CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
沢田登志子
ネット初心者 (11/09) 久米 信行
ネット初心者 (11/07) ななな
広告メール規制省令案パブコメ開始 (09/06) kanata
久しぶりのオークション (07/27) 事務局G
確定申告はお早めに (03/12) しゅう
確定申告はお早めに (03/11) 国際担当T
鬼のパンツ・・・?! (01/30) Sora
鬼のパンツ・・・?! (01/26) 沢田登志子
EC業界2008年年頭所感 (01/25) 国際担当T
アックゼロヨンアワード (01/09)
最新トラックバック
玄関から入ってちょーだい!! [2008年10月23日(Thu)]
こんにちは、事務局Gです。

当会理事の原田が連載しております日流eコマースのEC事例に見る消費者相談コーナー。10/15号では「古いサイト画面で購入。旧価格での購入は可能か。」という事例についてとりあげています。ショップ側の立場から見ても、我々消費者の側からみても興味深い記事となっています。ぜひご覧くださいませ。

この記事を読んでいて思い出したんですが、今年の夏のこと。

自宅で使っているアロマランプのお皿が割れてしまったんです。買ったお店に問い合わせたのですが、随分前に購入したので、もう付属品の在庫は無いとのこと。
あきらめようかと思ったのですが、「こういうときこそネットショッピングだ!」と思い立ち、商品名や品番を入れてネット上で探したんですよ。

ほとんどのショップで売り切れ表示がされている中、1軒だけ”在庫あり”の表示がハート
やったぁと思って早速注文しましたら、自動返信メールで「おってショップから振込先の連絡をしますので、しばらくお待ちください」ときたんですね。

で、わくわくしながら待っていましたら翌日ショップからメールが届きました。
以下、抜粋であります。ちなみに()内は私の心の声です。

「このたびはご注文ありがとうございました。」
(はいはい音符

「誠に申し訳ないのですが、当該商品は廃盤となり在庫切れとなっています。」
(え〜そうなんだ。がっかり悲しい

「というわけで、今回の注文はキャンセルさせていただきたく・・・」
(残念だけど、無いんじゃ仕方ないよね。)

「ちなみに検索などで古いページのキャッシュからダイレクトにご注文されたかと存じますが」
(ん?確かに検索してたどり着いたけど。)

「弊社のトップページからはすでにリンクを外しており・・・」
(あら、そうだったのね。商品ページからはトップページにもショップ概要にも行けたんだけどな。)

「今後、お買い物の際には、トップページからお入りいただきたく存じます。」
(え?・・・ええっ?私、説教されてる?)


いやはやいやはや。

例えばですよ、売り切れって言われてるのに私が「何がなんでも、どこかで探してきてでもいいから売ってくれ怒り」ってゴネたとか、先にお金を振り込んじゃってショップさんに返金のためのいらぬ手間をかけさせてしまったとかですね、そういうめんどくさーいことがあったのであれば、まぁわからんでもないですが、注文しただけなんだけどな〜汗

心の中で「今後ぉ?二度と買いに来るかいっ!」と、つぶやいたのでありますが、もしかしてショップさん側からしたら、『玄関からでなく窓から入ってきて勝手に店の中をごそごそ探して「これちょうだい」って言った非常識な客』だったのかもしれませんねぇ。
Posted by 事務局G at 13:54 | 事務局G | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
プロフィール

ECネットワークさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ecnetwork/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ecnetwork/index2_0.xml