CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
よりそいホットライン:相談3万件の半数以上が被災地から 3割が「心の悩み(毎日新聞) [2012年03月30日(Fri)]
2012(平成24)年03月30日(金)
毎日新聞
トップ>ニュースセレクト>経済>BizBuz(ビズバズ)

よりそいホットライン:
相談3万件の半数以上が被災地から 3割が「心の悩み」
http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/20120330dog00m020022000c.html

社会的包摂サポートセンター(東京都文京区)が
24時間無料で相談できる電話サービス
「よりそいホットライン」を3月11日(日)から
15日間全国で受け付けたところ、
約2万9,000件の相談が寄せられ、
東日本大震災の被災地からの相談が
全体の51%を占めたことがわかった。

「よりそいホットライン」は、被災者のサポートを目的に
国の補助を受け、2011年10〜12月に
岩手、宮城、福島の3県を対象にスタート。
2011年12月17日〜18日には
首都圏でも試験的に行われ、多くの悩みが寄せられた。

3月11日(日)には、
東京都内と岩手県盛岡市に中央コールセンター、
全国35カ所に地域コールセンターを設置し、
全国サービスを開始。

期間中、全体で2万9,223件の電話が寄せられ、
被災地からの相談は1万1,070件だった。

各コールセンターには相談員と弁護士や医師などの
専門員を配置し、生活、性暴力、DV、同性愛、自殺など
幅広い悩みに対応しているのに加え、
英語、中国語、韓国語、タイ語など
外国語の相談を受け付けているのが特徴。

結果を受け、同センターは3月29日(木)に
日本青年会館(東京都新宿区)でシンポジウムを開催。

被災地からの相談件数の27.9%を
「心の悩み」が占めたことが発表された。

また、パネルディスカッションには、
同センターの遠藤智子事務局長、
社会福祉士の池田恵利子さん、
フリーアナウンサーの八塩圭子さんらが登壇。

遠藤事務局長は、寄せられた相談内容からケガや病気を
きっかけに生活苦に陥るケースが多いことを指摘し

「電話で当事者とつながり、安心できる場所を提供し、
 その次の支援につながってほしい。
 それが求められている。」

と話した。(毎日新聞デジタル)

【関連リンク】
よりそいホットライン
http://279338.jp/

毎日新聞 2012年03月30日(金)18時42分
海外メディアが制作した『自殺の名所:青木ケ原樹海』のドキュメント番組がスゴい(ロケットニュース24) [2012年03月30日(Fri)]
2012(平成24)年03月30日(金)
ロケットニュース24
トップ>国内ニュース

【必見動画】海外メディアが制作した
『自殺の名所:青木ケ原樹海』
のドキュメント番組がスゴい
http://rocketnews24.com/2012/03/30/198331/

俗に言う「富士の樹海」といえば、
青木ヶ原(あおきがはら)である。

一度でも入ってしまうと、たどってきた道が分からなくなり
抜け出せなくなるという説もある。
また、「自殺の名所」としても有名であり、
事実、この樹海で自殺する人は後を絶たないのだという。

そんな自殺の名所としての青木ヶ原樹海をテーマとした、
海外メディア制作のドキュメント番組が
非常に秀逸なのでご紹介したい。

作品名は“AOKIGAHARA SUICIDE FOREST”。
直訳すれば、『青木ヶ原 自殺の森』である。

海外メディアが制作した作品だが、出演しているのは
日本人で、話しているのも日本語なので心配はご無用。
ちなみにこの動画には7カ国語の字幕も用意されており、
幅広い世界の人々が視聴できる仕組みになっている。

120330_R_Aokigahara_01.jpg




それはさておき内容はというと……
作家でもあり、富士山を研究し続けている自然監視員の
早野 梓さんが、「樹海」の意味から自殺現場としての現状まで
を、親切丁寧にじっくりと、分かりやすく説明してくれる
といったものである。

実際に現場に赴き、早野さんと撮影クルーは次々と
「自殺しようとする人」の足跡に出会うことになる。

「呪いの儀式」に使われたらしき人形や「遺書」を発見したりも。
そしてその都度、早野さんは解説してくれるのだ。

なお、動画の一部には死体の写真など、
ショッキングなシーンも入っているので要注意。

しかしながら、グロ映像では決して無い。
自殺について、人間について、人生について
考えさせられる内容なのだ。

自信をもってオススメしたい必見映像作品のひとつ、
それが『AOKIGAHARA SUICIDE FOREST』である。

参照元:VICE AOKIGAHARA SUICIDE FOREST
http://www.vice.com/vice-news/aokigahara-suicide-forest-v3

▼YouTube版はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=6CK1KdAha78&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=V1eXOXYI3bc

ロケットニュース24 2012年03月30日(金)
入院患者骨折で院長ら処分 新潟県、看護師らの告発も検討 等(MSN産経、読売、朝日/新潟) [2012年03月30日(Fri)]
2012(平成24)年03月30日(金)
MSN産経ニュース
トップ>ニューストップ>地方>中部

入院患者骨折で院長ら処分
新潟県、看護師らの告発も検討
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120330/ngt12033015390002-n1.htm

新潟県長岡市の新潟県立精神医療センターに入院中の
30代男性患者が肋骨を折るなどの不審なけがを負った問題
で、新潟県は3月30日(金)、和知 学院長と
女性看護部長を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

暴行や傷害容疑で関与が疑われる看護師らの
刑事告発も検討する。



新潟県が設置した第三者委員会は
3月27日(火)、患者のけがについて

「自傷や事故の可能性は低く、
 看護師の関与が疑われる。」

として、暴行を受けた可能性を指摘する報告書を
新潟県側に提出した。

職員らへの調査では、男女8人の看護師が
患者への加害行為者として名前が挙がり、
このうち1人は調査中の2月に自殺している。

MSN産経ニュース 2012年03月30日(金)14時59分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年03月28日(水)
読売新聞
ホーム>地域>新潟

「看護師8人、患者に暴力の可能性」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20120328-OYT8T00102.htm

■新潟県立精神医療センター第三者委が指摘

長岡市寿の新潟県立精神医療センターで
昨年7月、入院中の30歳代男性患者が胸の骨を折るなどの
重傷を負った問題で、原因究明のため設置された
第三者委員会(委員長=比護隆證弁護士)は
3月27日(火)、8人の看護師が男性患者に
暴力行為を行った可能性があると発表した。



同委員会は、男性患者と家族、職員への聞き取りを
行ったところ、暴力行為を見たり聞いたりしたとして
8人の名前が挙がった。

うち1人は暴行をほのめかす手紙を委員長に残して
聞き取り調査の前日に自殺し、
残り7人は関与を認めていないという。

再発防止への提言として、同センターに
重症患者が集中しないようにすることや、
ベッド数の削減、看護師のストレス軽減などを求めた。



報告書では、負傷の原因について、
「自傷、事故や他の患者による加害の可能性は低く、
 看護師の関与が疑われるが、
 強制力を持たない委員会の調査には限界があり、
 負傷の原因と時期は特定できず、
 事実関係は解明できなかった。」

とした。

同センターは今後、長岡署に報告書を渡して相談した上で、
この問題への対応を検討したいとしている。

読売新聞 2012年03月28日(水)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年03月28日(水)
朝日新聞デジタル
トップ>マイタウン>新潟

看護師関与の疑い 事実解明はできず
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001203280004

新潟県立精神医療センター(長岡市)に入院中の
30代男性患者が肋骨(ろっこつ)9本を折るなど
不審なけがを負った問題で、新潟県の第三者調査委員会は
3月27日(火)、

「自傷や事故の可能性は低く、
 看護師の関与が疑われる。」

とする報告書をまとめた。

ただ、疑いのある看護師は暴行を否定し、
「事実解明できなかった」とした。



新潟県は昨年9月にこの問題を発表し、
第三者委が12月から男性やセンター全職員約300人、
患者家族約80人らに聞き取りなどをしたところ、男性から
「看護師に廊下で引きずられた」と聞いた、
看護師が男性を殴ったり蹴ったりしたのを見た、
との証言を得た。

名前が挙がった看護師は男女8人。
1人は2月のヒアリング前日に関与をほのめかす
遺書を残して自殺しているという。

残る7人は否定したため、報告書は
「負傷の原因と時期は特定できない」とした。

センターは新潟県警に対応を相談する。
和知 学・院長は
「どうすれば再発防止ができるかを考えたい。」
と述べた。

(服部誠一)

朝日新聞デジタル 2012年03月28日(水)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック