CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜ベトナム編(2)〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Vietnam(2)〜 | Main | 次世代のSDGs推進の取組みを学ぶ!»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
五十嵐 暁
7/26 オンライン開催:第21期生「成果発表会」 (07/19) ディルショッドです。
さようなら、東京! (06/25) ダスキン招聘事務局
バングラデシュからの便り (03/13) あだち
バングラデシュからの便り (03/11) JSRPD
卒業生初?!キャスター誕生! (11/25)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜ネパール編(2)〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Nepal(2)〜 [2020年08月24日(Mon)]
今日は、ネパールに住むラクシミさん(ダスキン19期生)のレポートを紹介します。
>ラクシミさん、報告をありがとうございます!

Today, we introduce the report by Ms. Laxmi Nepal in Nepal (19th Duskin trainee).
>Laxmi san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
私は、ネパールとそこで障害者が現在抱えている危機と、私たちが組織的、個人的レベルで行っている活動をお知らせするためにEメールを書いています。
最初に、ネパールの全般的な状況をお話します。私たちはこの50日間ほどロックダウンされています。政府は、このロックダウンをさらに2週間延長しようとしています。(2020年5月19日の時点)こうした事態は、他国では減少しているにも関わらず、残念ながらネパールでは、徐々に増加しています。しかし、一部の国のように最悪の状況というわけではありません。今日までで、386人のウィルス感染と2名の死亡が確認されました。外貨送金や観光が主たる経済資源なので、我が国経済は深い痛手を受けています。障害者がさらに社会から取り残され脆弱化していくことに対し、十分な援助をすることなく、政府はロックダウンを続けようとしています。

地方レベルで隔離が行われている一方で障害者のニーズは考慮されていません。
ロックダウンの間、日雇労働の障害者(小商店経営者、飲食店のウェイターや歌手を含みます)は、職を失いました。既に失業した障害者はさらにひどい状況に置かれています。私たちは、障害者たちから毎日電話を受けます。彼らは、生きるための経済的支援を何も受けていないというのです。NGO、キャンペーンや地方政府からの援助物資として食品を受け取った障害者はいます。しかしながら、例えば薬品等、障害者たちの食品以外の必需品は届けられていません。多くの障害者たちは、家賃を払うことができません。障害者の中には、ロックダウンにより介助を受けられないため、日常生活を送る上で困難に直面している方もいます。

直近の状況に関していえば、ネパールでは、障害者たちに積極的な支援が届けられることはほとんどありません。:
非政府間国際機構により、国営ラジオから公共メッセージが流れます。NGOやネパール政府は、地方レベルでは感染者の隔離体制を作る一方、そのメッセージの中で、障害者の必需品には優先順位をつけるべきであると述べています。障害者協会(訳註:DPOs :Disabled People’s Organizations)は、コロナ危機軽減の企画や行動計画を作り、地方自治体と相談して障害者の必需品を確かなものとするべきです。
NGOと地方自治体は、異なる場所にいる障害者たちへの救援物資として食品を供給してきました。

私の団体が何をしているかというと;
アクセスプラネットは、ロックダウン期間中に、誰も疎外感を感じることがないように、電話やソーシャルメディアを通じて、私たちの会員や受益者たちと定期的に連絡を取っています。
私たちは地方自治体と連携し、障害者たちの位置情報を提供して、援助物資の供給に役立てています。
また、私たちの組織は、様々な団体(障害部門に特化していません。)と連携し障害者に援助物資を供給しています。
さらに、私たちは、オンライン上で国内のみならず国際的な規模で組織化された様々な会合や研修会に積極的に参加し、障害とインクルージョンの問題を提起しています。
加えて、私がロックダウンの時間をどのように活用しているか、という記事がオンラインニュースのポータルサイトで公開されました。そこで、ロックダウン期間中、私のキャリアを強化し、困っている人たちを支援することに、いかに努めているかについて述べました。私は、この危機的状況がもたらした側面のいくつかは、将来の発展のために肯定的なものになるということに焦点を当てています。最近の状況により、「在宅学習」そして「距離を保って仕事をする」という文化が普及し、さらに拡大をみせています。このことが、ロックダウンが終了した後にもアクセシビリティの理由で学校や職場に行くことができなかった障害者たちに、教育や労働の機会を与えることができるという点を、私はこの記事の中で強調しました。この記事は、読者から好評で、108回もシェアされたのです。この記事が、ロックダウンの時間を悲しんだり退屈に思うのではなく、少しでも活用する動機づけになることを願っています。この記事は次のURLで、ネパール語で書かれています。
https://hamrokhabar.com/post/12191?fbclid=IwAR3SW_t14nv8eCBEwpsV29ohzD5ZijcibonV61xl4IX1ten1HID48-RgYuo

Original:
I am sending you email to inform you about the situation of Nepal and
persons with disabilities in the current crisis and the works that we
are conducting from organizational and individual level.

First of all, talking about the general situation of Nepal, we are
currently in lockdown from around last 50 days. The government has
extended lockdown up to 2 more weeks. (as of May 19, 2020)
Although the cases are decreasing in other countries, unfortunately,
it is slowly increasing in Nepal but it hasn’t become worst like some other countries.
Till today, there are 386 identified as virus infected and 2 deaths. Being
foreign remittance and tourism major source of economy, our economy is
badly affected. Government is increasing lockdown without much
assistance to the vulnerable and marginalized population which is
increasing vulnerability of people with disabilities.

The needs of PWDs are not taken into considerations while making
quarantine in the local level.
During the lockdown, PWDs who are daily wages workers including those
who run small shops, those who used to work in restaurants as waiters
and singers, have lost their jobs. The situation of PWDs who were
already unemployed is worse. We receive daily phone calls from PWDs
that they don’t have any other economic support for their survival.
Some PWDs have received food items as relief from NGOs and campaigns
and the local government but however, their other needs such as
medicine, has not been covered. Many PWDs have not been able to pay
the room rent. Some PWDs has faced difficulties in doing their daily
living works since they have not been able to get service from their
personal assistant due to lockdown.

There are few positive works being carried out in Nepal about persons
with disabilities in regards to current situation:
Public service messages are being broadcasted in some national radios
by INGOs, NGOs and Nepal government with the message that the needs of
PWDs should be given priority while establishing quarantine in the
local level and DPOs should be consulted to ensure needs of PWDS by
the local government while making plans and programs on mitigating
corona crisis.
NGOs and local governments have provided food related relief items to
PWDs staying at different locations.

What my organization is doing:
Access Planet is in regular touch with our members and beneficiaries
via phone and social media so that nobody feels isolated during the
time of lockdown.
We are coordinating with local government by providing the data of
PWDS on where they are located for providing relief materials.
Further, our organization is also coordinating with various
organizations (which do not specifically work in disability sector) to
provide relief materials to persons with disabilities.
We are also actively taking part and raising the issue of disability
and inclusion in various meetings and workshops that are being
organized in various online platforms at the national and
international level.
Furtherance to this, my article was published in the online news
portal about how I am utilizing my lockdown time. There I have stated
how I have been keeping myself busy during lockdown strengthening my
career and supporting others in need. In the article, I have focused
that some of the aspects that this crisis situation has brought can be
positive for the future development. There, I have highlighted the
point that in the current situation, the culture of “study from home”
and “distant working” are being popular which can be further expanded
even after lockdown to provide the educational and employment
opportunities to PWDs who cannot go to school or work due to the
accessibility reasons. I received positive response from the readers
and the article has been shared 108 times. I hope it has helped a bit
in motivating the people to utilize their lockdown time rather than
being sad or bored. The article is in Nepali language:
https://hamrokhabar.com/post/12191?fbclid=IwAR3SW_t14nv8eCBEwpsV29ohzD5ZijcibonV61xl4IX1ten1HID48-RgYuo
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント