CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
こころナビ:ゲートキーパーの役割は。(毎日新聞) [2012年03月06日(Tue)]
2012(平成24)年03月06日(火)
毎日新聞 東京朝刊
トップ>ライフスタイル>新着記事

こころナビ:ゲートキーパーの役割は。
http://mainichi.jp/life/today/news/20120306ddm013100029000c.html

◇「もしや」の視点で自殺防止
◇サイン見落とさずに 気付くだけでなく支援も

自殺者は98年に3万人を超え、
昨年も3万584人(暫定値)に上った。
3月は国の自殺対策強化月間で、キャッチフレーズは
「あなたもゲートキーパー宣言!」

批判を受けて引っこめられた「GKB47宣言」の
騒動はともかく、ゲートキーパーの役割と課題を探った。



「AKB48」をイメージキャラクターに起用した
自殺対策強化月間のポスター
=東京都渋谷区のJR渋谷駅で



東京都足立区こころといのち支援担当課長、
馬場優子さんは、つらい体験を持つ。

2000年暮れ、保健師として
以前に健康相談にのった50代の男性が
「大変世話になったのでお礼が言いたい。」
と訪ねてきた。

いつも作業着姿だった男性が、その日はスーツにネクタイ姿。
違和感はあったが、
「ご丁寧にありがとう。」
だけで済ませた。

翌朝、男性は帰らぬ人に。馬場さんは
「せっかくだから相談室で話をしましょうと、
 なぜ言わなかったか。」
と悔やむ。

英語で「門番」を意味する「ゲートキーパー」。
内閣府自殺対策推進室によると、
悩んでいる人に気付き、声をかけ、話を聞いて、
必要な支援につなげ、見守る人を指す。

世界保健機関(WHO)をはじめ、
自殺対策分野で広く使われる用語だ。

医師や弁護士、民生委員らだけでなく、
強化月間で政府は「全員参加」を掲げ、
一般市民にも行動を呼びかける。

東京都足立区は06年の自殺者が23区で最悪の
161人となり、2008年から自殺対策事業を進めている。
「ゲートキーパー養成研修」を始め、全職員の受講を目指す。

雇用や年金、健康など複数の問題を抱えた区民の情報を、
各窓口で共有する「つなぐシート」も導入。
昨年の自殺者は、前年比約22%減
(東京都全体では5%増)となった。

馬場さんは

「自殺者の7割以上が何らかの相談機関を訪れていた
 とされ、サインが見落とされている。
 『まさか』でなく、みんなが『もしや』と心がければ、
 自殺は防げるはず。」

と話す。



「悩みを聞くだけでなく、再出発までしっかり寄り添い、
 具体的に対応して支え続けることが大切。」

福井県坂井市の景勝地「東尋坊」で自殺防止に取り組む
元警察官、茂(しげ)幸雄さんは強調する。

茂さんは、地元有志でつくる
自殺防止のNPO法人「心に響く文集・編集局」の代表。

東尋坊では毎年20人前後が自ら命を絶ち、
会では毎日3人態勢で巡回している。
2004年の会発足以来、
364人の自殺を食い止めてきた。

昨年11月の夕暮れ、断崖にたたずむ男性(60)がいた。
沈んだ様子が気になり、茂さんが
「どちらからお越しですか。」
と声をかけると、男性は
「死ぬために来た。」

妻に先立たれ、週2回のパートをやっと見つけたが、
仕事中に足を負傷して働けなくなった。
補償はなく、解約した生命保険も底を突いた。

生活保護を申し込んだが、なかなか認定されず、
「もう生きていけなくなった。」
という。

男性は、同会の「シェルター」に保護された。
茂代表が市役所に同行すると、すぐに生活保護が認められ、
男性は生活を立て直すことができた。

シェルターは企業の元社員寮を活用し6室ある。
賃貸料全額を国が補助し、食費や生活費を会が負担。
保護された人は約1カ月滞在し助けを借りながら
職探しや通院をし、再スタートを切る。

「病院で薬漬けになった人、
 上司に相談したが退職を勧められた人、
 生活保護を門前払いされた人。
 みんな、ゲートキーパーになるべき人に期待を裏切られ、
 東尋坊にやって来る。」

と茂さんはこぼす。

NPO法人「自殺対策支援センター・ライフリンク」の
清水康之代表は
「あなたもゲートキーパーに、
 というほど簡単ではない。」
と指摘する。

「自殺は例えば、
 『失業→生活苦→多重債務→うつ病』
 のように幾つかの要因が重なり合って起きる。

 『気付こう。』と口で言うのはたやすいが、
 より重要なのは、気付いた後に頼ることができる
 相談窓口や専門家の存在。

 いまはそれがないから『気付きたくても気付けない。』
 国は、せめて都道府県に1つずつ
 シェルターを作るべきだ。」

と力を込めた。 【丹野恒一】

==============

■「死にたい」と打ち明けられたら

<傾聴のポイント>

・真剣な態度で「自殺」のことを聴く、話す

・相手のペースに合わせる(せかさない)

・共感を伝える

 例:「死にたいと思うほどつらかったんですね。」
   「よく耐えてきましたね。」
   「もしよかったら、心配なことを
    話してくれませんか。」

 <言ってはいけない言葉>

「頑張れ。」
「命を粗末にするな。」
「逃げてはダメだ。」
「そのうちどうにかなるよ。」

※ 東京都足立区の『ゲートキーパー手帳』から

■自殺対策強化月間の特設サイト
 (http://promotion.yahoo.co.jp/gatekeeper/)

自殺につながるさまざまな悩みの相談窓口を紹介している。
職業や場面に応じた対応法を学ぶ
「ゲートキーパー養成講座」の動画も見ることができる。

毎日新聞 東京朝刊 2012年03月06日(火)
スマイル写真館:癒やしの音楽を追究、白石文香さん(毎日新聞) [2012年03月06日(Tue)]
2012(平成24)年03月06日(火)
毎日新聞 東京朝刊
トップ>ライフスタイル>新着記事

スマイル写真館:癒やしの音楽を追究、白石文香さん
http://mainichi.jp/life/today/news/20120306ddm013100031000c.html

◇重なる病も「いいきっかけ」
 −−白石文香(しらいし・あやか)さん(22)

「病気って、次第に治る人もいれば、
 私のように他の病気まで抱えてしまう人もいる。
 でも、これでよかった。
 スリルのない人生じゃつまらないから。」

長野県で生まれ育った。最初の異変は高校1年の夏。
突然、体が動かなくなり、ほぼ寝たきりになった。
「死んじまえ。」
「お前なんていらねえ。」

そんな幻聴に襲われ、統合失調症と診断された。
通信制高校に移ったが、卒業までの4年間、
苦しい日々が続いた。

精神安定剤を大量に飲み、
毎月のように自殺未遂を起こした。
部屋にこもり、友人の携帯アドレスはすべて消去。
孤独だった。



病気との付き合い方が分かってきた19歳のとき、
ヘビーメタルに出合い、ギターにのめり込んだ。
米ギタリストのジェイソン・ベッカーに憧れた。

昼間は祖父が営むブドウ園で働き、
帰宅後は10時間近く練習した。
指先が割れ、けんしょう炎にかかっても、休まなかった。

「もうろうとして、働いてるか、
 ギターを弾いてるかだった。」

東京のアマチュアバンドに参加し、
長距離バスで練習に通ったことも。
自作の曲をネットで公開すると、約1年後、
米国のインディーズバンドから
「ギターを弾かないか。」
と誘われた。

「ネット上で音を合成する形態で、バンドを組んだ。
 ロックの本場の音を感じた。
 追い続ければ夢はかなうと証明できた。」



だが今度は「線維筋痛症」に見舞われた。
全身に激痛が走り、歩行にもつえが必要になった。
原因不明で特効薬はなく、今も痛みで眠れない日がある。

指も自由に動かなくなったが、音楽はあきらめていない。
現在はジャンルにとらわれず、民族音楽を取り入れながら、
ゆったりとしたリズムを追究している。

「人を癒やせる音楽を。」
と、少しずつ自作の曲をネットで発表している。

線維筋痛症も
「新たな音楽に出合ういいきっかけになった。」
と考えている。

友人の僧侶から贈られた言葉が今の支えだ。
「ハンディが大きいほど、より強い人間になれる。
 あなたの魂はとてもたくましく、高貴だ。」

【丹野恒一】=次回は4月10日掲載

==============

『メンタルヘルスマガジンこころの元気+』
表紙の読者モデルを紹介します。

発行・NPO法人地域精神保健福祉機構
電話047・320・3870
http://comhbo.net

毎日新聞 東京朝刊 2012年03月06日(火)
現場から:手帳の「声」/神奈川(毎日新聞) [2012年03月06日(Tue)]
2012(平成24)年03月06日(火)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>神奈川>現場から

現場から:手帳の「声」/神奈川
http://mainichi.jp/area/kanagawa/genbakara/news/20120306ddlk14070254000c.html

「体が痛いです 体が辛(つら)いです
 どうか助けて下さい 誰か助けて下さい。」

手帳にそう書き残した26歳の女性は2008年6月、
横須賀市内のマンションから身を投げて死亡した。



女性は居酒屋チェーンを運営する「ワタミフードサービス」の
元社員で、当時、居酒屋で調理業務を担当していた。

女性の遺族は
「長時間労働で精神障害を発病し、自殺した。」
として労災申請。

横須賀労基署は認めなかったものの、
神奈川労働者災害補償保険審査官が
先月、逆転認定した。



審査官は自殺前の時間外労働が
月100時間を超えていたと指摘し、
「精神障害は業務による心理的負荷が
 主因となって発病した。」
と結論付けた。



女性の両親は労災認定について
「会社の責任を認めてくれた。
 娘の供養になる。」
と喜んだ。

そして会社に再発防止策を望む。
「率先して働く人を大事にする会社になってほしい。」



女性が手帳に残した「声」が会社に届くのか、
その姿勢に注目が集まる。 【山下俊輔】


毎日新聞 地方版 2012年03月06日(火)
薬物依存からの復帰施設で覚醒剤か [2012年03月06日(Tue)]
2012(平成24)年03月06日(火)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>社会

薬物依存からの復帰施設で覚醒剤か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120306/k10013516161000.html

薬物依存の人たちが共同生活をしながら社会復帰を目指す
「ダルク」と呼ばれる東京の施設に入所している男2人が、
覚醒剤を使用したなどとして警視庁に逮捕されました。

120306_NHK_DARC.jpg




逮捕されたのは、東京・荒川区にある
「日本ダルク」の入所者、横田貴明容疑者(41)と
今里栄司容疑者(57)の2人です。

警視庁によりますと、先月2月28日()、
横田容疑者は日本ダルクの自分の部屋で覚醒剤数グラムを
隠し持っていた疑いが、また、
今里容疑者は覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

入所者が覚醒剤を隠し持っているという情報を基に
警視庁が日本ダルクを捜索したところ、
横田容疑者の部屋で覚醒剤が見つかったほか、
今里容疑者の尿から覚醒剤を使用したことが分かった
ということです。

警視庁によりますと、調べに対し
2人は容疑を認めているということです。



ダルクは薬物依存の人たちが共同生活をしながら
社会復帰を目指すため設立された団体で、
全国で66の施設が運営されています。

荒川区の施設では常時、10人前後が生活している
ということです。

入所者が逮捕されたことについて日本ダルクは、

「個人情報が含まれることなので
 コメントは差し控えます。」

と話しています。

NHKオンライン 2012年03月06日(火)14時09分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック