CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
映画:『希望のシグナル』完成 北上拠点、双子プロデューサー/岩手 等(毎日新聞、日刊スポーツ) [2011年11月28日(Mon)]
2011(平成23)年11月28日(月)
日刊スポーツ
ホーム>芸能>ニュース

「自殺」テーマの映画完成
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20111128-869818.html

命や福祉をテーマに硬派な記録映画を製作してきた
岩手県北上市在住の双子の映画プロデューサー、
都鳥拓也さん(29)と伸也さん(29)が、
全国で最も自殺率が高い秋田県で
自殺防止に取り組むNPOや遺族を取り上げた
ドキュメンタリー『希望のシグナル』を完成させた。

2人はこれまで、岩手県西和賀町(旧・沢内村)の
福祉行政を扱った『いのちの作法』(2008年)、
児童養護施設を舞台に児童虐待に迫った
『葦牙(あしかび)』(09年)などを企画・製作。
本作では初めて監督・撮影も担当した。



自殺に関する本を読んだのがきっかけだった。
人と人とのつながりに興味を持ってきた2人。
秋田県で自殺防止のために
人と人のつながりの回復を試みる団体の活動に着目した。

昨年4月から撮影を開始。NPOが相談に乗る場面や、
地域で開くサロン、飲み会の様子を捉えた。

追い込まれたときに死を選ばないための自殺防止の本質は、
人とのつながりや居場所づくりといった
「生きる」ことへの支援だと実感した。



撮影のヤマ場を迎えたころ、東日本大震災が発生。
予定を変更し、秋田市のNPOが
被災した岩手県釜石市を訪れる場面を取り入れた。

「岩手に住む者として
 震災から逃げてはいけないと思った。」
と伸也さん。

ラストは
「どう支えていくのか、いけるのか。」

という問いで終わる。

「自殺は誰にでも起こり得る問題。
 特に震災後は、残された人が
 『生きるのと死ぬのはどちらが楽か。』
 と考えてしまうのは普通のこと。」

と拓也さんは話す。

自殺を身近なものとして捉え
「生きていこうと思える社会」
をつくりたいと考えている。



来春の上映を目指すが、震災の影響で
チラシ制作費や映画館への保証金など
約300万円が不足しており、支援を呼び掛けている。

問い合わせはロングラン・映像メディア事業部、
電話 0197・67・0714。

日刊スポーツ 2011年11月28日(月)18時05分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年10月30日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>エンターテイメント>映画>毎日映画コンクール

映画:『希望のシグナル』完成 北上拠点、双子プロデューサー/岩手
http://mainichi.jp/enta/cinema/mfa/news/20111030ddlk03200008000c.html

◇秋田県の自殺防止活動を追う 初めて監督、撮影も

北上市を拠点に活動する双子の映画プロデューサー、
都鳥(とどり)伸也さん(28)と拓也さんが、
全国で最も自殺率の高い秋田県内の自殺防止活動を追った
ドキュメンタリー映画『希望のシグナル』を完成させた。

来年初旬の上映を目指すが、ポスター制作費など
上映に必要な資金が思うように集まっていない。

【宮崎 隆】



兄弟は05年に、旧沢内村(現西和賀町)の生命行政を
テーマにしたドキュメンタリー『いのちの作法』
(08年公開)の製作を機に川崎市から北上市に帰郷。

続いて製作したドキュメンタリー
『葦牙(あしかび)』(09年公開)では、
盛岡市の児童養護施設を舞台に児童虐待の問題を描き、
平和・協同ジャーナリスト基金賞の
奨励賞(10年11月)を受けた。



全国各地で上映され高い評価を得た2作品に続いて
選んだテーマは自殺。

『葦牙』上映会のため訪れた秋田市で、
来場者から自殺に関する本を手渡された事がきっかけだった。

初めて監督と撮影も手がけ、昨年4月から製作を開始。
秋田県内を中心に自殺防止や遺族のケアに取り組む
NPOなどの活動を追った。

撮影の中で直面した、過疎や高齢化が進み、
住人同士のつながりが希薄になった地域で
いかに孤立を防ぐかなどの課題は、
生まれ育った岩手にも共通する問題だったという。



撮影も終盤に近づいていた3月11日、東日本大震災が発生。
当初の予定を変更して映画のラストシーンに、
秋田市のNPOが3月末と4月中旬の2度にわたり、
被災の大きかった釜石市を訪れるシーンを付け加えた。

拓也さんは

「震災で極限にまで追い詰められた人が大勢いた。
 自分たちが暮らす岩手で起きた震災を、
 映画に入れないわけにはいかなかった。」

と振り返る。



現在は編集作業もほぼ終了し、
関係者向けの試写会準備が進む。

拓也さんは

「自殺は誰の身近でも起こる問題。
 自殺を防ぐために何ができるかを模索する人たちの姿を
 通して、改めて自分の家族や友人の事を考える
 きっかけにしてほしい。」

と話す。

ポスターやチラシの製作費、映画館への保障金など、
上映に必要な諸経費が約300万円不足しており、
個  人  1口  5,000円、
企業・団体 1口  1万円、
特別協賛  1口 10万円

で資金協力を呼びかけている。

問い合わせはサポーターズ・クラブ。
(電話 0197・67・0714)

毎日新聞 地方版 2011年10月30日(日)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック