CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 災害支援»
〜宮城野事務所園芸部〜 [2019年08月13日(Tue)]
園芸部です!
はい。
お花等育てています。

line_528842816425305.jpg

line_528845757901918.jpg

45号線沿いなので車の風圧があるなか、頑張って咲いてくれています。

line_528839038935566.jpg

みかんを育てています。
これからどのように育っていくか楽しみですね〜るんるん
事務所に植物や緑があると癒されます。
園芸に関わってくれている皆さん、ありがとうございます!
〈よこやま〉
〜研修及び会議〜 [2019年07月23日(Tue)]
本日仙台事務所での研修と会議です。

まずは感染症について。
介助者が感染症の媒介にならないように、感染予防の徹底と対応策を皆で勉強します。
次に身体拘束等の虐待防止。
高齢者、障害者の虐待防止法に係るところの勉強会です。
介護者、事業所の役割を再確認していきます。
3つ目にコミュニケーションについて。
自己覚知。自分を知るということで、じぶんの長所、短所が介護現場でどう反応しているかを考える時間を作りました。
現場での葛藤の際に自分がどう感じるか。それによりどう表現しているかを考えるv良い機会となりました。
1563857686651.jpg
〈よこやま〉
〜会議〜 [2019年07月01日(Mon)]
先月25日は仙台事務所の会議の日でした。
制度についての勉強会を約1時間30分行い、その後休憩を挟んで会議になります。
今回は障がいに係るところの制度についての勉強会です。
障害者総合支援法のできた経緯、居宅介護や重度訪問介護ってなに?
痰の吸引等医療的ケアについて、等々。

当事業所は主に障がいを持つ方への介助者派遣を行っています。
しかしながら、利用者さんも年齢を重ね、65歳を超え介護保険も使うようになる方、また40歳以上の方で介護保険に該当する方は、障害の制度と高齢者の制度を両方使いながら生活する方も多くいます。その他医療保険や各種制度を組み込みながら皆さん生活しています。
我々介助に携わる者は、その知識を介護サービスを利用する方の生活にプラスになるように現在の介護の仕組みを理解しなければなりません。
その利用者さんがどのような介護サービスを受けれるのか。その情報は正しいのか理解するために、頻繁にに変化する制度について、皆で勉強会を行っています。
1561957756345.jpg

次回勉強会は生活保護や地域独自の介護制度を行います。
今後とも皆で知識の共有や自己研鑽を深めていきます。
〈よこやま〉

〜花壇部通信〜 [2019年06月06日(Thu)]
宮城野事務所の花壇に咲いたバラ

KIMG00401.JPG


そしてひまわりが咲くのを皆心待ちにしています

KIMG0041.JPG

お花が咲いて、道行く人の憩いになれば嬉しいです〜
〈よこやま〉
〜定例会議〜 [2019年05月24日(Fri)]
先日の定例会議の様子です。

今月は17日と23日に会議が行われました。
24時間のシフト制で現場は動いているため、一度に全員が集まることが難しいことから、月に2回会議の日を設け、それでも参加できないヘルパーさんは後日個別対応で会議をしています。

1558677652376.jpg
(利用者さんの車いす変更に伴い、利用者さんの許可を得たうえで新しい車いすの使用方法を皆で学んでいる様子)

〈よこやま〉
〜令和〜 [2019年05月07日(Tue)]
平成→令和へと年号がかわりました。
平成19年に当法人が設立し、12年目に元号をまたぎ、これを新たな節目として現在行っている事業を今後も継続していきます。
今後ともNPO法人ドリーム・ゲートをよろしくお願い致します。

29076e0d207f61737a518d9e0f45e0be_s.jpg
〈よこやま〉


〜これが俺の生き方だ!〜 [2019年03月29日(Fri)]
昨日当事業所を利用する利用者さんと、その利用者さんに関わる介助者、関わらない介助者も含めてお話を、利用者さんからの提案によりしていただきました。

題名は「幼少期から老後の私へ!〜これが俺の生き方だ!〜」

話は、生い立ちから地域で生活する理由、現在の介助制度や介助に関わる人たちへ考えてほしいことなどなど。

利用者さんの自分の思い、考え方を伝えたい!との思いから提案いただいた時間です。

昨日13時から始まり、16時近くまで約3時間ほど。

ご本人の思いや考え方を聴き、介助者も皆質問や自分の思いなどを話す。
そんなとても有意義な時間となりました。

1553831657696.jpg

介助者を派遣している事業所として、その方にこの先10年20年と関わる上でどのような考え方を皆で共有していけばよいのかの教訓になります。
また、24時間介助等の長時間介助を受けている方に、友達ではなく介助者として長い年月関わっていくためにはどのように考えて関わる必要があるかといった宿題がだされたように思いました。


普段の生活では考えないようなことも、こういった機会があることで考える時間になります。
昨日のお話の中で、長時間自分のことをさらけ出してお話しする利用者さんの姿に覚悟を感じたからです。
長時間介助を受ける人、担う人は、時にはばかなことを話し、笑い、時にはお互いの主張がぶつかり変な空気のまま長時間を共有するパートナーです。
人の生活に完全に関わる介助という仕事と、他人が自分のプライベートな空間にいる生活を続ける利用者さんとのお互いのベースの違いを感じ、今後の自分の介助者像とは?という問題を考えながら、こんな会議を続けていきたいと思った時間でした。
Oさん、昨日はありがとうございました!
〈よこやま〉

来年度の準備 その1 [2019年03月25日(Mon)]
こんばんわっ!

来年度の研修のために、ホワイトボードを購入しました。

夕方、介助が終わったスタッフが集まり、組み立て開始。
ホワイトボード 2.jpeg


みんなであーでもなこーでもないといいながら。 話が脱線を繰り返しながら

ものの30分で組み立てしゅーりょー!!

ホワイトボード.jpeg

その後、落書き大会がはじまり。

最後は中田さんの講義がはじまって、

みんな聞いて納得してました。

〜平成31年〜 [2019年01月07日(Mon)]
あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって幸ある年でありますようお祈りいたします。

最近巷ではインフルエンザが猛威を振るっています。
咳風邪も流行っているようです。
これから冬本番で寒さも厳しくなるので、皆さま体を暖かくしてご自愛ください。
〈よこやま〉
今年も大変お世話になりました。 [2018年12月28日(Fri)]
今日28日は仕事納めです。

事務所の営業は来年1月3日までお休みになります。
(介護サービスは365日稼働しています)

今年も関わっていただいたすべての方に、感謝申し上げます。

良い年越しを迎えられますようお祈り申し上げます。


ドリーム・ゲート一同