CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
見えざるものへ― 末木文美士 他人の痛み 分らない(読売新聞) [2010年05月28日(Fri)]
2010(平成22)年05月28日(金)
読売新聞
ホーム>関西発>暮らし 社会>こころのページ

見えざるものへ― 末木文美士 他人の痛み 分らない
http://osaka.yomiuri.co.jp/kokorop/kp100527a.htm



「あくがれ出づる」 写真・大友真志

「他人の痛みの分かる人になれ」
とはよく言われることだが、
それほど簡単に他人の痛みが分かるわけではない。

しばらく前から妻の変形性股(こ)関節症が悪化し、
少し前に片方を手術し、もう片方の手術待ちの状態だ。

そんなわけで、「痛い、痛い」と言うけれども、
どんなに言われても、その痛みは分かりようがない。

周囲の人がどんなにおろおろしても、
痛みはその人だけのもので、共有できない。

けれども、それでは他の人が「痛い」と言ったとき、
その意味が分からないかというと、そういうわけでもない。

子供が頭を打って「痛い」といえば、
「大丈夫、大丈夫」と頭をなでてあげるし、
「おなかが痛い」と言えば、お医者さんに連れて行く。

他人の痛みは分からないはずなのに、
なぜ他人の「痛い」という言葉を理解し、対応できるのか
ということは、哲学の世界ではけっこう難問らしい。



もっとも専門家の議論はともかくとして、
実際にはそれほど複雑に考えなくてもよいだろう。

痛みは、除去しなければ身体機能に危険があるような事態の警告
だから、あえて言えば非常ブザーが鳴っているような状態だ。

だから、その原因を探り、除去しようとすることでは、
本人であっても、他人であっても同じことだ。
他人の痛みそのものは分からなくても、
医師や看護師は適切な処置ができなければならない。

しかし、すぐに除去できる痛みであれば問題ないが、
そうでなく持続するようなものであれば、
本人にとってつらいことになる。
直接的な身体の痛みだけでなく、
精神的な不安や抑うつが伴ってくる。

「プディングの味は食べてみなければ分からない」
と言うが、どんなことでも他人事として理解するのと、
実際に経験するのとでは違っている。

とりわけつらいこと、苦しいことは、
経験した人だけがその切実さを知っている。

一度も自殺を考えたことのない人が、
いくら自殺防止と言っても、
自殺にまで追い詰められる人の心は分かるものではない。



『オルゴール』などの小説でいじめの問題を取り上げている
中園直樹さんと、しばらく前に知り合った。

自分のいじめられた体験から、
少年たちのいじめによる自殺を看過することができない
と言って、小説を通していじめの問題を訴え続けている。

大人たちがどんなにいじめの対策と言っても、
それは当事者たちに届くものではない。

中園さんは、当事者の少年たちに直接届く言葉で
語りかけようとしている。

当事者や経験者は、ある意味で特権を持つ。
当事者たちが動かなければ、社会は変わらない。

犯罪被害者たち自身が声を上げて、
はじめてその苦しみに人々の目が向けられた。

けれども、それでは当事者でない人は排除されてしまうか
というと、そうではない。

もしそうならば、障害者と健常者とは
相容れない対立しかないことになる。



先日、引きこもりの青年がインターネットをめぐるトラブルから
家族を殺傷するという痛ましい事件があった。

青年自身のつらさは家族にも分からないものであっただろうが、
そのような身内を抱えた家族のつらさもまた、
外からはうかがい知られない。

他人の苦しみにどう関わることができるかは、
とりわけ家族や身近な者にとっては切実な問題となる。

共有できない他人の痛みを、それでも受け止められるのか。
その困難な課題に直面するところから、
真の哲学や宗教が始まるのだ。

(すえき・ふみひこ 仏教学者)

読売新聞 2010年05月28日(金)
【映画評】「あの夏の子供たち」(仏) 等(読売新聞) [2010年05月28日(Fri)]
2010(平成22)年05月28日(金)
読売新聞
総合トップ>エンタメ>映画>映画評

「あの夏の子供たち」(仏)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/creview/20100528-OYT8T00684.htm

父の自殺と家族の再生

原題は「私の子供たちの父」。
仕事熱心だった父の自殺で家族はどう再生の道を歩んだのか。
人間の死と生についての一考察である。



父(ルイ=ドー・ド・ランクザン=写真右から2人目)の
職業は映画プロデューサー。
早朝から夜遅くまで企画を練り資金繰りに走り回る毎日。

が、死後多額の借金と未完成の映画が残される。
なぜ彼は命を絶ったのか。

仕事の傍ら共に多くの時間を過ごした母
(キアラ・カゼッリ=同左端)と3人の娘は
父の死をどう受け止めたのか。

ここで重要なのは映画だけでなく
家族にも深い愛を注いだ父の生き方である。

女性監督ミア・ハンセン・ラブは、父のモデルとなった
プロデューサーへの哀惜を込めて脚本を書いたという。
その父の度量の大きさ、ひたむきさ。

それなのにというべきか、だからこそというべきか、
過剰な生の輝きが突然死へと落下しても不思議はない。

それは苦境を逃れるための死ではなく、
燃え上がる生と隣り合わせの死、
日常にぽっかり空いた虚無の穴のような死だったのかもしれない。

しかし自殺の真相はともかく、残された家族の人生は続く。
母は残務整理に追われ、長女は父の知られざる足跡をたどる。

が、公私にわたる悪戦苦闘の人生をさらけ出しても
2人が父の遺志を受け継ごうとするのは映画への愛ゆえか。

思えば映画は人生のように続き、また人生も映画のように続く。
映画は人生そのもの。
終幕に流れる懐かしい名画の主題歌「ケ・セラ・セラ」
の旋律が身に染みる。

1時間50分。恵比寿ガーデンシネマ。

(映画評論家・土屋好生)

読売新聞 2010年05月28日(金)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2010(平成22)年05月14日(金)
読売新聞
総合トップ>エンタメ>映画>映画ニュース

「あの夏の子供たち」ハンセン・ラブ監督
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20100514-OYT8T00455.htm

試練はね返す強さ

ある映画プロデューサーの死という現実の出来事を題材にした
フランス映画「あの夏の子供たち」が
29日から、恵比寿ガーデンシネマで公開される。



ミア・ハンセン・ラブ監督=写真= 2作目の長編だ。

物語の中心はある家族。
パリを拠点に映画の仕事と家族に愛情を注ぐ父親が、
不況の波の中、多額の借金と未完成作をのこして自殺。

妻と3人の娘は、厳しい現実の中、
再出発へ向けて踏み出していく。

父親のモデルは、インデペンデント映画製作者として活躍し、
2005年に自殺したアンベール・バルザン。

ハンセン・ラブ監督の初長編「すべてが許される」(07年)
も、バルザンの死の前は彼の製作で作られることが
ほぼ決まっていた。

「私にとって、初めて機会を与えてくれた
 素晴らしいプロデューサーでした」。

この作品の題材に彼を選んだのは、
「映画、そして子供へと引き継がれる
 彼の『魂』を描き出したかった」
からだ。

厳しい現実を描くが、過剰に劇的な描写は一切ない。

「『題材が題材なだけに、メロドラマかと思ったら
 まったく違う』

 という言葉をたくさんいただきました。

 もちろん、悲劇は存在します。
 でも、人は苦しみや試練をはね返す強さも持っている。
 そうした現実もきちんと表現したかった」

生前、バルザンは
「映画は日常生活から遊離するものではない」
と言っていたという。

「彼にとって、映画は生きるために不可欠なものでした。
 その感覚は、私も共有しています」

読売新聞 2010年05月14日(金)
うつ病治療へ脳バンク拡充(読売新聞) [2010年05月24日(Mon)]
2010(平成22)年05月24日(月)
読売新聞
ホーム>ジョブサーチ>ニュース

うつ病治療へ脳バンク拡充
http://job.yomiuri.co.jp/news/ne_10052404.htm

関連学会が訴え

日本精神神経学会など4学会は22日、
うつ病に国を挙げた対策を求める共同宣言をまとめた。
広島市で開かれた総会で公表した。

うつ病をがんや心臓病と並ぶ3大疾患と位置づけ、
自殺につながるなど
「重大な社会的損失をもたらす病気」
と指摘している。

うつ病患者の脳を死後に提供してもらう脳バンクの拡充により、
患者の脳で起きていることや抗うつ薬の効果を分析し、
科学的な診断や治療法を確立するよう求めている。

<メモ>
脳バンク

うつ病など精神疾患の患者の生前の同意に基づき、
死後に脳を提供してもらって科学研究に生かす仕組み。

国内では福島県立医大が1997年から
生前登録を受け付けており、これまでに約30人分の
脳の提供を受けた。

脳は半分を冷凍保存、もう半分をホルマリンで保存し、
遺伝子検査や顕微鏡観察に用いる。

脳提供後の遺体は見た目が不自然にならないように戻して、
遺族に返す。

読売新聞 2010年05月24日(月)
三股町:「福祉・消費」一体で対応 相談センターを開設/宮崎(毎日新聞) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>宮崎

三股町:「福祉・消費」一体で対応
相談センターを開設/宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20100521ddlk45010632000c.html

三股町は町内樺山の旧シルバー人材センターに
「福祉・消費生活相談センター」を開設した。

振り込め詐欺や悪質商法などの消費生活に関する問題と、
心身の健康や人間関係の悩みなどに2人の相談員が応じる。

振り込め詐欺や契約トラブルの被害者に高齢者が多く、
多重債務問題が自殺の引き金になるなど、
消費生活と福祉の境界をまたぐ事例が増えているため、
一体的な相談窓口を設けた。

町の関係各課や県都城地方消費生活センター、
法律専門家などとも連携して支援する。

相談員の細井 徹さん(61)は

「振り込め詐欺などの被害を防ぐための啓発と、
 万一の場合は被害を最小限に抑えるのがセンターの役割。
 そのためにも早めに相談してほしい」

と話している。

面談、電話相談とも月〜金曜日の午前9時から午後4時。
0986・52・0999。 【木元六男】

毎日新聞 地方版 2010年05月21日(金)
WHO アルコール規制指針案(NHKオンライン) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・医療

WHO アルコール規制指針案
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100521/t10014585211000.html

アルコールの飲み過ぎによる健康への影響や飲酒運転
などの問題を受けて、ジュネーブで開かれている
WHO=世界保健機関の総会は
20日、アルコールの販売や広告などの規制を各国に求める
指針案を採択しました。



この指針案は
「アルコールの危険な飲み方を減らすための世界戦略」
と名付けられ、ジュネーブで開催中のWHO総会の委員会で
20日、全会一致で採択されたものです。

それによりますと、アルコールの飲み過ぎが健康被害を
もたらしているうえ、飲酒運転、暴力、自殺などが
引き起こされており、個人だけでなく
その家族や社会全体にも深刻な影響をもたらしている
と指摘しています。

このため、具体的な対策として
未成年や若い人たちに訴えかけるような広告を規制すること、
アルコールの価格を引き上げることなどを検討すべき
だとしています。

この指針案は法的拘束力はありませんが、
WHOとしては、タバコに続いてアルコールの害についても
各国へ対策の強化を訴えていく方針です。

NHKオンライン 2010年05月21日(金)06時28分
がん治療費 負担軽減を要望(NHKオンライン) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・医療

がん治療費 負担軽減を要望
http://www3.nhk.or.jp/news/

長期間にわたって抗がん剤治療などを続けている
がん患者にとって治療費の自己負担が重すぎるとして、
患者や医師の団体が21日、厚生労働省に、
健康保険制度を見直して負担を軽減するよう要望しました。



要望を行ったのは、がん患者や医師の団体で、21日午前、
厚生労働省の吉田 学保険課長に要望書を手渡しました。

現在の健康保険制度では、所得に応じて自己負担に上限を設ける
「高額療養費制度」がありますが、この制度を使っても、
70歳未満の多くの人の場合、月に2万数千円から15万円余り
の治療費を負担しなければなりません。

患者団体らは、延命効果の高い抗がん剤が新たに開発されている
一方で、高額な治療費の負担が長期間にわたって続くため、
患者や家族の生活に深刻な影響が出ているとして、
負担を軽減するよう訴えています。

要望のあと、記者会見した血液のがんの患者団体「つばさ」の
橋本明子理事長は

「お金がないために治療をやめたいという患者が
 ここ2年ほどで増えている。
 一刻も早く制度を見直してほしい」

と話しています。

これについて厚生労働省は、患者の所得によって
自己負担の上限を引き下げることも検討していく方針です。

NHKオンライン 2010年05月21日(金)14時16分
心癒やす「沈黙」の力 俳優座が7年ぶり山田太一の新作(朝日新聞) [2010年05月21日(Fri)]
2010(平成22)年05月21日(金)
朝日新聞
asahi.com>エンタメ>舞台>演劇

心癒やす「沈黙」の力 俳優座が7年ぶり山田太一の新作
http://www.asahi.com/showbiz/stage/theater/TKY201005210267.html



中野誠也さん=山本裕之撮影

劇団俳優座が「沈黙亭のあかり」を
21日から東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。
山田太一が7年ぶりに同劇団のために書き下ろした新作で、
ベテランの中野誠也、山本裕之が演出・主演する。

多摩川沿いにある小さなスナックが舞台。
愛妻を失ったショックで、話せず耳も聞こえなくなった
店主(中野)は、ホワイトボードの文字で客とやりとりする。

そこに、生活に疲れた人々や集団自殺を企てる男女らが集まり、
やがてある事件が起きる。
傷ついた人々の心情の吐露と再生を描いた物語だ。

中野は

「我々の仕事は言葉。それを逆手に取って沈黙をテーマに選んだ。
 沈黙には疲れた現代人の心を癒やす力があると思う。

 昔はランプの芯がジュッと立てる音を聞いたものだが、
 我々の生活はそういうところからだいぶかけ離れてしまった。

 心を癒やす言葉は『自然』であり、
 その空気を象徴するのが沈黙でしょう」

と語る。

山田戯曲はおおむね家族ドラマをデリケートに描くが、
今回は社会問題である集団自殺を採り入れ、
喜劇的なタッチで展開する。

「刃物によって、自殺したい人、殺されたい人、殺したい人が
 一体となった空間が現れ、
 一瞬ブラックホールに陥ったようになる。

 でも、ナイフで人を刺すことはなかなかできないこと。
 ドサクサの中で店主が蘇生するきっかけが生まれるんです」

1961年に俳優座に入団。
演出を手がけるのは2007年の「リビエールの夏の祭り」
以来、2度目となる。

「俳優と演出は舞台の表と裏。
 演出しながら演じると分裂状態になる。
 他の俳優を客観的にみていると、
 自分の役への集中力が散漫になりがちなので。

 でも演出は楽しい。
 虚構性の強い設定で現代のシビアな問題を取り上げているが、
 あくまで喜劇として笑ってもらえたら。
 軽さと社会性とがうまくかみ合うように工夫したい」

一方、役者としては、しゃべれない店主役は終盤を除き、
せりふがない。

「せりふがほとんどない主役は、ヘレン・ケラーを描いた
 『奇跡の人』ぐらいでしょう。
 黙ったままで舞台に存在するのは難しい。

 でも沈黙を代表する登場人物。
 言葉による交流の奥にある、沈思したコミュニケーション
 にこそ、本当の心の交流がある」

30日まで。中村たつ、遠藤剛、早野ゆかり、加藤佳男らが共演。
美術・朝倉 摂。5,250円、4,200円。
電話 03・3470・2888(俳優座)。 (小山内 伸)

朝日新聞 2010年05月21日(金)
地下鉄南北線、安全さく導入3カ月(朝日新聞/宮城) [2010年05月20日(Thu)]
2010(平成22)年05月20日(木)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>宮城

地下鉄南北線、安全さく導入3カ月
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000001005200001



ホームから線路への転落事故などを防ぐために設置された
安全さく。ホーム側と車両のドアが連動して開閉する
=仙台市若林区

仙台市営地下鉄南北線の全17駅で、
ホームに可動式の安全さくが設置されて3カ月になる。
この間、過って線路に転落する事故はなく、
順調な滑り出しとなった。

同様のさくを設置した他の鉄道事業者でも、
設置後に転落事故が起きていない路線があり、
事故防止の効果が期待されている。 (四登 敬)

南北線は開業当初から電車運行の省力化を進めてきた。
ワンマン運転で、駅のホームも直線にして見通しを良くし、
駅のモニターで集中監視する体制を敷く。
異常があれば監視している駅員が非常停止ボタンを押し、
電車を止めるなどしてきた。

だが、利用者がホームから線路内に過って転落する
といった事故が相次いだ。

仙台市交通局のまとめでは、
1987年7月の開業から昨年7月末までに、
転落事故が107件、線路内への立ち入りが66件あり、
電車にはねられたり接触したりするなどして
10人が死亡、22人がけがをしている。

駅のホームに安全さくを設置する動きは
2001年1月、JR山手線・新大久保駅(東京都新宿区)で、
線路に転落した男性を助けようとして計3人が死亡した
事故がきっかけで始まったとされる。

06年には、高齢者や障害者が安全に移動できるよう
駅などの施設の改良を求める通称「バリアフリー新法」
も施行され、動きは加速した。

JR東中野駅(東京都中野区)では今月18日、
ホームにいた都内の無職女性(33)が電車にはねられ死亡した。

女性が携帯電話を操作していた、という目撃情報があり、
女性が電車の接近に気づかなかった可能性もあるという。

JR東日本は山手線の全駅に可動式の安全さくを設置すること
を決め、現在、工事を進めているが、東中野駅にはなかった。

仙台市交通局は07年度から、
安全さくの詳細設計や車両の改修などを進めた。
昨年10月から富沢駅を皮切りに泉中央駅まで順次着工し、
今年2月中旬までに全駅で稼働させた。

総事業費は約20億円。
設置後は、利用者が過って線路に転落したり
車両に接触したりする事故は起きていない。
建設中の東西線も各駅に同様のさくを設置する計画だ。

08年3月までに全駅に設置した東京メトロ・丸ノ内線も、
前年までは年間十数件あった転落事故が
09年度はゼロだったという。

自殺を防ぐ効果への期待も高まっている。
国土交通省鉄道業務政策課の担当者は

「本来は、過って転落するといった事故を防ぐためのものだが、
 派生的な効果として自殺防止にもある程度寄与する」
との見方を示す。

一方、線路内への立ち入りは防ぎきれないのが実情だ。
南北線の愛宕橋駅では今月7日午後4時ごろ、
富沢発泉中央行きの電車に青葉区の男子予備校生(19)が
はねられ、重傷を負った。

監視カメラに、ホーム南端の金属製のさくを乗り越える姿が
写っており、同署は自殺を図ったとみている。
丸ノ内線でも昨年5月、男性が電車にはねられて死亡した。
安全さくとは別の場所から線路内に入ったとみられている。

仙台市交通局の担当者は

「乗客やホームにいる人を巻き込みかねず、危険。
 決して線路内には立ち入らないでほしい。
 何より、自分の命を大切にして」

と訴えている。

朝日新聞 2010年05月20日(木)
自殺減らせ59の対策  京都市(読売新聞) [2010年05月20日(Thu)]
2010(平成22)年05月20日(木)
読売新聞
ホーム>地域>京都

自殺減らせ59の対策  京都市
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20100519-OYT8T01290.htm

京都市は、自殺者数が1998年以降年間300人前後で
推移し続けている現状を改善するための対策
「きょう いのち ほっとプラン 自殺総合対策推進計画」
をまとめた。

周囲の人の異変に素早く気づける人材育成などを進め、
2016年度には自殺者数を現状の2割減の
240人以下とすることを目標にしている。



不況が厳しくなった1998年、自殺者数は急増、
前年より約4割増えた。ピークは2000年で369人だった。
男女別では男性が女性を上回って推移している。

市が09年3月に行った市民アンケートによると、
「ストレスが大いにある」
と答えた人は全国平均(15.7%)を上回る22.1%。

「不眠が2週間以上続いても病院を受診しない」
が49.8%(全国平均44.3%)、

「相談相手がいない」
も9.9%(同6.3%)で、心神が傷つきながら
孤立している市民が多くいることがうかがえた。

調査結果を踏まえ、市は59の取り組みを考案。
地域や職場で、自殺のサインや危険性のある人を
早期に発見する人材「ゲートキーパー」を育てるための
研修を実施し、自殺未遂が疑われた患者を受け入れた
救急医療機関と精神科医療、相談機関との連携強化を進める。

また、多重債務者、DV(家庭内暴力)被害者、うつ病患者、
失業者らへの相談、支援体制も充実させ、心の問題に詳しい
寺社、教会などとのネットワークを構築する。

同計画は冊子にして市役所本庁舎や区役所で無料配布している。
問い合わせは、市こころの健康増進センターへ。
(075・314・0355)

読売新聞 2010年05月20日(木)
「沈黙」で癒やすスナック(読売新聞) [2010年05月19日(Wed)]
2010(平成22)年05月19日(水)
読売新聞
総合トップ>エンタメ>舞台・伝統芸>演劇

「沈黙」で癒やすスナック
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20100519-OYT8T00817.htm

俳優座 命の大切さ訴える悲喜劇

俳優座は、山田太一作「沈黙亭のあかり」を
21日から30日まで東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。

口がきけず、耳も聞こえないマスターのいるスナックを
舞台にした人間ドラマ。



演出の中野誠也=写真=は
「奇想天外な悲喜劇の中で、命の大切さを訴えている」
と話す。

妻を失ったショックから耳と口が不自由になった栄一(中野)
が営む「沈黙亭」には、彼の優しい雰囲気にひかれて
様々な客が訪れる。

ある日、集団自殺をたくらむ村田(加藤佳男)が現れ、
店に騒動が持ち上がる。

「文化は音や言語に囲まれているが、
 それを支えているのが静寂や沈黙ではないか」
と中野。

「騒音だらけの今の世の中では、
 黙ってそばにいてくれる人物が癒やしとなる」
と語る。

沈黙を演じるのは難しい。
せりふがないので間の取り方が重要だが

「あまり間が長すぎるのも限度がある」
と悪戦苦闘の日々だ。

「店でいくらドタバタが起きても、
 主人は常にニコニコしている。
 そのアンバランスのこっけいさを楽しんでもらえれば」

(電) 03・3470・2888。

読売新聞 2010年05月19日(水)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック