CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
アンケート:東京都民で「1年以内に自殺考慮」1割を超える(毎日新聞) [2012年02月19日(Sun)]
2012(平成24)年02月19日(日)
毎日新聞 
トップ>ニュースセレクト>話題

アンケート:東京都民で「1年以内に自殺考慮」
1割を超える
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120219mog00m040008000c.html

東京都が昨年、東京都民を対象に
自殺に関するアンケートをしたところ、
「最近1年以内に自殺したいと思った」
と答えた人が1割を超えたことが分かった。

東京都の担当者は
「考えていたよりも高い数字となり、
 重く受け止めている。」
と話す。

東京都は、NPOや医療機関などと協力して
自殺防止・予防対策に取り組んできた。

しかし98年以降、毎年2,500人以上の
東京都民が自殺するなど深刻な状況が続く。

今後の自殺対策の参考にするため、
初めて意識調査をした。



アンケートは昨年12月16〜28日に
インターネットで実施。
東京都にモニター登録している
20代以上の男女計221人が回答した。

「これまで自殺したいと考えたことがあるか」
と尋ねたところ
78人(35.9%)が「ある」と回答。

このうち
「最近1年以内に自殺したいと思ったことがある」
と答えた人が24人(30.8%)で、
全体の10.9%だった。

自殺を考えた理由(複数回答)は、
▽家庭問題が   42.3%で最も多く、次いで
▽勤務問題    35.9%
▽経済・生活問題 30.8%
▽健康問題    25.6%
▽男女問題    16.7%

−−などとなった。

「自殺を考えたときに誰に相談したか」との問いに、
「相談したことはない」が57人(73.1%)を占め、
「友人」12人(15.4%)などを大きく上回った。

相談できずに1人で悩んでいる実態が
浮き彫りになった。



ただ約8割が自殺は防ぐことができると
考えており、

「自殺の背景は多様だが、話ができること、
 話を聞いてくれる人がいることが重要だ。」
(50代男性)、

「年代別に分けた自殺予防対策をしてほしい。」
(40代女性)などの意見や要望の声が上がった。

東京都の担当者は

「働き盛りの50、60代に加え、
 最近若年層の自殺も増えている。
 今回の結果を踏まえながら、
 さらに自殺対策を強化していきたい。」

と話す。 【武内 亮】

〔東京都内版〕

毎日新聞 地方版 2012年02月19日(日)
大学生 震災で社会貢献意識強まる(NHKオンライン) [2012年02月19日(Sun)]
2012(平成24)年02月19日(日)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>暮らし・文化

大学生 震災で社会貢献意識強まる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120219/k10013124821000.html

去年3月の東日本大震災を経験したことで、
社会貢献の意識や家族を大切に思う気持が強くなったと考える
大学生は6割を超え、特に女子学生にその傾向が強いことが
全国学生生協の調査で明らかになりました。





この調査は去年3月の東日本大震災以降、
大学生の意識や行動にどんな変化があったかを知るために
全国大学生協組合連合会が実施したもので、
全国28の大学に通う学生を対象に調べ、
3割近くに当たるおよそ8,500人から回答を得ました。

それによりますと、震災後、社会貢献の意識がそれ以前と比べて
「強くなった」と答えた学生は61.9%、
「変化なし」が36.8%、
「弱くなった」が0.6%でした。

また、家族を大切に思う気持が
「強くなった」と答えた学生は61.9%、
「変化なし」が37%、
「弱くなった」が0.4%でした。

男女別にみると、社会貢献の意識と家族を大切に思う
気持ちの両方が「強くなった」と答えた割合は、
女子学生が男子学生を10ポイント以上上回り、
震災の経験は特に女子学生の意識を
大きく変えたことがうかがえます。



さらに、震災をきっかけにとった行動を複数回答で聞くと、
最も多かったのは「募金」で62.3%、
次いで「節電など日常生活で工夫する」が39.3%、
被災地などでのボランティアが6.3%

で、学生も復興を意識した行動を取っていたことが
分かりました。

NHKオンライン 2012年02月19日(日)06時52分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック