CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜ベトナム編〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Vietnam〜 | Main | Postpone an opening application for the 23rd DUSKIN Leadership training/第23期ダスキン障害者リーダーシップ研修応募開始見合わせ»
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
五十嵐 暁
7/26 オンライン開催:第21期生「成果発表会」 (07/19) ディルショッドです。
さようなら、東京! (06/25) ダスキン招聘事務局
バングラデシュからの便り (03/13) あだち
バングラデシュからの便り (03/11) JSRPD
卒業生初?!キャスター誕生! (11/25)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
新型コロナウィルスに関連した各国/地域の障害者情報 〜ネパール編〜 Information about persons with disabilities in each country/region related to COVID-19 〜In Nepal〜 [2020年05月22日(Fri)]
今日は、ネパールに住むアンジャナさん(ダスキン14期生)のレポートを紹介します!現地の様子の写真も送ってくれました。
>アンジャナさん、報告をありがとうございます!

Today, we introduce the report by Ms. Anjana K. C. in Nepal (14th Duskin trainee)! She also sent us some photos about what the place is really like.
>Anjana san, thank you for your report!

---------------------------------------------------------------
原文:
Q1. あなたや あなたのくにの しょうがいしゃは コロナウィルスについて どんなもんだいが ありますか。
私たちの国ネパールでは、しょうがいしゃはコロナウイルスについてみんながいろいろなもんだいをうけています。そのもんだいは、しょうがいしゃのタイプによってちがいますが、だいたいうけてるもんだいは、たべものもらうこと,買い物すること,障害がある人がつかうもの、たとえばおむつ,CIC (導尿)パイプ、カテーテルを買うことできていないです。国はロックダウンされました。今の時間がみんなコロナでこわいですから、心のもんだいもふえています。そして女性しょうがいしゃは、しごとしてるばしょが今しまってるから、住んでいるところもすむこと出来なくて、じっかにかえってもじっかでもとまること出来てないです。かくりされているところでも、バリアのことあまり考えてないです。しゅわのつうやくする人はたりていないです。ひとりぐらしで生活してる人がかいじょしゃをつかうことをできていないです。べつにネパールでかいじょせいどがまだないです。

Q2. そのもんだいを かいけつするために なにを していますか。
もんだいをかいけつするためにsocial ネットワークをつかって書いています。困ってるなかまにlocal government にいいかんけいをつくって、relief ものあげるためにおねがいしてあげています。コロナで気をつけることとか、食べ物のたいせつなつかいかたとか、困ったときだれにれんらくしたらいいか,ロックダウンのときもあいてる店のじょうほうはFacebookにかいてシェアしています。そして、まいにち夕方の4時にせいふからあげるコロナのけっかをアナウンスメントするとき、しゅわでもやっています。

Q3. コロナウィルスで こまっているしょうがいしゃのために サポートするかつどうが ありますか。あれば かんたんに そのかつどうについて おしえてください。
・今までしょうがいしゃでコロナうけたことがないですが、でもコロナウイルスでlockdown なってるからしごとやものを売ることが出来てないしょうがいしゃに赤十字とlocal government でやりとりしてrelief あげています。ネパールにあるCIL, NFDN, DPOs みんながスカイプでかいぎをやって、うけてるもんだいをかいけつするためにやったことをシェアをして、いいアイデアをじぶんのところでもつかってがんばっています。4月13日ひとりしょうがいがあるじょせいは、じっかでもすむばしょがなくてCILにたすけてもらうためにきて、私たちはいろいろなせいふのところに電話かけて、かのじょがとまるばしょをさがしにサポートしました。そして、しかくしょうがいしゃとしんたいしょうがいしゃが、10人しょうがいがある人の家族は 食べ物なくてこまってたから、赤十字からサポートあげるために活動しました。
・サポートする人と団体をさがして、とても困っている30 人障がいがある人にrelief サポートをしました。
・重い障害がある人のけんこう (health) のもんだいが出てきたから、びょういんとかんけいを作って、むりょうでくすりをもらうように活どうをしました。
・Human Right Commission(人権委員会)とけんで活どうしてるしょうがいしゃとZOOMでonline会議をして、障害があるこどもと女性はdomestic violence(家庭内暴力)とsexual abuse(性的虐待)うけないために気をつけることとラジオとテレビでmessageつくるために話しました。
IMG_4639.jpg

IMG_4638.jpg

IMG_4640.jpg

IMG_4637.jpg

Translation:
Q1. What problems related to COVID-19 do you or persons with disabilities in your country have?
In Nepal, persons with disabilities have various problems concerning COVID-19. They depend on the type of disabilities. But, most of these are related to getting foods, shopping, and things persons with disabilities use: for example, we can’t get any diapers, CIC (Clean Intermittent Catheterization) pipe, and catheters. Our country went into lockdown. Since everyone are afraid of COVID-19, mental health problems also increase. And, the workplace of women with disabilities is closed now, so they can’t live there. Even if they go back to their parents’ house, they can’t stay there. Also, it is not taken barriers into consideration in places under quarantine. There are not enough sign language interpreters. People who are living alone can’t receive care from a personal assistant. There is no personal assistance service yet.

Q2. What have you been doing in order to solve these problems?
We use social networks in order to solve the problems. We built a good relationship with local government officials and ask them to provide friends in trouble with a relief. We have written and shared some information on Facebook: for example, what we should be careful with COVID-19, how to use foods carefully, who we should contact in case we are in trouble, which store is open during lockdown. Moreover, when we announce the news regarding a result of the number of people infected with COVID-19 by the government at 4:00 pm every evening, we also convey it by sign language.

Q3. Are there any activities in your community to support persons with disabilities who are in trouble due to COVID-19? If yes, please tell us these activities briefly.
-There are no persons with disabilities infected with COVID-19 so far. However, communicating with Red Cross members and local government officials, we have provided a relief for persons with disabilities who have no job and can’t sell goods because it has been in lockdown due to COVID-19. CIL, NFDN and DPOs in Nepal have held a meeting on Skype. We have shared what we have done in order to solve problems and have referred to them. On 13th April, a woman with disabilities came to CIL to ask for help because she didn’t have any place to stay, even her parents’ house. Therefore, we supported her to look for a place she could stay in by calling various places of the government. Also, ten families whose member is a person with visual impairment or a person with physical disability were in trouble because they had no food. So, we worked to support them by Red Cross.
-There were 30 persons with disabilities in trouble. So, we looked for organizations and those who could support them to provide a relief.
-Since health problems of persons with severe disabilities appeared, we built a relationship with a hospital to enable them to get medicine for free.
-We held an online meeting on Zoom with persons with disabilities who had been working for Human Right Commission and prefectural government. We discussed to make and spread messages about what children and women with disabilities would be careful not to suffer domestic violence and sexual abuse through radio and TV.
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント