CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
沢田登志子
ネット初心者 (11/09) 久米 信行
ネット初心者 (11/07) ななな
広告メール規制省令案パブコメ開始 (09/06) kanata
久しぶりのオークション (07/27) 事務局G
確定申告はお早めに (03/12) しゅう
確定申告はお早めに (03/11) 国際担当T
鬼のパンツ・・・?! (01/30) Sora
鬼のパンツ・・・?! (01/26) 沢田登志子
EC業界2008年年頭所感 (01/25) 国際担当T
アックゼロヨンアワード (01/09)
最新トラックバック
良いマルチ悪いマルチ? [2008年10月22日(Wed)]
どうも、相談担当です。

最近、国会議員や下のブログにも出てくる某大臣が、連鎖販売取引業者(いわゆるマルチ)から献金だのパー券買ってもらっただの業界を擁護しただののニュースが話題になっています。

その是非をわたしがここで語る必要はないのですが、少なくともこのニュースが話題になることで、マルチという業態を社会としてどう捉えていくべきものなのかを、改めて認識する機会が与えられたという点では、逆に良かったのではないかと思っています。

わたしといえば、最近、同じマルチ事業者の相談をほぼ同時に2人受けていて、2ヶ月ほど交渉してやっと解決したばかりだったのですが、この2人は、勧誘したほうと、その2代下の人でした。
交渉が難航したのは、2人ともこの他に何人もマルチ組織に勧誘して多額のマージンを受取っていたからです。これまで積極的に勧誘活動をして実績を残してきた2人なので、その気になってマルチに参加したはいいものの思うように勧誘活動出来ず借金だけが残った、という全くの被害者とは、相談者としての質も少し違いました。

やっと終わると思ったら、同じ事業者でまた別の相談者が訪れました。1代下、つまり今までの2人の間にいた人です。2人がわたしの元で解約できたのを聞きつけて、わたしを名指しして相談に来ました。みんな親しい仲間のようなので、被害が連鎖なら相談も連鎖しています。

もう、やっと終わったと思ったら、また2ヶ月のイバラの道が始まるのか、と思いつつ、もし、わたしの処理結果に満足していなければ、2人は逆にわたしを避けるよう言っていただろう、そう思うと、名指しで頼られてきたことに何となく嬉しい自分がいたりして・・。ああ、わたしって何て馬鹿なんだろう!

「わたしでいいのですか?」
「そのほうが話が早いですよね」

・・あーそうかい。

そんなこんなで、相談の現場では相変わらずマルチ業者と交渉する日々が続いております。

そんな中、上記の議員さんや大臣さんからは「一部の悪質なマルチ企業により、多くのまじめに業にいそしんでおられる皆さんが迷惑をしている」「一部の悪質な例ばかり強調されると新たな産業をつぶしてしまう」という発言があったと聞きましたが、この人たちにそもそも良いマルチ、悪いマルチなんていう単純な概念しかないところが、現場感覚ではあまり理解が出来ません。そんな単純なことではないはずです。

だからそんな単純な考えで、消費者庁なんて、絵に描いたモチにならないようにしてくださいね、でも絵に描いたモチなら、こんにゃくゼリーのようにのどに詰まらせる心配はありませんね。その消費者庁で、今度は子供の給食にパン出すことも禁止にしますか(これは単なる愚痴)。
Posted by 相談担当H at 15:50 | 相談担当H | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
プロフィール

ECネットワークさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ecnetwork/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ecnetwork/index2_0.xml