CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
萩原流行さん「うつ病、すべてが悪いわけでない」 宮崎 等(朝日、MRT宮崎放送/宮崎) [2012年03月11日(Sun)]
2012(平成24)年03月11日(日)
朝日新聞デジタル
トップ>ライフ>医療・健康>医療・病気

萩原流行さん「うつ病、すべてが悪いわけでない」 宮崎
http://www.asahi.com/health/news/SEB201203100039.html

うつ病などの精神疾患について知ってもらおうと、
宮崎市の南九州大学で3月10日(月)、
「2012こころの健康フォーラムin宮崎」
があり、うつ病を経験した
俳優の萩原流行(ながれ)さん(58)が講演した。

フォーラムは、3月の自殺対策強化月間の取り組みの1つで、
宮崎県と宮崎県医師会の主催。



萩原さんは、仕事の重圧が重なるなどして
20年ほど前にうつ病と診断された。

当時は
「死にたい死にたい、ということばかり考えていた。」
という。

それ以前には、妻がうつ病を発症していた。
「妻が
 『胸の中の悲しみ、苦しみを、
  包丁で裂いて取り除きたい。』
 と話したときにはびっくりした。
 まさか、自分もうつ病になるとは
 思ってもいなかった。」

と語った。



一方、うつ病になって気づいたこともあるという。

「何げない言葉で人は傷つく。
 自分が傷ついたことで人の痛みが分かりました。
 うつ病になってすべてが悪いわけではない。」

最後には、
「くよくよしないで明るく生きていきましょう。」

と語りかけていた。

朝日新聞デジタル 2012年03月11日(日)00時51分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年03月10日(土)
MRT宮崎放送
ホーム>ニュース>2012年03月10日(土)

こころの健康フォーラム
http://www.mrt-miyazaki.co.jp/localnews/

うつ病について正しく理解してもらおうと、
宮崎市で心の健康フォーラムが開かれました。

このフォーラムは、宮崎県と宮崎県医師会が開いたもので、
市民らおよそ250人が参加しました。



フォーラムでは、まず、夫婦でうつ病を患った
俳優の萩原流行さんが、
『うつが教えてくれたこと』をテーマに講演。

「自分がうつになって初めて、
 人の痛みを知るようになった。」

と、自らの体験を通して感じたことを話しました。

また、このあと行われたパネルディスカッションでは、
うつ病の原因や症状などが説明され、
参加者たちは、熱心に耳を傾けていました。



【宮崎の動き】
「全国一斉・暮らしとこころの総合相談」
自殺対策強化月間にあわせて宮崎県弁護士会などが実施
0985−23−6112
<3月12日(月)、3月13日(火)の
 午後6時〜午後8時>

MRT宮崎放送 2012年03月10日(土)18時05分
震災で仕事など悩み 電話相談(NHKオンライン) [2012年03月11日(Sun)]
2012(平成24)年03月11日(日)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>暮らし・文化

震災で仕事など悩み 電話相談
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120311/k10013641101000.html

震災のあと、仕事や暮らしに悩みを抱える被災者から
24時間相談を受け付ける無料の電話相談、
「よりそいホットライン」が3月11日(日)から
始まりました。

相談は24時間、受け付けられ、
電話番号は 0120−279−338 です。

120311_NHK_hotline.jpg




ホットラインは、東北3県の市町村長や
全国のNPOなどが参加する団体が運営するもので、
失業や住まい、子育てや家庭内のトラブルなど
あらゆる悩みについて、震災で被災した人から
全国で相談を受け付けます。

このうち岩手県盛岡市のコールセンターには、
沿岸部から避難してきた親族と暮らし始めた女性から、
親族との関係に悩んでいるという相談があり、相談員が

「親族の気持ちにも配慮して
 話し合いをしていくことが大切だ。」

とアドバイスしていました。

相談員の山屋理恵さんは

「震災から1年がたち、被災された方が
 本当の生活再建に向けて一歩を踏み出すのは
 勇気がいることだと思います。
 私たちはその一歩に寄り添いたいと考えていますので、
 どんなことでもいいので相談してほしい。」

と話していました。



ホットラインでは、必要に応じて相談者に
弁護士や精神科医などを紹介して
専門的なアドバイスを受けてもらうことにしています。

相談は24時間、受け付けられ、
電話番号は 0120−279−338 です。

NHKオンライン 2012年03月11日(日)19時24分
若者自殺、初の1,000人超え…学業不振・進路で悩み 等(読売、NHK) [2012年03月11日(Sun)]
2012(平成24)年03月11日(日)
読売新聞
ホーム>教育>ニュース

若者自殺、初の1,000人超え…学業不振・進路で悩み
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120309-OYT8T00777.htm

警察庁は3月9日(木)、昨年1年間の全国の自殺者が
3万651人だったと発表した。

前年を1,039人(3.3%)下回ったが、
14年連続で3万人を超えた。



「学生・生徒」が前年より101人(10.9%)増の
1,029人に上ったのが特徴で、
統計を取り始めた1978年以降、
初めて1000人を超えた。

「学生・生徒」は、
大学生     529人(前年比16人増)と
高校生     269人(前年比65人増)
で8割弱を占めた。

年代別でも
19歳以下   622人(前年比12.7%増)、
20歳代  3,304人(前年比2%増)
でいずれも増えた。

動機は
「学業不振 」(140人)や
「進路の悩み」(136人)が多かった。



自殺者全体では、
男性2万 955人(前年比1,328人減)、
女性 9,696人(前年比  289人増)。

女性の自殺者は1997年以来14年ぶりに3割を超えた。
年代別の最多は60歳代の
5,547人(前年比6.1%減)だった。

読売新聞 2012年03月11日(日)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2012(平成24)年03月09日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

未成年者の自殺 3年ぶり増加
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120309/k10013598911000.html

去年自殺した人は、14年連続で3万人を超えましたが、
中でも20歳未満の人は前の年より13%多い622人と、
3年ぶりに増加し、増加率も年代別で最も高かったこと
が分かり、国は、就職難などによる将来への不安が
若者に広がっている可能性があるとみて、
対策を強化する方針です。

120309_NHK_suicide.jpg




警察庁によりますと、去年1年間に自殺した人は、
全国で3万651人で、この10年間では最も少なくなった
ものの、14年連続で3万人を超えました。

年代別では、
▽60代が最も多く5,547人、次いで
▽50代が    5,375人、
▽40代が    5,053人、
▽30代が    4,455人

などで、30代から60代はいずれも前の年より減りました
が、20歳未満は13%多い622人と、3年ぶりの増加
となり、増加率も年代別で最も高くなりました。

20歳未満の動機を見ますと、
勉強の不振や進路の悩みなどが17%増えて187人と、
最も多く、国は、就職難などを背景に、
将来への不安が若者に広がっている可能性があるとみて
対策を強化する方針です。



一方、震災の影響が懸念された岩手・宮城・福島の
3つの県では、自殺した人はいずれも減っていますが、
国では、被災者の生活がある程度落ち着いたあとに
将来への不安や孤立感を抱く人が増えるおそれがあるとみて、
心のケアなどの取り組みを充実させることにしています。

NHKオンライン 2012年03月09日(金)11時42分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック