CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«継続的な活動が社会を変える(ガルーさん/インドネシア) | Main | 21期生、東京での研修スタート!(続き)»
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
21期生、東京での研修スタート! [2019年10月04日(Fri)]
ご報告が遅くなりましたが、ダスキン21期生たち4人は無事に東京に到着し、戸山サンライズでの生活、また日本語・日本手話の研修がスタートしました。
先日、研修生ひとりずつが自己紹介と日本で学びたいことをそれぞれ発表しました。簡単ですがご紹介します。
IMG_0200.JPG

まずはヒョウさん。ヒョウさんは脳性まひという障害です。子どもの頃から外へ出かけたり、旅行へ行ったりとアクティブに行動していたそうです。また大学院にも進学し、マレーシアでの生活も経験し、特に障害者のアクセシビリティについて学びました。
日本ではユニバーサル・デザインや障害者団体の活動、知的障害がある方への教育、就労支援について研修したいとのことでした。
IMG_0356 (1024x768).jpg

次はアンジュさん。アンジュさんは14歳のときに木から落下して脊髄を損傷しました。生活が一変し、辛い時期もありましたが、障害をもつ女性リーダーとの出会いが人生を変えたそうです。
その女性はダスキン卒業生のアンジャナさん。彼女と一緒にさらに活発に活動したいと、日本では自立生活センターや障害者福祉システムについて学びたいとのことでした。
IMG_0350.JPG

あと2人の研修生は次のブログでご紹介します。
なお、研修生のプロフィールはこちらのサイトからもご覧いただけます。
https://www.normanet.ne.jp/~duskin/trainee/index.html
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント