CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
孤立死防ぐ見守り連絡会議(NHK宮崎放送局) [2012年03月09日(Fri)]
2012(平成24)年03月09日(金)
NHK宮崎放送局
トップ>宮崎県のニュース

孤立死防ぐ見守り連絡会議
http://www.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5063419911.html

各地で相次いで見つかっているいわゆる孤立死を防ごうと、
宮崎市で行政や住民の代表が参加して
初めての連絡会議が開かれ、見守り態勢を
強化していくことを申し合わせました。

誰にもみとられず、または必要な支援を受けられずに亡くなる
孤立死が各地で相次ぐなか、宮崎市の社会福祉協議会は、
3月9日(金)、「見守り活動推進連絡会議」の
初会合を開き、県や宮崎市の担当者と地域の民生委員のほか、
集合住宅の管理業者などおよそ40人が参加しました。



会合では、警察の依頼で遺体の検視を行っている
大西雄二医師が講演し、
▼去年6月に高齢の兄弟がそろって遺体で見つかり、
 85歳の兄は死後2〜3か月が経過していた例や、
▼去年7月には55歳の男性が死後3年ほど経ったと見られる
 白骨化した遺体で見つかった例

などを報告しました。

このあと、意見交換が行われ、
障害者の訪問支援を行っている人から

「個人情報の保護が壁になって
 必要な支援が行き届かない。」

とか、自治会連合会の副会長から

「自治会に加入していない人には
 会うことも難しい。」

などの課題が出されていました。

主催した宮崎市の社会福祉協議会によりますと、
おととしまでの4年間に宮崎市内で見つかった孤立死は、
分かっているだけで119人にのぼるということです。

宮崎市社会福祉協議会の川崎紀代子係長は、

「関係機関が互いに情報交換しながら連携して
 孤立死を防ぐ体制を築いていきたい。」

と話していました。

NHKオンライン 2012年03月09日(金)19時02分
仮設住宅 死亡の独り暮らし18人(NHKオンライン) [2012年03月09日(Fri)]
2012(平成24)年03月09日(金)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

仮設住宅 死亡の独り暮らし18人
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120309/k10013593101000.html

東日本大震災の仮設住宅で、病気や自殺で亡くなった
独り暮らしの人が、岩手、宮城、福島の3県で
18人に上ることがNHKのまとめで分かりました。

死後数日たって見つかったケースもあり、
仮設住宅での被災者の孤立を防ぐ対策が課題となっています。

120309_NHK_solitude.jpg




岩手、宮城、福島の3県では合わせて
4万8,100戸余りの仮設住宅に、
およそ11万5,800人が暮らしています。

震災からまもなく1年になるのを前に
NHKが各地の自治体や警察に取材したところ、
仮設住宅で病気や自殺で亡くなった独り暮らしの人は、
宮城県で12人、
岩手県で 5人、
福島県で 1人

で、3県で合わせて18人に上りました。

中には、アルコール依存症の男性が、訪ねてきた
福祉関係の人によって死後数日たって発見されたケースや、
心臓病の高齢者が亡くなっていたケースもあった
ということです。



仮設住宅では、自治会による交流活動のほか、
自治体や民間のボランティアなどによる見守り活動が
行われていますが、外出する機会が減って閉じこもりがちな
高齢者や仕事が見つからない焦りで酒を飲む量が
増えている人もいて、こうした独り暮らしの人たちを
どう支援していくかが課題となっています。

NHKオンライン 2012年03月09日(金)05時20分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック