CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
80時間連続で、自殺相談窓口 等(毎日新聞、京都新聞/京都) [2011年03月27日(Sun)]
2011(平成23)年03月27日(日)
毎日新聞 地方版
トップ>地域ニュース>京都

京都自死・自殺相談センター:
あすから電話相談/京都
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110327ddlk26040381000c.html

悩みを抱える人の声に耳を傾ける民間の相談機関
「京都自死・自殺相談センター」は
3月28日(月)午後8時から
4月 1日(金)午前4時にかけ、
80時間連続で電話相談を受け付ける。

年度変わりの時期は例年、
自殺者が増える傾向にあるのを受けた取り組み。

電話(電話 075・365・1616)で、
研修を経たボランティアが応対する。
相談は無料、通話料がかかる。



同センター代表で、浄土真宗本願寺派僧侶の
竹本了悟さん(33)は、今月発生した
東日本大震災の影響を心配している。

「直接には被災していなくても、
 普段死にたい気持ちを抱えておられる方は、
 より敏感に反応して不安定になる可能性がある。
 遠慮せず電話してほしい。」

と話している。 【鶴谷 真】

毎日新聞 地方版 2011年03月27日(日)

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年03月26日(土)
京都新聞
トップ>政治・社会>2011年03月26日(土)

80時間連続で、自殺相談窓口
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110326000079

京都自死・自殺相談センター(京都市下京区)は
3月28日(月)午後8時から4月1日(金)午前4時まで
の連続80時間、電話相談窓口を開設する。
TEL 075(365)1616。



同センターは通常、毎週金、土曜に電話相談を受けている。
政府が月別で自殺者が最も多い3月を自殺対策強化月間に
定めており、初の長時間相談をすることにした。

東日本大震災が起きた後は、津波被害の映像が
精神的に負担になっているとの相談も寄せられている。

竹本了悟代表は
「悩みを抱え込まずに電話をかけてほしい。」

と呼び掛けている。

京都新聞 2011年03月27日(日)
一斉に募金を呼びかけ(NHK宮崎放送局) [2011年03月27日(Sun)]
2011(平成23)年03月27日(日)
NHK宮崎放送局
トップ>宮崎県内のニュース

一斉に募金を呼びかけ
http://www.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5064904182.html

東北関東大震災の支援に宮崎県民が一丸であたろうと、
宮崎県の河野知事や地元経済団体のトップなどが参加して、
宮崎市内で一斉に募金を呼びかけました。

『届けよう、わたしたちの思い』
と題したこの取り組みは、被災地支援の気運を高めようと、
宮崎県が宮崎県内の経済団体などと協力して
3月27日(日)、宮崎市内の8か所で一斉に行いました。

このうち宮崎市のショッピングセンターや映画館などが入る
商業施設では、河野知事や宮崎県商工会議所連合会の
米良充典会頭など30人が集まり、決起式が行われました。

河野知事は、

「宮崎県は去年から口てい疫や新燃岳の噴火による被害で
 全国各地から多くの支援を受けた。
 その感謝の気持ちを伝えていきたい。」

とあいさつしたあと、買い物客に募金を呼びかけました。



宮崎県では、今後も募金を呼びかけるとともに、
集まった義援金は日本赤十字社を通じて
被災地に送るということです。

このほか保存食や紙おむつなど個人からの支援物資も
受け付け、被災地へ送ることにしています。

河野知事は、

「こうした支援はきょう1日ではなく、
 息の長い取り組みになってくる。
 宮崎県民の皆さんの思いを義援金という形で
 協力をお願いしたい。」

と話していました。

NHK宮崎放送局 2011年03月27日(日)14時57分

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

2011(平成23)年03月27日(日)
NHK宮崎放送局
トップ>宮崎県内のニュース

宮崎県川南町でチャリティ
http://www.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5064870811.html

東北関東大震災で被災した人たちの復興に向けた歩みを
応援しようと、去年、口てい疫ですべての家畜を失った
宮崎県川南町で、チャリティーオークションが開かれました。

宮崎県川南町では、去年、口てい疫の感染が集中して
農場ではすべての牛と豚が処分されたあと、
少しずつ家畜の飼育を再開し、地元で名物となっている
月に1回の朝市は以前の活気を取り戻しました。



3月27日(日)は震災のあと初めての朝市が開かれ、
主催した地元の商工会の代表が、

「今回のオークションの売上金は
 被災者の支援に役立てたい。」

と呼びかけると、集まった人たちは一段と元気な声で応え、
出品された品々を次々と落札していきました。

オークションに出品されたのは、朝市の店から
無償で提供された特産の果物や魚、花などです。

会場には募金箱も設置され、
オークションの売上金とともに全額、
地元の社会福祉協議会を通して
被災地に寄付されるということです。

主催した商工会の津江章男さんは、

「川南町は、口てい疫で全国からたくさんの支援を
いただいたので、今度は恩返しをしたい。
 あれだけの大きな震災で、復興までには時間がかかると
 思いますが、是非がんばっていただきたいです。」

と話していました。

NHK宮崎放送局 2011年03月27日(日)12時10分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック