので、茶色いフカフカの堆肥になりましたが、来年以降は雑草が中心のもう少し焦げ茶の堆肥になる予定です。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント