CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜カンボジア編〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Cambodia〜 | Main | 新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜中国編〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In China〜»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
五十嵐 暁
7/26 オンライン開催:第21期生「成果発表会」 (07/19) ディルショッドです。
さようなら、東京! (06/25) ダスキン招聘事務局
バングラデシュからの便り (03/13) あだち
バングラデシュからの便り (03/11) JSRPD
卒業生初?!キャスター誕生! (11/25)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜フィリピン編(2)〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In the Philippines(2)〜 [2020年06月19日(Fri)]
続いて、フィリピンに住むアイリッシュさん(ダスキン15期生)のレポートを紹介します。
>アイリッシュさん、報告をありがとうございます!

Next, we introduce the report by Ms. Irish Ayesa Mendez in the Philippines (15th Duskin trainee).
>Irish san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
以下は、特別な教育ニーズのある学習者を対象とする授業開始に向けた私たちの準備について書いた記事です。

パンデミック中における特別支援教育:フィリピンがしていること

新型コロナウィルスのパンデミックは、単にグローバルな医療制度だけでなく、教育コミュニティにも大きな課題をもたらしています。繰り返し述べるように、その広がりは最も弱い社会のメンバーがより不利になる私たちのシステムの欠陥を露呈しました。

フィリピンのルソン島の「強化されたコミュニティ検疫(ECQ)」は、教育省(DepEd)にフィリピンの学習者が、たとえ通常の教室にいなくても有意義な学びが得られるようにするための方法を示すよう後押しをしています。しかしながら、クラスでの対面での指導とオンラインでの指導の両方を行うブレンド型ラーニングアプローチは、特別な教育ニーズのある学習者や障害のある学習者にとって挑戦的なことになるかもしれません。障害のある多くの学習者たちは、学習する必要のある概念を完全に理解できるように体系的で明確な指示、ガイダンス、および実際の経験がある教育環境の中で成長します。このように、学習の中核は、直接的な触れ合いと社会的相互作用に大きく依存しています。その他、利用が限られているアクセシブル教材、インターネットへの接続、そして家庭教育を完全にサポートするための親の能力もまた、彼らの教育の成功を妨げる可能性のある要素です。

「強化されたコミュニティ検疫(ECQ)」の開始時に、教師は学習者が自宅でできるオンライン活動を作成するよう促されました。「強化されたコミュニティ検疫(ECQ)」が学年の最終試験日と同じだったため、教師は特別支援教育の学習者にその学期と学年レベルに設定された教育目標に合わせた通常の筆記試験ではなく、代わりの評価活動を行いました。

この夏、私たちは親に教育省(DepEd)を訪問するよう勧めました。子供たちが学んだことを維持し、家にいるときに退屈と落ち着きのなさを回避する追加の活動を提供するのは、学習者と親がさまざまな教育活動やツールを見つけることができるウェブサイトです。教師はまた、新学期の考えられるシナリオに備えるため、特にブレンド型学習と遠隔学習に焦点を当てたオンライン会議やウェビナーに参加することを奨励されました。教育省(DepEd)は、「強化されたコミュニティ検疫(ECQ)」がすぐに解除されない場合、すべての学習者が必ず学校関連の活動に参加できるよう、学校が行えるさまざまな形態について、学習者、教師、親、その他の利害関係者に対する調査も示しました。その調査は、安全性の考慮と参加意欲が教育を機能させる上で大きな役割をもつので、学年を6月に開始すべきか、8月後半に移すべきかを知ることを目的にしました。実施された調査と保健省(DOH)と新興感染症管理に関する省庁間特別委員会(IATF)との継続的な協議に基づいて、以下の可能な解決策が検討されています:
・新型コロナウィルスの予想感染率に基づき、6月から8月までのクラスの開講を移動可能にする。
・対面の教室での指導と同時並行で、オンラインプラットフォーム、ラジオ、テレビを使用する。(ブレンド型学習、マルチモード・アプローチ、遠隔学習)。
・学習者と教師が毎日学校へ行かないときの授業の予定をたてる。
・コミュニティベースの学習と家庭訪問。
・自宅で子どもにどうやって教えるかがわかるような親へのサポート。
・学ぶべき重要な概念を特定し、それに焦点を当て、簡素化するためにカリキュラムを見直す。
・クラスの生徒の人数を減らす。
・教育省(DepEd)のウェブサイトにある教材を利用する。
・特別な教育ニーズのある学習者のための個別指導。
・基本的な教育学習継続計画の発展。

マニラと他の都市の特別教育省(SPED)はまた、一般的な教育カリキュラムに基づいて、特別な教育ニーズを持つ学習者のためのコア・コンピタンスを示すことを計画しています。若い学習者の多くはテクノロジーの知識が限られており、インターネットへのアクセスさえできない場合もあるので、若い学習者のための家での活動も検討されています。私たちの学習者が積極的に参加できる適切なプラットフォームを決定するには、支援技術にアクセス可能な道具とアプリケーションの調査も必要です。一般教育の現場で主流になっている学習者のニーズを伝え、親を指導することも、障害のないクラスメートと平等に参加することを保証するのにきわめて重要です。

新型コロナウィルスに対する国の戦いと特別なニーズのある学習者に対する継続的なサポートにおいて、それらの計画がまだ効果的に示されていないということに留意することは重要なことです。学習に対する創造的なアプローチのほかに、協力することと互いの経験から学ぶことは非常に重要です。それは、教育界においてよく強調されることです。

Original:
Below is an article I have made about our preparations for the coming
opening of classes for learners with special educational needs.

Special Education in the Midst of A Pandemic: What the Philippines Is Doing

The COVID 19 pandemic has brought extraordinary challenges not just to
the global health care system but to the educational community as
well. As repeatedly mentioned, its spread had exposed glitches in our
systems which brought the most vulnerable members of society to a
greater disadvantage.

In the Philippines, the Enhanced Community Quarantine (ECQ) of the
island of Luzon has pushed the Department of Education (DepEd) to come
up with ways in order to enable Filipino learners to still gain
meaningful learning even if they are not within the usual classroom
setting. However, blended learning approach which make use of both
classroom face-to-face meeting and online interactions may prove to be
challenging for learners with special educational needs or those with
disabilities. Many learners with disabilities thrive in educational
settings that provides systematic and explicit instruction, guidance
and actual experiences to be able to fully grasp concepts needed to be
learned. Thus, the core of learning relies heavily in direct contact
and social interaction. Other than that, the limited availability of
accessible materials, internet connectivity and the capabilities of
parents to fully support home schooling are also factors that can
impede their educational success.

During the beginning of the ECQ, teachers were encourage to create
online activities that learners can do at home. Since the ECQ
coincided with the final examination dates of the schoolyear, teachers
gave alternative assessment activities to special education learners
rather than the usual pen and paper exams which are aligned with
educational goals set for that quarter and grade level.

This summer, we encouraged parents to visit DepEd Commons. It is a
website where learners and parents can find various educational
activities and tools to help children retain what they have learned
and give them additional activities that will avoid boredom and
restlessness while stuck at home. Teachers were also encouraged to
participate in online conferences and webinars especially those
focusing on blended and remote learning to better prepare them for the
possible scenarios for the new school year. DepEd also came up with a
survey for learners, teachers, parents and other stakeholders
regarding the different modes that schools can employ to make sure all
learners will be able to participate in school-related activities in
the event that the ECQ will not be immediately lifted. The survey also
aimed to know whether the schoolyear should be opened in June or moved
to a later date in August since safety concerns and willingness to
participate play a major role in making education work. Based on the
conducted survey and continuous consultation with the Department of
Health (DOH) and the Inter-Agency Task Force for the Management of
Emerging Infectious Diseases (IATF), the following possible solutions
are being looked into:
• The possible moving of the opening of classes from June to August
based on the expected rates of infection from COVID 19.
• The use of online platforms, radio and television in tandem with
face-to-face classroom instruction (blended learning, multimodal
approach, distance learning).
• The scheduling of classes where learners and teachers will not
report to school every day.
• Community-based learning and home visitation.
• Support for parents to be able to know how to teach their children at home.
• Revisiting the curriculum to identify important concepts that must
be learned and focused on and simplifying it.
• Lowering the number of students in a class.
• The use of existing learning resource materials on the DepEd website.
• Individualized instruction for learners with special educational needs.
• Development of a Basic Education Learning Continuity Plan.

The Special Education Department (SPED) of Manila and other cities is
also planning to come up with an aligned core competencies for
learners with special educational needs based on the general education
curriculum. Take home activities for younger learners are being
considered as well since many of them have limited knowledge of
technology and may not even have internet access. Surveying on gadgets
and applications that are accessible to assistive technology is also
necessary to determine appropriate platforms where our learners can
actively participate. Communicating needs of learners who are
mainstreamed in the general education setting and coaching parents is
also vital to ensure their equal participation with classmates
without disabilities.

In the country’s fight against COVID 19 and the continuous support for
the education of learners with special needs, it is important to note
that these plans have yet to be proven effective. Collaboration and
learning from one another’s experiences is of great importance along
with a creative approach to learning are what is often emphasized
within the educational community.
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント