CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main | 2020年06月»
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
五十嵐 暁
7/26 オンライン開催:第21期生「成果発表会」 (07/19) ディルショッドです。
さようなら、東京! (06/25) ダスキン招聘事務局
バングラデシュからの便り (03/13) あだち
バングラデシュからの便り (03/11) JSRPD
卒業生初?!キャスター誕生! (11/25)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜スリランカ編(2)〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Sri Lanka(2)〜 [2020年05月15日(Fri)]
今日は、スリランカに住むラサさん(ダスキン7期生)のレポートを紹介します!
>ラサさん、報告をありがとうございます。

Today, we introduce the report by Ms. Rasanjali Pathirage in Sri Lanka (7th Duskin trainee)!
>Rasa san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
スリランカの政府は、国内の新型コロナウィルス感染拡大を防ぐためにあらゆる措置を行っています。島全体で外出禁止が始まり、国が封鎖されて以来、多くの障害者は重要な食料品の不足、薬、衛生設備、コミュニケーションの問題が原因で、深刻な影響を受けました。スリランカでは180万人に障害があります。これらの71%、110万人が失業しており、経済的に非常に弱く、国を完全に封鎖したことが原因で、深刻な弱い状況を作り出しました。
政府は、障害手当と経済的困窮手当を、その資格のある障害受給者に対し発行することを決定しましたが、かなりの数の障害者はこの情報を知らず、この重要な時期にアクセシビリティの問題が原因で、それらの恩恵を受けることが妨げられ、特に多くのろう者は、政府の障害者支援サービスについて十分な情報を得られませんでした。経済的理由、重要な食料品が不足していることが原因で、つらい思いをしている人々に提供される継続的な食料配給支援援助に関して、コミュニティレベルの障害者には、優先権が与えられていません。さらに、現在の経済的弱点と国封鎖のため、かなりの数の障害者が薬や医療機器を得ることができませんでした。
今の障害者問題を解決するために、私たちは当初から多くのステップを踏んでいます。現在、障害者団体共同戦線(DOJF)は、政府の支援サービスや当局者を擁護し奨励するために、障害者団体のメンバーやスリランカ政府と地域レベルで緊密に協力しています。これは、コミュニティレベルで障害者問題について優先的に検討するためです。DOJFは特に、地域ベースのサポートに必要な障害者の名前リストを政府の緊急対策本部のサービスと共有しました。また、障害者の現在の健康の必要条件と緊急支援のための大統領の対策本部との継続的な調整について、保健局長に通知されています。さらに、DOJFは、障害者が直面している現在の状況を共有するために、国のメディアおよびニュース、メディア関係者に連絡を取りました。それに加えて、DOJFは、現在の状況と障害者のために提供されている政府のサービスについて、ろう者やその他の障害者のためにソーシャルメディアの手話のビデオやニュースの投稿をしています。現在DOJFは、ろう者や他の障害者とコミュニケーションをとり情報を収集するために、手話コーリングセンターのサービスを拡張しているほか、組織のメンバーと他の利害関係者やパートナーと障害情報の調整を行うため、障害者緊急センター(COVID-DEC)を運営しています。

DOJFは提案しています。

1. 国家レベルの対応で学んだ現在の教訓を踏まえた、緊急の障害者支援サービスに介入するための地域レベルと世界レベルの連携。
2. 緊急事態の間、自発的な行動を取るための非常に強力な国家レベルの障害者支援メカニズム。
3. 緊急事態、そして将来のシナリオに基づいた緊急時対応計画の下で、障害者問題により適切に対処するための地域レベルと世界レベルの方針とガイドラインの作成。

ラサンジャリィ・パティラゲ
障害者団体共同戦線(DOJF)代表
スリランカ

Original:
Government of Sri Lanka has been taken number of measures to prevent the COVID -19 spared across the country. Since the inception of the imposing curfew island wide and lockdown the country many disability people were severely affected due to lack of essential food items, medicine, sanitary equipment and communication matters. 1.8 million People in Sri Lanka are disabled. 71% of these, 1.1 million people, are unemployed and they are economically very vulnerable and this situation created severe vulnerable situation due to total lockdown the country.
Though the government has taken decision to issuing the disability allowance and economic hardship allowance for the eligible disability recipients but considerable amount of the disabled people unaware about this information and they were prevented receiving those benefits at this crucial time due to the accessibility matters specially lots of deaf people were not received sufficient information about the government disability support services. The priority has not given for the disability persons at community level related to the ongoing Dry Ration support assistance given for the people who have undergone hardships due to economic and lack of essential food. Moreover, considerable amount of disabled people were unable to get their medicine and health care equipments because of their current economic drawback and country lockdown.
In order to solve the current disability issues we have taken number of steps from the inception. At present, Disability Organizations Joint Front is working closely with regional level disability member organizations and government of Sri Lanka to advocate and encourage the government support services and officials in order to pay their priority consideration for the disability person’s issues at the community level. DOJF has specifically shared the regional based support needed disability person’s name list with government emergency taskforce service. Further it has been informed the Director of Health about the current health requirement of disability persons and continuous coordination with Presidential taskforce for emergence assistance. Moreover, DOJF has contacted Director state media & news, media personnel to share the current situation faced by the disability persons. In addition to that DOJF has posted Social media sign language videos and news posts for the deaf people and other persons with disabilities about the current situation and government services rendered for the disable persons. Currently DOJF is extending the service of sign language calling centre to communicate and collect the information from deaf and other disability persons as well as DOJF is operating Disability Emergency Center (COVID-DEC) for disability information coordination with members organizations and other stakeholders and partners.

DOJF is suggesting
1. Regional and global level coalition to intervene with the emergency disability support services based on present lesson learned at national levels responses.
2. Very strong national level disability support mechanism to take spontaneous actions during the emergency situation.
3. Regional and global level policy and guideline formation in order to better address the disability issues under any emergency situations and contingency planning based on future scenarios.

Rasanjali Pathirage
President
Disability Organisations Joint Front
Sri Lanka