CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«くまのて設立総会!! | Main | イベントのお知らせ»
久々の更新 [2011年09月27日(Tue)]
おはようございます。ドラです。

全く更新されないこのブログ・・・。本当にすみませんすいません

今年度になってから、私しか更新してないけど、
元々私はドラむすの広報担当じゃな〜いよ〜〜困った

広報さん、仕事ちゃんとしてね・・・星


とりあえず、愚痴はこれくらいにして、最近のドラむすの報告を・・・。

最近、障がいのある人が新しく3人入ってくれました〓

少しずつではありますが、本当にドラむすの活動の広がりを実感できるようになりました。
やっぱり、末永く続けるということは重要ですね!!

ただ、サポートは増えてないです。むしろ、減ってます・・・困った

今、ドラむすの最大の悩みは、サポートサークル員で毎回参加できる人が、最大で5人しかいないということです・・・。

障がいのある人は13人に増えました。1人1人丁寧な関わりを考えると、とても大変です。

今年4月からボラみみさんやボランティアセンターなどでサークル員の募集など行ってみましたが、興味のある人や見学に来る人は本当に絶えないのですが、「自分がドラむすのみんなと一緒に活動したい!!」って思ってくれる人に出会えていません・・・汗

なぜ、そうなるんでしょうか??

やっぱり継続的に自分が関わっていくということに、自信がなかったり、面倒だったりするのでしょうか?

それとも、ボランティア(お手伝い)だと思ってきてみたんだけど、ちょっと違うのか?

いまだに、見学に来る人が音楽教室ような印象をもってたり、ドラム演奏って間違えてたりするんですよね・・・。

それって、ちゃんとドラむすの良さが伝わってないってことだよね?!と考えてみたり・・・。


そんな状態なので、ヘルパーさんと参加しているメンバーの人には、ヘルパーさんにお願いして、一緒に楽しんでもらえるように声かけましたが・・・。隣でヘルパーさんやることなくなってか寝てるし・・・。

う〜ん。ヘルパーさんにとって、どう関わっていいのかわからなかったのかなぁ〜?

一緒に歌ってるだけでも、楽しいと思うんだけど、知らない曲だったりすると、ヘルパーさん自身が楽しめなかったりするのかなぁ〜?

知らない曲だったとしても、リズムに乗って楽しんだりすることだってできるのに、なんで、寝るの?と疑問に思うことも・・・。

確かに、ドラむすの演奏は、立派な演奏じゃないかも知れないけど、それぞれのメンバーの気持ちがのってくると、掛け声が入ったりして、聞いてるだけでも笑いがおきたりするんだけど・・・。

私もへルパーの仕事してるけど、1対1でお出かけするような支援よりも、ドラむすみたいにみんなで楽しむような支援のほうが絶対面白いし、自分が一緒に来ている人だけでなく、いろんなひとの姿が見える方が、飽きないというか、いろんな発見があって面白いと思うんだけど・・・。

まぁヘルパーさんもいろんな人がいるってことですね・・・。

いろいろ書いてみたけど、究極は、ドラむすではサポートしてくれるサークル員を大募集してるってことです。

だれか、障がいのある人と一緒に
音楽やってみたい人いませんか〜〜音符
Posted by ドラ at 10:10 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント