CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います | Main | 床は杉の無垢材»
ブログ大賞ブログ
プロフィール

エコアパートPTさんの画像
エコアパートPT
プロフィール
ブログ
畑つきエコアパートLOCO
最新記事
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
ワカミヤハイツ、山崎。
お知らせ_2019年2月2日(土)エコアパU現地見学会を行います (02/04) robokei
2月のぽかぽかエコアパランチ (03/27) owada
4月に衣がえ (03/28) 山木美恵子
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/12) 山田貴宏
ありがとう!Kさん、エコアパ送別会 (02/10) 山田貴宏
里山長屋暮らしの放送 (06/23) ヒラタ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/11) TBSラジオ「今日よりちょっといい明日を」担当スタッフ
TBSラジオ収録 今日よりちょっといい、明日を (06/09) ヒラタ
東北関東大震災について (03/24) 山木美恵子
東北関東大震災について (03/18)
空気循環システム [2018年12月26日(Wed)]
WS000003.JPG
夏は涼しく、冬は暖かく、を実現することは、エコアパUでも重要な課題です。
建物は動かないのですが、太陽の位置は移動するので、それを実現するのはなかなか難しいことです。南側に大きな開口部をつければ、夏は暑くなります。
そういった自然環境を活かした設計として、2階にはオーニング(日よけ)が設置できるような工夫や南と北に風が通る窓をつけるなど、複数の工夫を凝らしています。
また今回のエコアパUでは、空気循環システムの導入を検討しています。
2階の天井付近に吸込み口を設け、ダクトで基礎までファンで吸い込むというものです。
暖かい空気は上に登りますので、その空気を強制的に下に送り込み、大きな基礎部分に蓄熱することで、部屋全体の気温を一定にすることが狙いです。
基礎のコンクリートは輻射熱によってゆっくりと熱を放出する性質があるので、冬の暖房補助に役立つでしょうし、乾燥を防ぐ効果もあると思います。
【自然エネルギーの活用の最新記事】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント