CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
宮崎県精神保健福祉大会:共生できる地域を−−宮崎市/宮崎 等(宮崎日日新聞、毎日新聞) [2011年11月18日(Fri)]
2011(平成23)年11月18日(金)
宮崎日日新聞
ホーム>くろしお>2011年11月18日(金)

うつ病
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=42080&catid=14&blogid=5

兆候はあった。だからある日突然というわけではないが、
出社時間になっても足が向かない。何事に対しても無気力だ。
たくさん調味料を入れても、料理の味が分からない。

宮崎市で上映していた映画『ツレがうつになりまして』
を見た。

堺雅人さんが演じる几帳面(きちょうめん)な
サラリーマンがうつ病にかかり、漫画家の妻と
病気に立ち向かう。

過酷な体験を基にした物語だが、ことさら深刻に描かず、
夫婦愛や周囲の対応などを絡めて軽妙に描く。



うつ病の基本的な知識や対応を学ぶ上でも啓発された。
うつに対する一般の理解度は必ずしも高くない。
まず病気と認識している人がどれほどいるだろう。

うつなどの精神疾患はがん、脳卒中、心臓病、糖尿病と並ぶ
「5大疾病」とされる。

厚労省が7月にそう位置付けた背景には、
糖尿病やがんよりも患者が大幅に上回るが、
諸外国に比べて精神医療が遅れているためだ。

自殺やうつによる社会的損失は計り知れない。
今後は重点対策を行う方針だが、認知度を高め、
社会全体の協力を得るのが課題だ。



先週あった宮崎県精神保健福祉大会で、
心の病を抱えた患者の幻覚を疑似体験する装置を試した。

リストラされた独身男性の設定。
喫茶店で、マスターと客の会話が自分の悪口に聞こえる。
精神は疲弊する一方だが、周囲には分かりにくい。

有効な治療法や薬の開発が進んでいる。
自治体などの相談機関ももっと利用されていい。

映画ではうつの原因を詮索するよりも
「うつである意味を一緒に考えたい。」

という前向きなメッセージがあった。
患者が1人で背負うのは重すぎる。

宮崎日日新聞 2011年11月18日(金)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年11月09日(水)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>宮崎

宮崎県精神保健福祉大会:
共生できる地域を−−宮崎市/宮崎
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20111109ddlk45100600000c.html

第51回宮崎県精神保健福祉大会(宮崎県、
宮崎県精神保健福祉連絡協議会、
宮崎県精神科病院協会、宮崎市主催)が
11月8日(火)、宮崎市の市民文化ホールで開かれた。

「確かめよう絆! 仲間と家族と地域と」
をテーマに、精神障害者が共生できる
地域のあり方について考えた。



10代のころから統合失調症を抱える女性が
体験談を披露。

北海道にある共同生活施設で仲間と一緒に
病気と向き合い、元気を取り戻したことを説明し

「真っ暗闇で死ぬことしかできないと思っていたが、
 病気になって友達も増え、働けるようになった。
 病気の自分も好きになれた。」

と前向きな気持ちを語った。



続くパネルディスカッションでは、障害者を雇用する
延岡市の和菓子屋「虎屋」の上田耕市社長が

「一緒に働くことで気持ちが優しくなる。
 彼らができなかったことは仕事の改善点に結びつき、
 結局一般社員のためになる。」

と語った。



会場では、統合失調症の幻覚症状を仮想体験するコーナーも。
精神保健福祉士の黒田訓孝さん(41)は

「患者さんから幻聴があると聞いても想像するしか
 なかったが、突然話している人の表情が悪意のあるように
 見えたりして、日々のしんどさを垣間見た。
 常に考えながら接したい。」

と話していた。

【百武信幸】

毎日新聞 地方版 2011年11月09日(水)
【映画評】「アントキノイノチ」(松竹、TBSほか)(読売新聞) [2011年11月18日(Fri)]
2011(平成23)年11月18日(金)
読売新聞
総合トップ>エンタメ>映画>映画評

【映画評】「アントキノイノチ」(松竹、TBSほか)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/creview/20111118-OYT8T00708.htm

■死の現場で生を思う

亡くなった人の遺品が残された部屋は、
死に場所であるだけでなく、
人間が最期まで生きた場所でもある。

遺品整理業の現場で働く
杏平(岡田将生=写真右)と
ゆき(栄倉奈々=同左)は、
遺族に代わって、故人の部屋を片づけていく。

様々な理由で、独り暮らしを余儀なくされ、
寂しく死んでいった人がほとんど。

ベッドが体液で汚れ、虫がわき、
異臭を発する部屋も少なくない。
そこで、彼らは、遺品を分別していく。

不用品と供養品。故人が生きた証しとなる品は、
不用品と分けて、遺族に引き渡す。

供養品を手にした人は、死んだ人が
「ここで何を見ていたんだろう。」
と考える。死の現場で、生に思いを巡らすことになる。





さだまさしの原作小説では、
ゆきは居酒屋で働く女性の設定だが、
映画では、杏平の同僚に変更。

人間の尊厳を傷つけられた過去を持つゆきの
再生の場として、遺品整理業の現場はふさわしい。

杏平もそうだ。
高校時代に同級生のせいで友人を自殺に追いやられ、
自らもおとしめられるに至って、殺意を抱く。

やがて、精神に失調をきたし、
吃音(きつおん)が激しくなる。

そんな絶望を乗り越えるのに、遺品整理の仕事と、
同じ現場にいる女性の存在が必要だったのだ。



原作同様、映画も仕事の細部を丁寧に描き、説得力がある。

もちろん、仕事のノウハウを紹介するのがねらいではない。
並行して、杏平の過去が回想として挿入され、
ゆきの口から、自身の過去が語られる。

その重さを彼らと共に受け止めることで、
観客は2人の心情に寄り添うことができる。



日本映画の場合、このような題材を扱うと、
情緒過多になりがちだが、本作はそうなっていない。

前作『ヘヴンズ ストーリー』で、
人を殺すことの意味を問うた瀬々敬久監督の
真摯(しんし)なまなざしが、変わっていないからだろう。

岡田、栄倉の若い2人が、監督の期待によく応えている。
語る言葉を探せども、容易に見つからない困惑を、
繊細な表情の推移で表現。俳優としての力量を買う。



大きな災害に見舞われ、家族や知人の遺品を探す
人々の姿を、新聞やテレビで何度も見た。

目の前からいなくなった人とつながっていたいという
思いの深さを、感じずにはいられない。

それは、死と向き合った時、誰もが抱く思いである、
と、映画は教えてくれる。

2時間11分。有楽町・丸の内ピカデリーなど。

(近藤 孝)

読売新聞 2011年11月18日(金)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック