CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
最新記事
最新コメント
五十嵐 暁
7/26 オンライン開催:第21期生「成果発表会」 (07/19) ディルショッドです。
さようなら、東京! (06/25) ダスキン招聘事務局
バングラデシュからの便り (03/13) あだち
バングラデシュからの便り (03/11) JSRPD
卒業生初?!キャスター誕生! (11/25)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール

ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成さんの画像
ダスキンアジア太平洋障害者リーダー育成
プロフィール
ブログ
月別アーカイブ
ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業の招聘事務局です。
日々の出来事や卒業生の動向などを載せていきます。
日々と言いつつ、更新はゆったりめですが、ご容赦を・・・
現在来日中の研修生紹介はこちら!
キャリアデーに参加(アリさんより) [2021年09月14日(Tue)]
サモアのアリさん(21期生)から活動報告が届きました!

先日、Samoa JICA Alumni Association (SJAA)主催の
「キャリアデー」に参加し、サモアの学生さんたちに
日本で学んだことや経験について話したそうです。
点字タイプライターやダスキン研修で作った白杖、
視覚障害の方が使う様々なグッズも紹介しています。

jica18.jpg

「啓発のためにがんばっています!」と、
アリさんの元気な声が聞こえてきそうですね。

jica16.jpg

-------------------------------------
先週の9月10日金曜日、私はJICA同窓会のキャリアデーに参加することができました。
この日は、サモア全土の18の小学校と中学校が一堂に会し、サモアのさまざまな政府省庁、企業、非営利団体が実施する重要な仕事について学びました。これにより、学生は将来のキャリアパスについて学ぶことができます。

サモアにある日本大使館の啓発ブースに招待され、ダスキンのリーダーシップ研修プログラムでの日本での経験について学生と交流したり話したりすることができました。また、学生に次のような基本的な日本語の言い回しを紹介することもできました。日本語で自己紹介する方法と日本についてのいくつかの興味深い事実。
また、日本から入手できた、目の見えない人が利用する資料の啓発展示や点字の基礎情報をまとめることができました。
公式の挨拶の中で、寺澤元一日本大使は参加者全員に私を紹介してくれました。また、彼は私の日本語にとても感銘を受けており、学生が基本的な日本語を学びたいのなら、私に尋ねるべきだと言いました。
とてもびっくりした。
また、ダスキンプログラムに関するいくつかの意識向上資料を紹介しました。
日本大使館のスタッフは、目の不自由な人や視覚障害のある人たちがこのような資料を見るのは初めてだったので、その資料に非常に驚いていました。
日本大使はまた、JICAの上級日本人スタッフを紹介してくれました。そうすることで私の目標のいくつかを達成するのに役立つので、彼にとても感謝しています。
また、JICAの同窓会会長とお話を伺いましたが、サモアで初めてのイベントであるため、今後も毎年このキャリアデーイベントを開催する予定であるとのことでした。
この素晴らしい啓発の機会を与えてくれた寺澤大使、日本大使館のスタッフ、そしてサモア・ジカ同窓会に心から感謝します。
-------------------------------------

【参考】以下のfacebookにも紹介されています。
Embassy of Japan in Samoa(在サモア日本国大使館)
https://www.facebook.com/eojsamoa/
好きなもの、紹介したいものは? [2021年08月17日(Tue)]
ダスキン22期生と研修課スタッフ、そして愛の輪基金の方にも参加頂き、
オンラインミーティングを行いました。

今回はミーティングの中で「Show&Tell」というアクティビティをしました。
「Show&Tell」は自分の好きなもの、紹介したいものを見せながら説明します。
今回はひとり30秒の持ち時間で、みんな日本語・日本手話での発表にトライしました!

ジャスミン.png
ジャスミンさんは、かわいい愛犬!

ゾー.png
ゾーさんは塩味のインスタントヌードル!

ウィ.png
ウィさんはイケメンのマンガ!

カビンダ.png
カビンダさんは読書好きなので本を!

ウェン.png
そして、ウェンさんはパパイヤサラダ!

どの研修生も日本語・日本手話で分かりやすく発表してくれ、
新しい発見やそれぞれの好みが分かり、とても楽しかったです!
去年11月から続けている語学研修のおかげで、
確実に日本語・日本手話のスキルがアップしていましたね!

2021-08-16 (11) (800x533).jpg

研修生のみなさんが来日した時には、日本のおいしいもの、
おもしろいもの、きれいなところなど、たくさん紹介したいと思います!
ヴァシコルさん、クリシュナさん、受賞おめでとう! [2021年08月04日(Wed)]
バングラデシュのヴァシコルさん(4期生)とネパールのクリシュナさん(6期生)が
The 2021 D-30 Disability Impact List(2021年D-30 障害者インパクトリスト)の
受賞者に見事選ばれましたぴかぴか(新しい)
このD-30 Disability Impact Listは、推薦と選考を通じて、世界中で最も影響力のある
コミュニティメンバーのユニークな功績を称えるものです。
2年目となる今年は、世界中で活躍する125人以上の素晴らしい障害者リーダーに対し、
約300件の推薦があり、選考を経て30名の方々が選ばれました。
ヴァシコルさん、クリシュナさん、おめでとうございます!
今後の活躍も楽しみにしておりますわーい(嬉しい顔)

【参考】
The 2021 D-30 Disability Impact List:https://mydiversability.com/2021-d30
-ヴァシコルさん:https://mydiversability.com/d30-2021-honorees/vashkar-bhattacharjee
-クリシュナさん:https://mydiversability.com/d30-2021-honorees/Krishna%20Gautam

<ヴァシコルさんより>
Please know that I did not achieve this on my own. It is you, whose support made this possible and therefore, I am expressing my sincere gratitude to you for everything.
今回の受賞は、私一人の力で成し遂げたものではありません。これを可能にしてくれたのは、皆様のご支援であり、心から感謝しています。

<クリシュナさんより>
I would like to say proudly that this all happened because of Duskin and your support. I am expressing my sincere gratitude to you for everything. And always looking forward your valuable support, suggestions and feedback.
このような賞をいただけたのは、ダスキンと皆様のご支援のおかげだと誇りをもって言いたいです。心から感謝しています。いつも皆様からの貴重なご支援、ご提案、ご意見を楽しみにしております。
コロナ禍のネパールでの活動(アンジャナさんより) [2021年07月23日(Fri)]
アンジャナさん(14期生)からレポートが届きました!
ネパールのポカラ自立生活センターによる活動報告です。
コロナ禍でもオンラインでの研修やアドボカシー活動など、
精力的に取り組んでいます。
みなさまもぜひご一読くださいぴかぴか(新しい)

日本語:https://www.normanet.ne.jp/~duskin/alumni-news/activity-report/no14/person5/010.html

English:https://www.normanet.ne.jp/~duskin/english/alumni-news/activity-report/no14/person5/008.html
ケサブさん、オンラインでのスピーチ! [2021年07月05日(Mon)]
6月30日、慶應義塾大学国際関係会AIMプロジェクトという、
国際交流プログラムのひとつとして、ケサブ・タパさん(18期生)が、
オンラインでネパールの障害者の生活状況や問題、
卓球やバスケットボールなどの車いすスポーツ、
そして日本での研修のことを写真を交えて話してくれました。

2021-06-30 (1) (1024x683).jpg

参加者から「日本で一番、刺激的な体験は何でしたか?」との質問に、
「カラオケです!朝まで歌いました〜」と話してくれましたが、
それ以外もスキー研修や車いす制作、仲間づくりなどなど、
どれもすばらしい経験ですと教えてくれました。

2021-06-30 (2)re.png

ケサブさん、今回のパラリンピック出場は残念ながら叶いませんでしたが、
次回の出場を期待しています!障害者の活動もがんばってくださーい!
ネットワーク、拡大中(サモア:アリさんの報告) [2021年07月02日(Fri)]
サモアのアリさんから報告が届きました。
約1か月前、サモアに住む日本人の方々と
夕食会をともにしたそうです。
「趣味はネットワーキングです」と語っていたアリさん。
自国でも、そのネットワークを拡大中です!

ーーー
昨日、私はサモアに住んでいる日本人と一緒に
夕食会に参加しました。
日本語を話し、新しい日本語の単語や表現を学び続けることができ、
同時に私の国サモアとその人々について
非公式に楽しい方法で話すことができる機会に非常に感謝しています。
また、東京でホストファミリーと一緒に滞在したときの
日本でのホームステイの経験についても話しました。
彼らは私にとても親切で、日本について多くのことを教えられるように
最善を尽くてくれました。
また、株式会社ダスキンについても話しました。
国際障害者年として世界で祝われた1981年以来、
同社が社会的責任の一部として障害者を重視している理由についても説明しました。
また、昨日、この非公式の夕食会に参加してくださった
サモアの日本大使である寺澤大使にもお会いできたことに感謝いたします..
去年の10月に日本から来てくれた日本人の一人ともまた会えてとても嬉しかったです。
コロナ禍の、このような困難な時期に海外で働くことは難しいに違いありません。
神様のお恵みがありますように。
ーーー
yushokukai.jpg
夕食会に参加してくださった方々と記念撮影。
アリさん、研修キットとしてダスキン愛の輪基金からいただいたリュックを
帰国後も愛用しているんですね!
22期研修生、オンラインミーティング! [2021年06月25日(Fri)]
コロナ禍により来日できないでいる22期研修生たちと、
リハ協研修課スタッフとでオンラインミーティングを行いました。
左上からジャスミンさん、ウェンさん、ゾーさん、
下左がカビンダさん、そしてウイさんです。

2021-06-24 (22) (1280x853).jpg

今回はお互いのことをもっと知ろう!というコンセプトのものと、
「サインネーム」を取り上げました。みなさんはサインネームご存知ですか?
サインネームはその人のニックネームを簡単な手話で表すもので、
聴覚障害の人たちと話すときに使います。
サインネームには意味があり、その人の名前のイニシャル、
名前の意味、特技や特徴、趣味などから作ります。

2021-06-24 (18) (1280x853).jpg

ミーティングではウイさんとカヴィンダさんのサインネームを教えてもらい、
なぜそのサインネームですか?誰が作りましたか?など質問しました。
そしてみんなでサインネームを覚えました!
ジャスミンさんにはゾーさん、ウェンさんが言葉で説明してくれ、
またジャスミンさんの姪っこさんが助っ人に!

2021-06-24 (11) (1280x853).jpg

予定では、ジャスミンさん、ゾーさん、ウェンさんの、
サインネームも作ろうと思ったのですが、
時間がなかったので次回に持ち越しとなりました。
どんなサインネームができるか楽しみです!

2021-06-24 (19) (1280x853).jpg
サモア国立大学でのスピーチ(サモア:アリさんの報告) [2021年06月02日(Wed)]
5月27日に、私は サモア国立大学で日本について話しました。
写真とレポートを送ります。

大学生にとって、日本についてもっと学び、
日本政府奨学金プログラムを卒業した人の一人から話を聞く機会となりました。
ルテルタウバレ氏は気象学の博士号を取得して卒業し、
現在はサモア気象学部で働いています。

昨年11月2日にオーストラリアからここに到着したチャーター帰国便で
私と一緒に戻ってきたルテル氏は、留学中の日本での経験について話し、
学生たちに有益なアドバイスをしました。
彼はまた、日本は多くの重要かつ有用な方法で非常に先進国であり、
日本は世界に多大な貢献をしてきたという事実についても話しました。
また、ルテルさんにまたお会いできてとても嬉しかったです。
日本からオーストラリア、そしてサモアまでの旅を思い出しました。

私が話したとき、私は学生たちに、日本政府の支援を受けて建設された新設の橋が
好きかどうか尋ねました。
字幕を読んでアニメを見たり、日本語を勉強したりするのが
好きな人はいないかと聞いてみました。
彼らは皆、熱意をもって「はい」と答えました。
橋とアニメは、日本製のインフラとコンセプトのほんの一例です。
サモアで最近の学部生の奨学金の条件の一つは、
すべての科目が日本語で教えられるので、
日本語を学ばなければならないということであるため、
日本語を学んだ私の経験とその重要性について話すように頼まれました。
サモア国立大学では、地域や大学生向けの日本語プログラムを実施しているので、
日本に行く前に、基本的な日本語の発音や簡単な言い回しや単語を学ぶことができて、
とてもありがたかったです。
ミネルバ・タアバオさんが教えてくれました。
また、私は障害者のためのプログラムである「ダスキン研修」についても
少し話しました。
私は日本政府奨学金とは別のプログラムで日本に行ったのですが、
基本的な日本語の研修を受けることで、日本社会に溶け込みやすくなると話しました。

また、サモア語と日本語や文化の類似点についても話しました。
たとえば、サモア語には丁寧な表現や丁寧な言葉があります。
日本語は同じです。
サモアと日本には独自の文化があり、
家族や尊敬の重要性などの価値観を共有しており、重要な祭りも祝います。
私たちサモア人は私たちにとって非常に重要なクリスマスを祝いますが、
日本人はお正月や他の文化祭を祝います。
また、日本人にとって時間の確保の重要性と国際協力、
報・連・相の概念についても話しました。

日本の大使は、日本政府が資金提供する新設の学校を開校する際に、
常にサモア語を話します。
それは本当に素晴らしいことです。

また、1月の初めにスキーに行ったり、日本の四季を楽しんだりするなど、
良い休日の経験について話しました。

また、日本の大学を卒業し、私のように日本を愛している
兄弟のような親愛なる友人に会えてとてもうれしかったです。
日本大使館にとっても感謝しております。
寺沢大使と大使館のスタッフは、ここサモアで
日本という美しい国を宣伝する素晴らしい機会を与えてくれました。

コロナウイルスの状況が改善する日が来ると、
日本で勉強するサモアからの留学生が
より多く誕生するよう心から願っています。

nus students2.jpg
右から二人目がアリさん。
手には点字で書かれた発表原稿をもって登壇しています。
政策文書の点訳校正(サモア:アリさんの報告) [2021年06月01日(Tue)]
サモアのアリさんから活動報告が届きました!

proofreading1.jpg

私が点字の校正をしている政府の政策文書の写真を
いくつか共有したいと思います。
この点字文書は、サモア視覚障害者協会の点字制作センターによって
点字に翻訳され、校正を手伝ってもらえないかと尋ねられました。
私が現在校正しているこの文書は、サモアの国家障害政策です。
これはこれまでに作成された2番目の国家政策であり、
来週の金曜日に開始されます。
私が日本にいる間、ダスキンの研修生に知らせたように、
サモアにはまだ障害者のために特別に議会で可決される法律がありません。
しかし、障害者を扱う主要な省である女性、地域社会開発省は、
全国的に採用されることになっているこれらの政策を考案する責任があります。
校正を始めたばかりですが、発売日までに終了できることを願っており、
このポリシーに何か面白いことがあることを願っています。
私たちは、障害者の権利擁護者として、
最終的に選挙に公正に勝つ政党で構成される新政府が
実際に次のレベルに移行し、政策よりもはるかに優れた実際の障害者法を
準備することを望んでいます。

proofreading2.jpg
ヒョウさん、金賞おめでとう! [2021年05月24日(Mon)]
先月ベトナムに帰国したヒョウさんですが、
去年応募した『第35回障害者による写真全国コンテスト』で
見事、入賞を果たしました!

しかも、なんと!!ぴかぴか(新しい)金賞ぴかぴか(新しい)です。すばらしい。

こちらがヒョウ先生の作品、タイトル:「恋」です。
PXL_20210521_061331791~3.jpg

ヒョウさんのお友達の彼が「彼女は私の命。」
と言った瞬間をおさめた写真だそうです。
二人の幸せそうな表情…
見ている私たちも幸せな気持ちになりますよねムード
思わず、”恋ダンス”をおどりたくなります。

入賞作品は、戸山サンライズ1階にて展示中です。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!!

●戸山サンライズのHPはこちら。
https://www.normanet.ne.jp/~ww100006/index.htm

●『第35回障害者による書道・写真全国コンテスト』入賞作品は
以下のページからもご覧になれます。
https://www.normanet.ne.jp/~ww100006/contest/contest.html

| 次へ