CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«22期生のサインネーム作り FINAL! | Main | リンさん(第6期生)がゴールデンイーグル賞を受賞しました!»
3名の卒業生が季刊みみの取材を受けました! [2021年11月05日(Fri)]
卒業生3名が、全日本ろうあ連盟が発行している「季刊みみ」の取材を受け、
オンライン座談会に臨みました。

座談会のテーマは「アジアのろう女性」です。

取材を受けたのは、ジェシカさん(マレーシア出身:第4期生)、
ウェンさん(フィリピン出身:第8期生)、
アルティさん(インド出身:第11期生)です。

座談会の取りまとめをしてくださったのは、廣川麻子さん。
廣川さんは、ダスキン障害者リーダー育成海外派遣事業第29期生でもあり、
今回の座談会はダスキン愛の輪基金が主催する2つの事業(派遣事業と招聘事業)の
修了生によるコラボ企画という一面も持っていました。

同窓生(?)という共通点があったせいか、対談は最初から最後まで大いに盛り上がり、
気が付けば予定時間の1時間を大幅に経過していました(なんと2時間超!)

対談@.png
写真左上がジェシカさん、左下がウェンさん、右下がアルティさん、
そして右上が廣川さんです。

「アジアのろう女性」という切り口で、それぞれの体験や思いを語り始めた3名でしたが、
共通する課題もあれば、相違点も見えてきました。
日本の「ろう女性」が置かれている状況との対比も気になってきますね。

対談の内容は、季刊みみ第174号(2021年冬季号)に掲載予定です。
ぜひ誌面にてご確認いただければと思います。
かわいい季刊みみについて:https://jdn.jfd.or.jp/mimi/about/

最後に記念撮影カメラ
対談記念撮影B.png
3名の卒業生は、出身国名の手話を表してくれました。
廣川さんが手にしているのが「季刊みみ」です。
冬季号の発売が待ち遠しいです!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント