CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
札幌市北区・東区でのどろんこクラブの活動記録・イベントの紹介などをお知らせしていきます。
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
S太朗
今年も (01/16) S太朗
今年も (12/06) S太朗
大変ご無沙汰しましたー!!;; (06/22) 加藤桃香
親子バーベキュー! (09/18) 夜逃げ屋札幌
☆もうすぐ始まる☆ (06/27) S太朗の母
(感動で)ふるえるぞハート。(肌が)燃えつきるほどヒート。 (06/06) 加藤桃か
陶芸展のお知らせ (03/12) 佐々木
プチ!なだれ・・・ (02/28) Rママ
プチ!なだれ・・・ (02/27) S太朗の母
風林火山 (02/24)
ボランティアさん体験記 [2010年04月05日(Mon)]
松尾 悠さん【北海道大学経済学部卒】

私がどろんこに初めて来たのは大学1年の冬でした。とりわけ保育や福祉に興味がなく、なんとなくどろんこに参加した私が、今もなお、どろんこで子ども達と遊んでいるのは不思議な感じがします。
とにかく最初のころはどうやって子どもと遊んでいいのか分からず、戸惑うことのほうが多かったことを覚えています。
しかし、回数を重ねるにつれ、子どもたちのことが少しずつ分かってきて、子ども達も私のことを覚えてくれて、だんだんコミュニケーションがとれるようになりました。

そのころからどろんこの活動がやみつきになり、社会人になった今でも頑張って参加しています。
どろんこで子どもと遊ぶようになって3年たちますが、3年たった今でも失敗したり、戸惑ったり悩んだりすることがあります。
それだけ子どもと遊ぶということは奥が深く、だから「頑張ろう!」と思って参加しているのだと思います。
このホームページを見て、興味を持った方がいれば、積極的に参加してくれると嬉しいです。

Posted by ユース at 17:28
ボランティアさん体験記 [2010年04月05日(Mon)]
斉藤 玲華さん【藤女子大学保育学部卒】

私が初めてどろんこクラブに来たのは、大学3年の6月頃でした。子どもと遊ぶのも、体を動かすのも大好きで、もちろん、どろんこクラブがすぐに大好きになりました。

"障がいがあるから遊ぶのが難しい…"なんて思っている方が多いかもしれませんが、難しい遊びなんてそうそうあるもんではありません。遊ぶってことは1人では楽しめないので、誰と遊ぶにしても、「自分が楽しむ」ことも忘れてはいけないと思います。子どもの友達が1人でも増えたらなと思います。

働き出すと学生の頃の自由な時間がとても懐かしく、どろんこクラブで楽しい時間を過ごせたことは宝物です。少しでも多くの人にこんな思いを実感してもらえたらと思うので、ステキな時間を過ごしたい方は、ぜひぜひ、どろんこクラブへ足を運んでみて下さい!!

Posted by ユース at 17:27
ボランティアさん体験記 [2010年04月05日(Mon)]
岩城 絵美さん【札幌こども.com専門学校卒】

私が、どろんこの子ども達に出会ったのは専門学校1年生の5月でした。
初めて障がいのある子どもと接するということで不安だった記憶が…。でも、不安なのは初めのうちだけ!来てみると、おもしろく優しいスタッフさん、違う学校に通う同じ夢を持つボランティアさん、そして可愛い子ども達が待っていました。
初めて担当した子は自分より体の大きい男の子!伝えたいこともわかってあげられず、うまく遊びに誘うことも出来ず…どうしようかと思ってた時、他のボランティアさんが話し掛けると……誘いにものっててすごいな〜〜って感じました☆自分もこうなりたいって思った瞬間です。
時間が経つにつれて子どもとの距離が縮まってとにかく楽しい一時を過ごしました。その時担当した子は、数ヶ月ぶりに遊びに行った時に、シルエット状態で私の名前をあて、連呼してくれたらしい…(笑)

「どろんこは楽しい」って思った私は、学校が休みならとにかくどろんこでボランティア☆
友達と街に行くなら1人でどろんこって位大好きな所でした!

一年生の後期、水曜日は朝から授業が無く1日休み!どろんこに行く日があった。毎週同じ女の子と遊ぶ。挨拶してもスルー…話し掛けてもスルー…
どうしよぅ…だが、時間が解決してくれました。

プレイルームに居る時何気なく玄関近くに居るその子に手を振ると…………ニッコニコ笑顔!手も振ってくれた!すっごぃすっごぃ嬉しかった!
今は会えなくて物足りなさを感じている日々です(笑)

それから本当に色々な子どもを担当をして、色々な経験をした。
普段行かない公園にも行ったしスケートも生まれて初めて経験したのがどろんこでした。

キャンプ行きたかったな…長期休みもっとボランティアしたかったな…と思うことはいっぱいあるけど、どろんこの子ども達やボランティアさん、スタッフさんに出会えて良かったと心から思います☆
ボランティアを通して得た物は経験だけじゃなく、たくさんの仲間です!就活の話しを聞かせてくれたり一緒に旅行行ったり(*^_^*)どろんこで知り合った友達はもぅみんな働いてて連絡もたまにしか取らなくなっちゃったけど、かけがえのない友達です!

私は今、障がい児通園施設で保育士として働いています。個別療育計画を立てたり、評価したり、時には障がいについて学ぶために休みを使って講演会に行ったり。
保育者として療育者としてまだまだ半人前。だけど、どろんこで経験したことを活かして今、日々の療育に励んでます☆

どろんこは可愛い子ども達に会え、楽しみながら、色々な経験が出来、自分の知識にも繋がり、かけがえのない仲間や楽しいスタッフさんに出会える素敵な所です☆
Posted by ユース at 17:26
ボランティアさん体験記 [2010年04月05日(Mon)]
松山 大吾さん【北星学園大学 社会福祉学部卒】         

僕は2年間どろんこクラブにお世話になっています。最初は、障がいを持つ子ども達とあまり関わったことがなく、右も左も分からない状態でした。
でも、自分自身が引かず、子どもの目線に合わせて関わっていけば子ども達もそれに応えてくれるはず!!と思い、今でも「子どもの目線に合わせて子ども達と関わる!」ということをモットーとしてボランティアをしています。
子ども達が笑ってくれたり、「だいごー!」と名前を呼んでくれたり、「ありがとう!また遊んでね♪」と言われると、とても嬉しくなり「来て良かったなぁ〜☆」って思います!

また、ボランティアさんとの交流もとても楽しいです!いつも刺激を受けています!最近ではボランティアさん同士で遊ぶ仲にもなりました(笑)

これだけではあまり伝わらないかも知れませんが、僕にとってどろんこクラブは「自分を一歩二歩成長させてくれ、言葉では表現できない、何か大切な想いを感じられる場所」です!

そんなどろんこクラブが大好きです。
Posted by ユース at 17:18
ボランティアさん体験記 [2010年03月05日(Fri)]
新井 崇臣さん【保育専門総合学校卒 現乗馬クラブインストラクター】

僕が、どろんこクラブに初めて来たのは、専門学校一年の時でした。学校にボランティア募集の案内が来ていたのがきっかけです。

初めは子ども達とコミュニケーションが上手くとれず戸惑いもありましたが、子ども達と遊ぶ時間が増えるにつれて、子ども達の性格が分かってきて、コミュニケーションも少しずつ取れるようになりました。

どろんこクラブの活動も様々なものがあるので、また遊びに行きたいと思わせてくれました。社会人になった現在も、時間が合えばまた行きたいと思う、魅力が詰まった場所だと思います。
Posted by ユース at 17:17
ボランティアさん体験記 [2010年03月05日(Fri)]
及川 さおりさん【社会人】

私が初めてどろんこに行ったのは、大学1年生の冬でした。友達から紹介があり、障がいのある子やボランティアに興味があったので行ってみようと思いました。
思えばどろんことの出会い、スタッフさん達との出会いは今の私にとってとても大きいことを感じています。大学を卒業し就職してからも、休みの日はたまに遊びに行かせてもらっています。

ずっと続けてこられた理由はやっぱり楽しいから☆子ども達が本当に可愛くて、そして本当に面白いから!!
障がいがある子と実際にかかわるという経験は、本当に私の大学生活の中でとても学びになり、何より思い出がたくさんできました!

いろいろな子と出会えた中で、私は一人の女の子との出会いが本当に大きなものでした。
継続してその子の担当にしてくれて、もうそれはそれは沢山のことがありました。だんだんその子のことを理解できてきて自分の関わり方を考えたり、時には失敗することもあったけれど、さすがスタッフさん!!
すぐに助けてくれたり、そして継続して一人の子を見させてもらって、その子の成長もすごく感じられるし、信頼関係も出来てきて心が通じ合ったな♪久々に会った時の成長にも本当に驚かされ、またまた感動してしまいます。
そんな笑いあり涙ありの心に染みる体験ができるどろんこクラブは本当に素敵なところです。

沢山の貴重な体験…この場を借りてどろんこクラブに、スタッフさんに、そして子ども達に、ありがとう★

個性溢れる面白くて可愛い子ども達が待っていますよ♪
Posted by ユース at 17:16
ボランティアさん体験記 [2010年03月05日(Fri)]
大澗 香苗さん【社会人】      

私がどろんこクラブを知ったきっかけは『ボラナビ』でした。
子どもが好きな私はすぐに連絡を取り、初めて行ったのは約3年前の高校生の時で、初めて担当したのはよくしゃべる元気な子でした。
それから何人もの子を担当し、たぶん最初から最近まで担当した子は30人を超えるのではないでしょうか(笑)
私は子ども達と真剣に向き合って接しているところがどろんこクラブの一番良いところだと思います。
今は社会人になり、グループホームで働いていて仕事が休みの日にどろんこに遊びに来ると本当に癒されるんです!
Posted by ユース at 17:12
ボランティアさん体験記 [2010年02月05日(Fri)]
中本 聡美さん【社会人】

どろんこに初参加したのは一年前の冬。ボラナビに掲載されていた、楽しそうな様子に「参加してみたい!」と思ったのがきっかけでした。
最初は子ども達とどのように関わり、遊んでいいのか戸惑いや不安もありましたが、日々子ども達と過ごす中で、子ども達の発言や行動に感心させられたり、頑張る姿に感動したり、スタッフさんの手厚いフォローに助けられながら、今では毎回楽しく参加しています。

一年前に参加した登山では「もうダメだぁ〜」と、リタイア発言を何度もしながらも頑張って登りきり、山頂で二人で飛び跳ねながら喜んでいた時「山の上がどうなっているのか、ずっと楽しみに頑張った!」と言った、誇らしげな笑顔が今でも忘れられません。
私にとっての「どろんこクラブ」は、普段なかなか出来ない経験をさせてくれたり、子ども達から常に何かを気付かせられたり、また参加して子ども達に会いたい!と思わせる、不思議な力を持った癒される存在です。

Posted by ユース at 17:11
ボランティアさん体験記 [2010年02月05日(Fri)]
高橋 菜摘さん【北星学園大学 心理応用コミュニケーション学科 2年】

私がどろんこクラブに来るようになったきっかけは、大学のボランティア実習でした。
去年の秋頃は毎週通ってたんですよー(^^)
最初はどんな風にこども達に接したらいいかわからなくて、自分と遊んで本当に楽しんでくれているかな?と不安にもなることもありました。
でも、知らないうちに慣れてきて(笑)、自分も一緒に遊ぶことをめいっぱい楽しめるようになれました(^^)

子ども達はすっごいかわいいです!まだ一緒に遊んだことのない子もいますが、みんな一人ひとり違っていて、とても魅力的です。どろんこでは、公園で遊んだり、トランポリン跳んだり、そりに乗ってみたり、小さい頃自分もやっていた遊びをしました。
成長して大きくなった今になって、またこうやって遊ぶことができるのはすごく嬉しいし、楽しいです!
小さい頃に帰った気分になれます(^-^)

でも、子ども向けに作られている公園の遊具に頭をぶつけるとき、もう子どもじゃないんだなーとちょっと実感させられます(笑)
最近どろんこに行けていませんが、すごくみんなに会いたいです!!遊びたい!!
Posted by ユース at 17:09
ボランティアさん体験記 [2010年02月05日(Fri)]
高橋 実花さん【武蔵女子短期大学2年】

実をいうと、私は子どもと遊ぶのが得意ではありません。頭が固いし、今まで子どもと遊ぶことがなかったからです。
子どもと遊んでみたいと思った時に、先輩にどろんこクラブを紹介してもらいました。
初めは「ご飯も食べれるし、ちょっとやってみるか」と軽い気持ちで参加しました。しかし、予想以上に子ども達は可愛くて、冷たい態度でも実は優しい子、失敗から学び強くなる子、一人で何でもできる子など様々な性格の子がいて、また参加したくなりました。
初めは試行錯誤ばかりで、子ども達が振り向いてくれない度にショックを受けましたが、子どもと素直に向き合って遊ぶことで、その子の素顔が見える瞬間が何よりも嬉しいものとなりました。今は妙に気構えることも減り、以前よりも子どもと素直に遊べます。

また、スタッフの方々も親切で、優しくアドバイスをしてくれるので、どろんこのボランティアは本当にお勧めです!
ひとりでも友達とでも気軽に参加しに来て欲しいです★
Posted by ユース at 17:08
| 次へ
プロフィール

子どもサポートどろんこクラブさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/doronko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/doronko/index2_0.xml