CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
日本人の肥満率、低水準=依然多い自殺者−OECD調査(時事通信) [2011年11月23日(Wed)]
2011(平成23)年11月23日(水・祝)
時事ドットコム(時事通信社)
ホーム>社会

日本人の肥満率、低水準=依然多い自殺者−OECD調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011112300410&google_editors_picks=true

【パリ時事】
経済協力開発機構(OECD)は11月23日(水・祝)、
先進国中心の加盟国(現在34カ国)の保健医療の現状を
分析した報告書を発表した。

日本は慢性疾患のリスク要因となる肥満の割合が低く、
平均寿命が83.0歳(男性79.6歳、女性86.4歳)
で引き続きトップだった一方、国民の精神保健の状況を示す
指標として使われる自殺率は依然として高水準だった。



同報告書(採用統計は09年または最新年)によると、
日本の成人の太り過ぎ人口
(BMI=体格指数=が30超)の割合は3.9%で、
最も高い米国(33.8%)や
英国(23.0%)に比べ圧倒的に低かった。

日本の1人当たり医療費と、国内総生産(GDP)に占める
総医療費の割合はOECD平均を下回った。

OECDは、概して国民所得や医療費水準は
平均寿命に連動するが、日本などはその相関関係が
認められないとしている。



日本の10万人当たりの自殺者は19.7人と、
韓国(28.4人)、
ハンガリー(19.8人)に次いで高かった。

時事通信 2011年11月23日(水・祝)19時11分
赤坂サカスがオレンジ色に…小島慶子らライトアップ 等(スポニチアネックス) [2011年11月23日(Wed)]
2011(平成23)年11月23日(水・祝)
スポニチアネックス
ホーム>芸能>ニュース&デイリーフォト一覧(芸能)
>2011年11月23日(水・祝)

赤坂サカスがオレンジ色に…小島慶子らライトアップ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/11/23/kiji/K20111123002088780.html

ラジオパーソナリティーの小島慶子(39)が
11月22日(火)、東京・赤坂の赤坂サカスで行われた
「オレンジリボン ライトアップイベント」に出席した。

このイベントは児童虐待防止(オレンジリボン運動)の啓発と
児童相談所全国共通ダイヤルの認知拡大を目的に開催。
小島や小宮山洋子厚労相(63)の点灯で、
「サカス坂」がオレンジ色に染まった。



オレンジ色にライトアップされたツリーの前で笑顔を見せる
小島慶子(左)と小宮山厚生労働大臣



2児の母でもある小島はオレンジリボン運動に
興味津々の様子で、小宮山厚労相に
「なぜオレンジ色なのですか?」
と質問。

小宮山厚労相は
「虐待されて里子に出ている子供たちに聞いたところ
 “温かみがあるオレンジがいい”という声が多かった。」
と答えた。

昨年度の児童虐待の相談対応件数は5万5,152件。
児童虐待防止法が施行された1999年から
5倍近く増加している。

そうした背景を踏まえ厚労省では
「児童相談所全国共通ダイヤル」
=(電)0570(064)000=を設置。
24時間、365日つながる態勢を整えている。

小宮山厚労相は

「児童虐待は一般の方に気づいていただき、
 通報していただかないと分からない。
 ぜひ電話してほしい。」

と呼び掛けた。

小島は

「育児をしていると、とても追い詰められてしまうことが
 ある。相談できる場所があるのは大きいですね。」

と母親の立場で感想を述べた。

また、8月末にはフェイスブックで
「『守る力を』ネットワーク」が開設された。

児童虐待防止や自殺対策などに関する問題に対して、
各界の著名人に情報発信してもらうもので、
小島も名を連ねている。

スポニチアネックス 2011年11月23日(水・祝)06時00分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年11月22日(火)
BCNランキング(デジタル生活応援サイト)
ホーム>ニュース・特集>ニュース

内閣府、「守る力を」ネットワーク公式
Facebookページ内にサポーターページを開設
http://bcnranking.jp/news/1111/111122_21471.html

内閣府は、自分1人の力では解決しにくい
8つのテーマについて問題意識を広く共有し、
さまざまな情報を発信・共有していくプロジェクト、
「守る力を」ネットワークの公式Facebookページ内に、
テーマに沿って議論を行う「守る力を」
サポーターページを開設した。



「守る力を」ネットワークの公式Facebookページ



公式Facebookページでは、
「減災」「自殺対策」「児童虐待防止」「児童ポルノ対策」
「消費者トラブル」「多情債務対策・金融トラブルの解決」
「振り込め詐欺」「法テラス」
の8つのテーマのうち、主に
「減災」「児童虐待防止」「自殺対策」
の3つのテーマを取り上げている。

現在、「守る力を」サポーターページでは、
自然災害に対し、被害を完全に封じるのではなく、
被害が最小になるよう備える「減災」と「児童虐待防止」
に関して、「守る力を」ネットワークに賛同した
さまざまな分野の著名人に意見を寄せてもらい、
あわせてその分野の専門家のコメントを掲載している。

各コメントに対して
「いいね!」のクリックやコメントを投稿することもできる。

また、11月が「児童虐待防止推進月間」であることから、
「児童相談所全国共通ダイヤル」や、
赤坂サカスで開催する
「オレンジリボン ライトアップイベント」
などを紹介している。



「オレンジリボン ライトアップイベント」
は、児童虐待防止運動(オレンジリボン運動)の啓発と、
24時間365日つながる
「児童相談所全国共通ダイヤル」(0570-064-000)の認知拡大を
目的に、11月22日(火)18時から11月30日(水)まで、
東京・赤坂サカスのサカス坂を児童虐待防止の
コンセプトカラーであるオレンジ色に
ライトアップするイベント。
ライトアップの時間帯は毎日17時〜24時。

初日の11月22(火)日には、
小宮山洋子厚生労働大臣とラジオパーソナリティの
小島慶子さんを招いてライトアップセレモニーを開催し、
トークセッションや「児童虐待防止推進月間」
標語の最優秀作品の表彰式などを行った。



「オレンジリボン ライトアップイベント」
初日のライトアップセレモニーで、小宮山洋子厚生労働大臣
は、児童相談所全国共通ダイヤルを知って欲しいと訴えた



小島慶子さんの司会のもと、登壇した小宮山大臣が
「オレンジリボン ライトアップイベント」
の目的などについて説明。

続いて、平成23年度「児童虐待防止推進月間」標語
『守るのは 気づいたあなたの その勇気』
を発表し、この標語を応募した野口結衣さんに、
小宮山大臣が表彰状を手渡した。



ライトアップセレモニーでは、小宮山大臣、小島慶子さん、
野口結衣さんが点灯スイッチを押し、
サカス坂があざやかなオレンジ色に染まった。



二児の母でもある小島慶子さんは、

「子育てをしていると、行き詰って子どもに手を
 あげたくなるような気持ちになることもあります。
 そんなときに相談できる相手がいるということを
 知ってほしいです。」

とコメントした。

小宮山大臣は

「児童虐待はみなさんに気付いてもらって、
 通報してもらわないとこの世からなくならない。
 ぜひ、この番号『児童相談所全国共通ダイヤル』
 を知ってください。
 政府としてもしっかりと受け止められるようにします。」

と、児童虐待防止を強く訴えた。

BCN 2011年11月22日(火)22時00分
大分いのちの電話チャリティーバザー(OBS大分放送) [2011年11月23日(Wed)]
2011(平成23)年11月23日(水・祝)
OBSニュース(大分放送)
トップ>これまでのニュース>2011年11月23日(水)

大分いのちの電話チャリティーバザー
http://www.e-obs.com/obs-news/genko/DD11230018398.html

様々な悩みを抱える人の相談に対応する
「大分いのちの電話」がきょう大分市で
チャリティーバザーを行いました。

大分いのちの電話では活動の目的や内容を
広く知ってもらおうと毎年チャリティーバザーを
実施しています。



大分市のガレリア竹町の会場では
日用品や食品などおよそ9,000点が販売されました。

「大分いのちの電話」事務局によりますと
今年寄せられた相談件数は10月末現在で
およそ1万2,800件で、自殺に関するものなど
深刻な内容が多く1人あたりの相談時間は
長くなっているということです。

またボランティアの相談員不足も深刻化しています。

バザーの売り上げは運営資金に活用されます。

OBS(大分放送) 2011年11月23日(水・祝)11時36分
生活保護“医療費一部負担検討を”(NHKオンライン) [2011年11月23日(Wed)]
2011(平成23)年11月23日(水・祝)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>政治

生活保護“医療費一部負担検討を”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111123/k10014150011000.html

政府の行政刷新会議による「政策仕分け」で、
受給者が増え続けている生活保護制度の見直しについて
議論が行われ、生活保護費のおよそ半分を占める
医療費について、

「受給者に一部を自己負担してもらうことも
 検討するべきだ。」

などとする提言をまとめました。





生活保護の受給者は、高齢化や厳しい雇用情勢を背景に
増加し、ことし7月の時点で205万人を超え、
戦後の混乱期の水準を上回って過去最多となりました。

生活保護費の総額は、今年度3兆4,000億円を
超える見通しで、このうちおよそ半分を
医療費が占めています。

これに対して、仕分け人からは

「生活保護の受給者は自己負担がなく、
 過剰な診療が行われているおそれがある。」
とか、

「医療機関への監督を強化すべきだ。」

といった意見が出されました。

そして、

「後で返還することを前提に、
 受給者に医療費の一部の自己負担を求めることや、
 価格の安い後発医薬品の利用の促進を義務づけることなどを
 検討するべきだ。」

という提言をまとめました。



また、生活保護受給者の自立をどう促すかについて、
仕分け人からは

「低い賃金で働くよりも
 生活保護で暮らしたいという人もいる。」

とか、

「働くことが可能な若い世代に対しては、
 働くことを条件に生活保護を支給すべきだ。」

といった意見が出されました。

そして、

「基礎年金や最低賃金とのバランスを考慮して
 支給額を設定し、働くことが可能な人については、
 NPOなどと連携して自立就労支援を図るべきだ。」

とする提言をまとめました。



また、11月23日(水・祝)の政策仕分けでは、
雇用対策の見直しについても議論が行われ、
毎年、すべての事業の効果を十分に検証し、
見直しを図っていくべきだとする提言をまとめました。

厳しい雇用情勢が続くなか、厚生労働省は、
失業者が生活費を受給しながら職業訓練を受ける
「求職者支援制度」など、現在100を超える
雇用対策事業を実施しています。

これについて、仕分け人からは

「企業に補助金を支給する同様の事業がいくつもあり、
 効果が検証されていない。」

といった意見が相次ぎました。

このため、

「毎年すべての事業について、効果を十分に検証し、
 次の年の予算に厳格に反映させるほか、
 非正規労働者の増加や新卒者の就職難といった
 構造的な課題を解消するため、
 制度改革にも踏み込むべきだ。」

とする提言をまとめました。

NHKオンライン 2011年11月23日(水・祝)17時37分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック