CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main | 2020年06月»
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
五十嵐 暁
7/26 オンライン開催:第21期生「成果発表会」 (07/19) ディルショッドです。
さようなら、東京! (06/25) ダスキン招聘事務局
バングラデシュからの便り (03/13) あだち
バングラデシュからの便り (03/11) JSRPD
卒業生初?!キャスター誕生! (11/25)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
Postpone an opening application for the 23rd DUSKIN Leadership training/第23期ダスキン障害者リーダーシップ研修応募開始見合わせ [2020年05月29日(Fri)]
We’d like to announce that we postpone an opening of application for the 23rd DUSKIN Leadership training in Japan due to the infection spread of COVID-19.

We will update the information related to application at the beginning of August 2020.
We apologize for making inconvenience you who consider applying for this training,
and really appreciate your understanding and acceptance.

新型コロナウイルス感染拡大を受け、第23期ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業の応募開始を見合わせます。

8月初旬に当事業募集に関する情報を更新致します。
応募をご検討されている方にはご不便をお掛け致しますが、ご理解・ご了承のほどお願い致します。
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜ネパール編〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Nepal〜 [2020年05月22日(Fri)]
今日は、ネパールに住むアンジャナさん(ダスキン14期生)のレポートを紹介します!現地の様子の写真も送ってくれました。
>アンジャナさん、報告をありがとうございます!

Today, we introduce the report by Ms. Anjana K. C. in Nepal (14th Duskin trainee)! She also sent us some photos about what the place is really like.
>Anjana san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
原文:
Q1. あなたや あなたのくにの しょうがいしゃは コロナウィルスについて どんなもんだいが ありますか。
私たちの国ネパールでは、しょうがいしゃはコロナウイルスについてみんながいろいろなもんだいをうけています。そのもんだいは、しょうがいしゃのタイプによってちがいますが、だいたいうけてるもんだいは、たべものもらうこと,買い物すること,障害がある人がつかうもの、たとえばおむつ,CIC (導尿)パイプ、カテーテルを買うことできていないです。国はロックダウンされました。今の時間がみんなコロナでこわいですから、心のもんだいもふえています。そして女性しょうがいしゃは、しごとしてるばしょが今しまってるから、住んでいるところもすむこと出来なくて、じっかにかえってもじっかでもとまること出来てないです。かくりされているところでも、バリアのことあまり考えてないです。しゅわのつうやくする人はたりていないです。ひとりぐらしで生活してる人がかいじょしゃをつかうことをできていないです。べつにネパールでかいじょせいどがまだないです。

Q2. そのもんだいを かいけつするために なにを していますか。
もんだいをかいけつするためにsocial ネットワークをつかって書いています。困ってるなかまにlocal government にいいかんけいをつくって、relief ものあげるためにおねがいしてあげています。コロナで気をつけることとか、食べ物のたいせつなつかいかたとか、困ったときだれにれんらくしたらいいか,ロックダウンのときもあいてる店のじょうほうはFacebookにかいてシェアしています。そして、まいにち夕方の4時にせいふからあげるコロナのけっかをアナウンスメントするとき、しゅわでもやっています。

Q3. コロナウィルスで こまっているしょうがいしゃのために サポートするかつどうが ありますか。あれば かんたんに そのかつどうについて おしえてください。
・今までしょうがいしゃでコロナうけたことがないですが、でもコロナウイルスでlockdown なってるからしごとやものを売ることが出来てないしょうがいしゃに赤十字とlocal government でやりとりしてrelief あげています。ネパールにあるCIL, NFDN, DPOs みんながスカイプでかいぎをやって、うけてるもんだいをかいけつするためにやったことをシェアをして、いいアイデアをじぶんのところでもつかってがんばっています。4月13日ひとりしょうがいがあるじょせいは、じっかでもすむばしょがなくてCILにたすけてもらうためにきて、私たちはいろいろなせいふのところに電話かけて、かのじょがとまるばしょをさがしにサポートしました。そして、しかくしょうがいしゃとしんたいしょうがいしゃが、10人しょうがいがある人の家族は 食べ物なくてこまってたから、赤十字からサポートあげるために活動しました。
・サポートする人と団体をさがして、とても困っている30 人障がいがある人にrelief サポートをしました。
・重い障害がある人のけんこう (health) のもんだいが出てきたから、びょういんとかんけいを作って、むりょうでくすりをもらうように活どうをしました。
・Human Right Commission(人権委員会)とけんで活どうしてるしょうがいしゃとZOOMでonline会議をして、障害があるこどもと女性はdomestic violence(家庭内暴力)とsexual abuse(性的虐待)うけないために気をつけることとラジオとテレビでmessageつくるために話しました。
IMG_4639.jpg

IMG_4638.jpg

IMG_4640.jpg

IMG_4637.jpg

Translation:
Q1. What problems related to COVID-19 do you or persons with disabilities in your country have?
In Nepal, persons with disabilities have various problems concerning COVID-19. They depend on the type of disabilities. But, most of these are related to getting foods, shopping, and things persons with disabilities use: for example, we can’t get any diapers, CIC (Clean Intermittent Catheterization) pipe, and catheters. Our country went into lockdown. Since everyone are afraid of COVID-19, mental health problems also increase. And, the workplace of women with disabilities is closed now, so they can’t live there. Even if they go back to their parents’ house, they can’t stay there. Also, it is not taken barriers into consideration in places under quarantine. There are not enough sign language interpreters. People who are living alone can’t receive care from a personal assistant. There is no personal assistance service yet.

Q2. What have you been doing in order to solve these problems?
We use social networks in order to solve the problems. We built a good relationship with local government officials and ask them to provide friends in trouble with a relief. We have written and shared some information on Facebook: for example, what we should be careful with COVID-19, how to use foods carefully, who we should contact in case we are in trouble, which store is open during lockdown. Moreover, when we announce the news regarding a result of the number of people infected with COVID-19 by the government at 4:00 pm every evening, we also convey it by sign language.

Q3. Are there any activities in your community to support persons with disabilities who are in trouble due to COVID-19? If yes, please tell us these activities briefly.
-There are no persons with disabilities infected with COVID-19 so far. However, communicating with Red Cross members and local government officials, we have provided a relief for persons with disabilities who have no job and can’t sell goods because it has been in lockdown due to COVID-19. CIL, NFDN and DPOs in Nepal have held a meeting on Skype. We have shared what we have done in order to solve problems and have referred to them. On 13th April, a woman with disabilities came to CIL to ask for help because she didn’t have any place to stay, even her parents’ house. Therefore, we supported her to look for a place she could stay in by calling various places of the government. Also, ten families whose member is a person with visual impairment or a person with physical disability were in trouble because they had no food. So, we worked to support them by Red Cross.
-There were 30 persons with disabilities in trouble. So, we looked for organizations and those who could support them to provide a relief.
-Since health problems of persons with severe disabilities appeared, we built a relationship with a hospital to enable them to get medicine for free.
-We held an online meeting on Zoom with persons with disabilities who had been working for Human Right Commission and prefectural government. We discussed to make and spread messages about what children and women with disabilities would be careful not to suffer domestic violence and sexual abuse through radio and TV.
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜ベトナム編〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Vietnam〜 [2020年05月19日(Tue)]
今日は、ベトナムに住むフォンさん(ダスキン13期生)のレポートを紹介します!
>フォンさん、報告をありがとうございます。

Today, we introduce the report by Ms. Dao Thu Huong in Vietnam (13th Duskin trainee)!
>Huong san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
Q1. あなたの国の障害者は、新型コロナウィルスについてどんな問題がありますか。
・多くの障害者が職を失っています。彼らは収入がなく、より一層家族やコミュニティに依存するようになっています。
・収入がなくなり、リハビリとセラピーも含め、必需品や彼らに不可欠な薬やサービスの費用をカバーすることができません。
・また、障害者は新型コロナウィルスについて限られた情報しか得られていません。特に、ろう者です。しかしながら、一般的にベトナムの状況は、幸いにもいくつかの国々のようなひっ迫した状況ではありません。

Q2. その問題を解決するために何をしていますか。
UNDPの障害者権利オフィサーとして、
・私は、新型コロナウィルスに対する障害とインクルーシブについて、オンライン調査をしています。
・また、ろう者のための全国テレビ放送の主なニュース速報で、手話通訳サービスのサポートをしています。

Q3. 新型コロナウィルスで困っている障害者のために、サポートする活動がありますか。あれば、簡単にその活動について教えてください。
・私が先導に立って行なっている活動とは別に、UNDPもまたろう者のために、このパンデミックにおいて、手洗いの仕方や自己防衛に関するいくつかの研修ビデオの中で、手話の通訳のサポートをしています。
・ベトナムの政府は、障害者も含め弱い立場のグループが回復できるようサポートするために、約2億7700万米ドルを出しました。
・多くの障害当事者・障害者団体は、障害者のためにマスクや手の消毒液、食料品の寄付を呼びかけました。

Original:
Q1. What problems related to COVID-19 do you or persons with disabilities in your country have?
* Many PWDs are losing their jobs. They have no income and become more
dependent on their families and the community.
* Losing income, neither can they cover the costs of necessities and
their essential medicines and services, including rehabilitation and
therapies.
* PWDs also receive limited information about COVID-19, especially the Deaf.
However, in general, the situation in Viet Nam is fortunately not as
overstretched as in some countries.

Q2. What have you been doing in order to solve these problems?
As a disability rights officer at UNDP,
* I am conducting an online survey on disability-inclusive COVID-19 responses.
* I am also supporting the sign language interpreting service in a
main news bulletin of the National TV for the Deaf.

Q3. Are there any activities in your community to support persons with disabilities who are in trouble due to COVID-19? If yes, please tell us these activities briefly.
* Apart from the activities which I am taking the lead, UNDP is also
supporting the sign language interpretation in some training videos on
hand washing techniques and self protection in this pandemic for the
Deaf
* Viet Nam's Government is disbursing around 277 million USD to
support vulnerable groups to recover, including PWDs.
* A number of organizations of /for people with disabilities are
calling for donation of face masks, hand sanitizers, and food for
PWDs.
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜スリランカ編(2)〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Sri Lanka(2)〜 [2020年05月15日(Fri)]
今日は、スリランカに住むラサさん(ダスキン7期生)のレポートを紹介します!
>ラサさん、報告をありがとうございます。

Today, we introduce the report by Ms. Rasanjali Pathirage in Sri Lanka (7th Duskin trainee)!
>Rasa san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
スリランカの政府は、国内の新型コロナウィルス感染拡大を防ぐためにあらゆる措置を行っています。島全体で外出禁止が始まり、国が封鎖されて以来、多くの障害者は重要な食料品の不足、薬、衛生設備、コミュニケーションの問題が原因で、深刻な影響を受けました。スリランカでは180万人に障害があります。これらの71%、110万人が失業しており、経済的に非常に弱く、国を完全に封鎖したことが原因で、深刻な弱い状況を作り出しました。
政府は、障害手当と経済的困窮手当を、その資格のある障害受給者に対し発行することを決定しましたが、かなりの数の障害者はこの情報を知らず、この重要な時期にアクセシビリティの問題が原因で、それらの恩恵を受けることが妨げられ、特に多くのろう者は、政府の障害者支援サービスについて十分な情報を得られませんでした。経済的理由、重要な食料品が不足していることが原因で、つらい思いをしている人々に提供される継続的な食料配給支援援助に関して、コミュニティレベルの障害者には、優先権が与えられていません。さらに、現在の経済的弱点と国封鎖のため、かなりの数の障害者が薬や医療機器を得ることができませんでした。
今の障害者問題を解決するために、私たちは当初から多くのステップを踏んでいます。現在、障害者団体共同戦線(DOJF)は、政府の支援サービスや当局者を擁護し奨励するために、障害者団体のメンバーやスリランカ政府と地域レベルで緊密に協力しています。これは、コミュニティレベルで障害者問題について優先的に検討するためです。DOJFは特に、地域ベースのサポートに必要な障害者の名前リストを政府の緊急対策本部のサービスと共有しました。また、障害者の現在の健康の必要条件と緊急支援のための大統領の対策本部との継続的な調整について、保健局長に通知されています。さらに、DOJFは、障害者が直面している現在の状況を共有するために、国のメディアおよびニュース、メディア関係者に連絡を取りました。それに加えて、DOJFは、現在の状況と障害者のために提供されている政府のサービスについて、ろう者やその他の障害者のためにソーシャルメディアの手話のビデオやニュースの投稿をしています。現在DOJFは、ろう者や他の障害者とコミュニケーションをとり情報を収集するために、手話コーリングセンターのサービスを拡張しているほか、組織のメンバーと他の利害関係者やパートナーと障害情報の調整を行うため、障害者緊急センター(COVID-DEC)を運営しています。

DOJFは提案しています。

1. 国家レベルの対応で学んだ現在の教訓を踏まえた、緊急の障害者支援サービスに介入するための地域レベルと世界レベルの連携。
2. 緊急事態の間、自発的な行動を取るための非常に強力な国家レベルの障害者支援メカニズム。
3. 緊急事態、そして将来のシナリオに基づいた緊急時対応計画の下で、障害者問題により適切に対処するための地域レベルと世界レベルの方針とガイドラインの作成。

ラサンジャリィ・パティラゲ
障害者団体共同戦線(DOJF)代表
スリランカ

Original:
Government of Sri Lanka has been taken number of measures to prevent the COVID -19 spared across the country. Since the inception of the imposing curfew island wide and lockdown the country many disability people were severely affected due to lack of essential food items, medicine, sanitary equipment and communication matters. 1.8 million People in Sri Lanka are disabled. 71% of these, 1.1 million people, are unemployed and they are economically very vulnerable and this situation created severe vulnerable situation due to total lockdown the country.
Though the government has taken decision to issuing the disability allowance and economic hardship allowance for the eligible disability recipients but considerable amount of the disabled people unaware about this information and they were prevented receiving those benefits at this crucial time due to the accessibility matters specially lots of deaf people were not received sufficient information about the government disability support services. The priority has not given for the disability persons at community level related to the ongoing Dry Ration support assistance given for the people who have undergone hardships due to economic and lack of essential food. Moreover, considerable amount of disabled people were unable to get their medicine and health care equipments because of their current economic drawback and country lockdown.
In order to solve the current disability issues we have taken number of steps from the inception. At present, Disability Organizations Joint Front is working closely with regional level disability member organizations and government of Sri Lanka to advocate and encourage the government support services and officials in order to pay their priority consideration for the disability person’s issues at the community level. DOJF has specifically shared the regional based support needed disability person’s name list with government emergency taskforce service. Further it has been informed the Director of Health about the current health requirement of disability persons and continuous coordination with Presidential taskforce for emergence assistance. Moreover, DOJF has contacted Director state media & news, media personnel to share the current situation faced by the disability persons. In addition to that DOJF has posted Social media sign language videos and news posts for the deaf people and other persons with disabilities about the current situation and government services rendered for the disable persons. Currently DOJF is extending the service of sign language calling centre to communicate and collect the information from deaf and other disability persons as well as DOJF is operating Disability Emergency Center (COVID-DEC) for disability information coordination with members organizations and other stakeholders and partners.

DOJF is suggesting
1. Regional and global level coalition to intervene with the emergency disability support services based on present lesson learned at national levels responses.
2. Very strong national level disability support mechanism to take spontaneous actions during the emergency situation.
3. Regional and global level policy and guideline formation in order to better address the disability issues under any emergency situations and contingency planning based on future scenarios.

Rasanjali Pathirage
President
Disability Organisations Joint Front
Sri Lanka