CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 災害支援»
インタビュー!!! [2021年06月25日(Fri)]
こんにちは!
19日、気象庁は東北地方の梅雨入り雨が発表され安定しないジメジメとしたお天気が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしたか?
気圧の変化もあって、体調不良に悩まされやすい時期でもあるのでくれぐれも体調管理に気を付けてくださいねわーい(嬉しい顔)

さて!今回は、4月の通信に『今年の抱負』を掲載しましたが…社員の方だけだったので
宮城野のパートさん達にインタビューカラオケしました❣❣❣

・運動不足解消exclamation×2

・神経質にならず 心に余裕をもつ黒ハート

・ダイエットするなら今でしょ!
 なかなか減らない体重…体重計とにらめっこ…?運動を心掛けるも継続ならずもうやだ〜(悲しい顔)今年は、自分に厳しく頑張るぞ〜❣❣❣

・早寝早起きるんるん毎朝、新聞を読むノート2(開)

・腕力の強化力こぶ

皆さん、健康意識が高い!!心身共に健康を保つのって簡単そうで難しいですもんね!
さいとうは、ストレスが溜まると…暴食に走りがちなのであせあせ(飛び散る汗)スポーツや読書…?等健康かつ何か得られる事に変換出来るようにしたいものです
それでは!また、次の投稿で〜わーい(嬉しい顔)宮城野事務所のさいとうでした八分音符
2021植物 [2021年05月14日(Fri)]
21021年のドリーム・ゲート園芸部活動遅くなりましたが。。。
始動しました。

ニンジンと二十日大根、四つ葉のクローバーとヒマワリのタネを植えました。

ちゃんと芽が出ますように…

たなか
新年度がスタートしました!! [2021年04月01日(Thu)]
こんにちは!
最近は、暖かい日が続いて春になったんだな〜花見(さくら)とほのぼのとしてるうちに…
今日から新年度が始まりました!!
まだまだ、コロナが収まる気配はない状況ですが…あせあせ(飛び散る汗)
今年度は、オリンピックもありますし!!明るい話題が多い1年になれば良いな〜と思います!

さて、今回は散歩の時に見つけた春のお届けをしたいと思います!

IMG_2383 ブログ用.JPG

これは、多賀城駅前にある枝垂桜です!とっても綺麗!!満開までもう少しかな?
次は、変わり種を・・・

IMG_2439 ブログ用.JPG

うみの杜水族館での桜と魚の展示です!
実物は、波の動きと光が幻想的なんですよ!!

以前のように、また事務所でお花見したりが恋しいですね(´;ω;`)
コロナが収束したら、イベントが開催出来ると良いな〜と思う今日この頃です花見(さくら)

    宮城野事務所 さいとう でしたにこにこ
今日は何の日? [2021年02月20日(Sat)]
皆さんこんにちわ。
先週は、夜中にM7.1の地震があり、その後も余震が続くなか気持ち落ち着かない日が続いて
いるかと思います。今後、大きな地震が来ない事が一番ですが…もしもに備えての準備が大事なのだな。と改めて実感させられる出来事でした。

さて、昨日は二十四節季のW雨水Wでした。
立春から雨水へと変わり、寒さも和らいで、降る雪は雨へと変わり、深く積もった雪も解け始め
雪解け水が大地や田畑を潤し、川や湖に張っていた氷も水に戻り
ようやく春の足音が聞こえ始める。と言われています。

と言われても…まだまだ、東北は風は冷たいし、寒いのが現実ですね。
春が訪れるまでには、もう少し掛かりますが…
残りの冬を堪能しつくしましょう!

宮城野事務所 さいとう でした!
遅くなりましたが… [2021年01月27日(Wed)]
1月もあっという間に27日になりましたが、皆様いかがお過ごしでしたか?
今月20日(水)は、二十四節季の大寒でした。まさに「寒さの底」となる日が続きましたね!
ここ最近では、大寒が過ぎたからか?春に向けて少しづつ日射しが日増しに強くなってきたように
感じますが…日射しが増しても寒い日はまだ続きます。お体大切になさってくださいね。

遅くなってしまいましたが…ブログを通じて少しでも明るい話題をお届け出来るよう頑張りますので
今年もよろしくお願いします。
         宮城野事務所 さいとう でした!


年の瀬ですね。 [2020年12月03日(Thu)]
年の瀬を迎え、寒さも厳しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
NPO法人ドリーム・ゲートでも事業者さんに床掃除をお願いしたり、感染予防の備品を整理したり、年末年始の予定を組んだりと慌ただしい日々が続いています。

さて、最近コロナウィルスが宮城県でも猛威を振るっています。
当事業所でも感染症対策として、常時マスク着用、研修でのインターネット活用、デスク周りに飛沫飛散防止用アクリル板を設置、空気清浄機を増設し換気扇を常時回したり、手指アルコール消毒の実施等、また埃の飛散が少ないように就業時と終業時にアルコールでドアノブや取っ手、机の拭き取りを行っています。
介助者さんや事務員さんの各々毎日の体温測定や体調確認。
介護を受ける利用者さん毎の感染マニュアルの作成など。

会議もオンラインで行い、直接従業者皆が集まっての会議は久しくしていない状況です。
今は感染防止が優先のため暫くはできませんが、やはり皆が集まっての食事会や会議など、皆で顔を直接合わせる機会を早く持ちたい!雑談したい!と思う今日この頃です。

このコロナ禍を乗り切り、また通常の会議や食事会等ができるように、ドリーム・ゲートに関わる皆さんで感染予防を意識して取り組んでいきましょう。
〈よこやま〉
美化推進係より [2020年06月09日(Tue)]
先日仙台事務所の花壇にお花を植えましたよ^^

1591671873758_R.jpg
1591671868299_R.jpg
1591671878926_R.jpg

45号線を往来する方々に少しでも癒やしを感じてもらえたら嬉しいです。

1591671903105_R.jpg
1591671907939_R.jpg

事務所にも
1591671913162_R.jpg
1591671858014_R.jpg

お花の準備から花植まで対応していただいたスタッフの皆さん、ありがとうございます!
他者から簡単な作業に見えるものでも、いざ行うときには相応の労力や時間が必要になります。
行おうとする意識や行動に感謝です。


さて当事業所では感染症対策として、なるべく3密にならないように会議等はオンラインを使い対応している今日この頃。
ZOOMというミーティングツールを使用し、新型コロナ関連の収束後も活用できるのではとシステム化を模索しています。

感染症対策の徹底等により、事業所の運営方法も変化していきます。
介護サービスを利用する方への安定したヘルパー派遣を行うため、皆で考えていきましょう。
〈よこやま〉




〜研修・会議〜 [2020年03月05日(Thu)]
仙台支店の先日の研修と会議の様子です。

1583418718659.jpg

こちらは車椅子の扱い方について。
車椅子には各々ステップやグリップなどの名称がありますが、普段は使いません。
利用者さんに、「ステップに足を乗せてください」とはいいません。
「この台に足をのせてください」などと言います。
相手に自分の言葉が伝わっているか、専門用語を多用していないか。
言葉が自分本位になっていないか。
相手との関係は、相手がどう感じるかを考えることから始まります。

また、車椅子で道を進むとき、2段、3段の階段の上り方や下り方をどのように進むかの練習もしました。
安全に道を通るのが前提ですが、遠出の外出先では階段の上り下りもあるかもしれません。
その際車椅子で安全に階段を上下するためには、周りにいる一般の歩行者に声をかけ、複数で上下することや、介助者1人の場合はどのように段差を上下するかの事例も交え実技しました。

〈よこやま〉
〜食事会〜 [2020年03月05日(Thu)]
時折事務所にお顔を見せてくれるKさん。
その際事務所にいるスタッフにおやつを作ってくれます。
 先日は
1583418648974.jpg

差し入れをいただくと、慌ただしい事務所の雰囲気がゆったりとなり、皆の気持ちが解れるような感覚になります。
1583418657533.jpg

1583418666871.jpg

いつも差し入れありがとう。
お腹が満たされるだけではなく、事務所の雰囲気も良くなります。
感謝
〈よこやま〉
仙台支店 研修・会議 [2020年02月01日(Sat)]
1/31(金)は研修と会議を行いました。
所属全員とはいかないまでも、10名の職員が集まり、所狭しと席を準備。

1580565577116.jpg

研修内容は制度について。
障害福祉サービスの重度訪問介護・居宅介護や介護保険の訪問介護に係るところの勉強会を行いました。
特に制度改正があった重度訪問介護や、医療的ケア、その他介護者ができることできないこと。
グレーゾーンの考え方。
我々ヘルパーができること、できないことの判断は、政省令などの法令に基づく解釈が必要になります。
それは事業をするうえでの指定権者である県や市の担当者に尋ねるということではなく、自分たちで法令等を勉強し、そこからできるできない、そして当事業所としてどう解釈していくかが必要になります。

基本的に人の生活は何時から何時は・・をする。何時から何時は家事をするなんて他者に決められたくありません。
「何時にトイレに行ってください」なんていうことも決められたくありません。
自分がもし生活する中でそんなことを決められたらストレスがたまって我慢ができません。
介護サービスを使う利用者さんは、普通のあたりまえの生活をするために介護者が必要であり、その介護サービスを使うことで逆にストレスがたまるような生活になってしまっては介護制度が作られた意味がなくなってしまいます。

その視点と、法令解釈と、制度で使えないなら自費サービスと社会資源と。
そういうことを網羅して介護者は勉強していくことが望まれるため、これからも利用者さん、自分たちのために日々精進していきたい、、、、と思う今日この頃です。
〈よこやま〉
| 次へ