CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
内閣府調査 社会の連帯意識高まる(NHK) [2012年03月31日(Sat)]
2012(平成24)年03月31日(土)
NHK NEWS WEB
トップ>社会ニュース一覧

内閣府調査 社会の連帯意識高まる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120331/k10014113441000.html

内閣府が行った世論調査で、80%の人が、
東日本大震災の前と比べて社会との結びつきが大切だと
思うようになったと答えており、内閣府では、
社会全体の連帯意識の高まりが表れているのではないかと
話しています。

120331_NHK_social_bond.jpg




内閣府では、社会に対する国民の意識をテーマにした
世論調査を毎年行っていて、ことしは、1月から2月にかけて、
全国の20歳以上の男女1万人を対象に面接方式で行い、
61%に当たる6,059人から回答を得ました。

それによりますと、東日本大震災の前と比べて
社会との結びつきが大切だと思うようになったかどうか
尋ねたところ、
「大切だと思うようになった」が80%、
「特に変わらない」が20%

でした。

また、震災後に強く意識するようになったことを
複数回答で尋ねたところ、
「家族や親戚とのつながりを大切に思う」が67%で最も多く、
次いで「地域でのつながりを大切に思う」が60%、
「社会全体として助け合うことが重要だと思う」が47%

などとなりました。



一方、現在の世相について、明るいイメージとして
当てはまる表現を複数回答で尋ねたところ、
「平和である」が48%、
「思いやりがある」が22%

などとなり、去年の調査と比べると、
「平和である」は7ポイント減り、
「思いやりがある」は10ポイント増えました。

内閣府は

「震災を経験し、社会全体の連帯意識の高まりが
 表れているのではないか。」

と話しています。

NHK NEWS WEB 2012年03月31日(土)17時28分
松山 小中学校に防災士配置へ(NHK) [2012年03月31日(Sat)]
2012(平成24)年03月31日(土)
NHK NEWS WEB
トップ>科学・医療ニュース一覧

松山 小中学校に防災士配置へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120331/k10014105191000.html

大地震が起きた際の、子どもたちの安全を確保しようと、
松山市教育委員会は、全国で初めて、
すべての市立の小中学校に「防災士」の資格を持った
教職員を配置することになりました。

120331_NHK_school.jpg




東日本大震災では、学校が被害を受けて
多くの子どもたちが犠牲になり、
教育現場での防災対策の在り方が課題となりました。

これを受けて、松山市教育委員会は、近い将来起きることが
想定される南海地震で、子どもたちの安全を確保しようと、
84ある市立の小中学校すべてに、
防災士の資格を持った教職員を配置することになりました。

具体的には、夏休みに講座を開いて、
各学校、原則2人ずつの教職員に防災士の資格を
取得してもらい、立地条件や規模に応じた防災対策に取り組む
ということです。

防災士は、災害時の避難計画を取りまとめたり、
避難する際のリーダー役を務めたりするもので、
自治体がすべての市立小中学校に防災士を配置するのは
全国で初めてだということです。



この取り組みを提案した
松山市立さくら小学校の山田耕二教頭は

「学校ごとに抱えている事情が違うので、
 すべての学校に防災士を配置できれば
 教育現場にとって心強いと思う。」

と話しています。

NHK NEWS WEB 2012年03月31日(土)04時15分
賭け事依存 向き合って/下関で来月4月8日(日)(朝日新聞/山口) [2012年03月31日(Sat)]
2012(平成24)年03月31日(土)
朝日新聞デジタル
トップ>マイタウン>山口> 記事

賭け事依存 向き合って/下関で来月4月8日(日)
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000001203310001

◆支援団体、自助ミーティング

パチンコや競艇をやめられないギャンブル依存症の人たちの
立ち直りを支援する自助グループ
「ギャンブラーズ・アノニマス」(GA)下関の
設立11周年記念ミーティングが、
4月8日(日)、下関市長府松小田本町の長府東公民館である。

「なぜここにいるのか 〜過去と未来」
をテーマに、誰でも好きなことを話せる。



九州各地や関西、中国からGAの仲間100人近くが
集まる予定。
自分自身を見つめ直す機会にしてもらうのがねらいで、
GA下関の担当者は

「医療・行政関係者や関心のある方は
 どなたでも気軽に来てください。
 この依存症は回復してもまたぶり返すなど恐ろしい。」

と話す。

自助グループのGA(gajapan.jp/)は
全国に100前後のグループがあり、
医療関係者らの支援を受け、週に数回のミーティングで
仲間とつながることで依存症の克服をめざす。

ミーティングは参加の強制がなく、本名を名乗る必要もない。
批判や忠告はせず「言いっぱなし、聞きっぱなし」が
原則だ。

依存症になると、借金を重ねた揚げ句に家庭崩壊や犯罪、
自殺につながることもある。

2009年の厚生労働省の調査では、
全国に400万人以上いると推測されるのに、
社会の認知度はまだまだ低い。



午前10時〜午後4時にある記念ミーティングへの
参加費は無料。
当日の弁当(500円必要)の予約をする都合もあり、
参加希望者は4月4日(水)までに連絡がほしいという。

問い合わせはGA下関の「亀」さんへ
(090・7127・8844)

(加藤勝利)

朝日新聞デジタル 2012年03月31日(土)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック