CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
【社説】自殺者3万人―心を開ける場所もっと(朝日新聞) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成23)年03月10日(木)
朝日新聞
asahi.com>社説>2011年03月10日(木)

【社説】自殺者3万人―心を開ける場所もっと
http://www.asahi.com/paper/editorial20110310.html#Edit1

ようやく転換の時なのだろうか。

警察庁によると、昨年の自殺者は
9年ぶりに3万1,000人台に減った。
前年に比べ、34都道県で減少している。

三重県は25%減、青森県は17%減と顕著に減った。
13年連続の3万人台とはいえ、
変化の兆しかもしれない。

年度末の3月は毎年、自殺が増える月で、
政府は昨年から対策強化月間にした。
さらに手を尽くしたい。



昨年、人口あたり自殺者数の割合が高い
東北6県で軒並み減少したのに、平均より低い
香川県、滋賀県、石川県などで逆に増えている。

危機感の違いが対応の差になってはいないか。

東京、大阪といった都市部は横ばいだ。
3,000人、2,000人もの人が死を選んでいる。

2006年の自殺対策基本法が社会的な取り組みを
強調し、多重債務対策や心の健康診断も
強化したが、やはり決め手があるわけではない。

自殺者数のデータはいま、市町村別に公表されるようになった。
わがまちの現状はどうか。対策はどうなっているか。
住民として、気にかけたい。

統一地方選が近づき、よく耳にする「安心、安全」が
必要なのは、交通事故や災害対策に限ったことではない。



基本法の原動力になった市民活動の広がりには
勇気づけられる。

「自殺対策に取り組む僧侶の会」(東京)
は、44人の集まりだ。

面談や電話相談をするには人手が足りない。
悩む人たちの手紙を受け付けることにした。

受けた手紙は、3年で2,500通。

「やっと気持ちの届け先を見つけた。」
「だれにも言えなかった。」
などとある。

僧たちは3人1組になり、相談しながら返事を書く。

代表の僧は49歳で、元IT企業幹部だ。
仲間が参加しやすいよう、受けた手紙は電子化し、
返事の文案もメールでやり取りしながら練る。

最近、広告会社員らの協力で、
僧が赤い郵便受けを持ってほほ笑むポスターも作った。



三重県の志摩市では老人会などで、
地域のボランティアグループ「お達者サポーター」
が紙芝居を演じ、うつ病などの早期相談を呼びかけている。
手書きの絵に思いを込める。

ただ、手紙も紙芝居も参加者は女性が多い。
自殺者の2/3を占める男性がなかなか顔を出さない。

そこで、秋田県藤里町の市民グループは、
夜に飲酒OKのミニ会合「赤ちょうちん よってたもれ」
を始めた。自分史を語り合う何げない機会が、心を開く。



警察庁データで自殺原因の上位にあげられたのは、
今回も「健康問題」であり、「経済・生活問題」だった。
「就職失敗」も増加していた。

不況は続き、社会は高齢化する。
苦しみはこの先も避けがたいだろう。

孤族の時代と言われる今日、こうした人のつながりにこそ、
瀬戸際の人間を踏みとどまらせる力があるだろう。

朝日新聞 2011年03月10日(木)
そううつ病の治療指針作成=医師向け、HPで公表−日本うつ病学会(時事通信社) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成 23)年03月10日(木)
時事ドットコム(時事通信社)
ホーム>記事

そううつ病の治療指針作成=医師向け、HPで公表−日本うつ病学会
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031000662

うつ状態とそう状態を繰り返すそううつ病について、
日本うつ病学会は3月10日、精神科医向けの治療指針を
作成し、ホームページ上で公開した。
学会による治療方針作成は日本では初という。



同学会によると、そううつ病は患者ごとに症状や周囲の環境が
異なるため、医師によるきめ細かな治療が必要とされる。

しかし、医師によって治療法が大きく異なったり、
新薬や最新の治療法などの情報に多忙な臨床医が
十分に追い付けなかったりする問題が指摘されてきた。

指針は
「医師の治療裁量を縛るものではない。」
とした上で、症状ごとに奨励される治療薬の優先順位に加え、
家族との対話や規則正しい生活の指導といった
精神療法についても紹介。

治療薬の不適切な使い方や副作用についても触れ、
保険がきかないものについては「対応外」と明記した。

新たな治験データなどが得られた場合は、
順次指針を更新していくという。

時事通信社 2011年03月10日(木)16時13分
自殺防ぐ、合言葉は「結びつき」 鈴鹿・市民の会(朝日新聞/三重) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成23)年03月10日(木)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>三重

自殺防ぐ、合言葉は「結びつき」 鈴鹿・市民の会
http://mytown.asahi.com/areanews/mie/NGY201103090018.html

市民グループ「いのちと心を守る鈴鹿市民の会」が、
自殺防止活動に取り組んでいる。

三重県や鈴鹿市の保健師も加わり、
「人と人との結びつき」を合言葉に命の大切さを訴え、
自殺を考えている人を1人でも多く救いたいとの思いがある。



来年度の活動方針について話し合う
「いのちと心を守る鈴鹿市民の会」の中田悌夫代表(中央)ら
=鈴鹿市白子駅前



会は、鈴鹿市内の自殺者数が交通事故の死者の2倍以上の
40人前後もいると知り、代表で元鈴鹿高校教員の
中田悌夫(つかお)さん(72)が呼びかけ、昨年4月に発足。
現在、メンバーは会社員や公務員ら約20人いる。

地域全体で自殺と向き合う必要があると考え、
最初に市民向けの勉強会を開いた。

6月には命の尊さを訴えるコンサート、
さらに10月には脱競争を描いた
映画『降りてゆく生き方』を上映し、約600人を集めた。



行政も全面的に支援した。会のメンバーでもある
三重県鈴鹿保健事務所健康増進課の奥山恵子課長は

「自殺者を減らすには、地域の協力が不可欠。
 身近な市民が主導して啓発する方法は、
 非常に効果的だと思う。」

と話す。

同事務所は昨年9月、メンバーの協力を得て、
鈴鹿市民735人に自殺に関するアンケートをした。

自殺者が交通事故による死者の2倍以上あることについて、
83%が「多い」と回答。

「自殺は自分たちには起こらないか。」
との問いには、43%が「そうは思わない」と答えるなど、
自殺への関心が高まっていることがうかがえた。

今月4日、来年度の活動方針を話し合った。
講演会やコンサート、映画の上映に加え、
メンバーらが軽食とお茶を振る舞い、様々な立場の人が
気持ちや悩みを打ち明けられる場づくりを
検討することになった。



警察庁が今月発表した2010年の自殺者数の確定値では、
三重県内の自殺者数は前年より118人減り358人。
自殺減少率は24.8%と全国で最も高かった。

厚生労働省の人口動態調査に基づく03〜07年の
人口10万人あたりの自殺率をみると、
鈴鹿市は19.4で三重県平均の21.2を下回る。

中田さんは

「自殺は地域共通の身近な問題だという認識を市民に浸透させ、
 悩みを抱える人に『居場所』を提供する試みにも
 力を入れたい。」

と話した。

(安田琢典)

朝日新聞 2011年03月10日(木)
3月は自殺対策強化月間(タウンニュース) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成23)年03月11日(金)
タウンニュース(神奈川県全域・東京都町田市の地域情報紙)
ホーム>座間版>ローカルニュース

3月は自殺対策強化月間
http://www.townnews.co.jp/0403/2011/03/11/97832.html

街頭キャンペーンなど実施

自殺対策強化月間と位置づけられている
3月1日から31日(木)までの間、座間市では
「目をむけよう 命を支えるたくさんの人」
という標語のもと、街頭キャンペーンなど
さまざまな活動を実施している。



座間市役所1階アトリウムには
さまざまなリーフレットが展示されている



期間中、座間市役所1階アトリウムには
メンタルヘルス、自殺対策のイベント、自死遺族の集いなど
さまざまなリーフレットや案内を展示しているほか、
3月17日(木)の午前7時から8時には
座間市内各駅(相武台前、座間、小田急相模原、さがみ野)
でポケットティッシュやリーフレットを配布する予定
だという。

警察庁の統計によると、
平成22年の全国での自殺者数は3万1,690人。
そのうち神奈川県内では1,849人が亡くなっている。

国内では1日に平均約87人、
神奈川県内では1日約5人が自ら命を絶っていることになる。



こうした現状に対し、座間市では、
昨年4月から「座間市自殺対策庁内連絡会」を設立。

自殺の背景には健康、生活苦、過労、借金など
複数の事柄が関係している場合が多いため、
市民からの相談窓口となる座間市役所内の各課が
自殺対策に向けて連携をとれる体制を構築している。

問い合わせ、相談窓口は

座間市障害福祉課
【電話】046(252)7132

こころの電話相談
【電話】045(821)6060
(月〜金曜日の午後5時30分から9時まで)

タウンニュース 2011年03月11日(金)
自殺 1人で悩まず相談を 強化月間で啓発 京都市(MSN産経ニュース) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成23)年03月10日(木)
MSN産経ニュース
トップ>ニューストップ>地方>近畿

自殺 1人で悩まず相談を 強化月間で啓発 京都市
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110310/kyt11031002400002-n1.htm

「自殺対策強化月間」の今月、京都市は、さまざまな方法で
悩みの相談を呼びかけ、命の大切さを訴えている。

京都市内の自殺者数は3年連続で300人を超えており、
担当者は
「何とかして自殺に走ってしまう市民の方を守りたい。」
としている。



京都市の自殺者数は平成10年に初めて300人を超え、
その後いったん減ったが、19年から21年まで
3年連続で300人台を推移。

人口10万人中の自殺者数は21年では21.5人と
全国で7位となっており、京都市は昨年3月に
「自殺総合対策推進計画」を策定するなど、
対策に乗り出している。

啓発活動では、コンビニ「ローソン」の
京都市内全約160店舗のレジカウンターの画面に
「弱音をはこう 弱音をきこう」
と訴える広告を出しているほか、京都市の専門機関への
悩み相談を呼びかけるステッカーやクリアファイルなど
数千点を病院や大学で配布。

また、地下鉄の駅で街頭啓発を行うなど、精力的に活動する。

京都市の担当者は
「1人で悩みを抱え込まず、まずは相談してほしい。」
と話している。

MSN産経ニュース 2011年03月10日(木)02時39分
精神保健支援員を配置 亀岡市が自殺予防対策(京都新聞) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成23)年03月10日(木)
京都新聞
トップ>政治・社会>2011年03月10日(木)

精神保健支援員を配置 亀岡市が自殺予防対策
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110310000048

亀岡市議会は9日、3月定例会の本会議を再開し、
2日目の一般質問を行った。

亀岡市は深刻化する自殺の予防に向け、
主な原因とされるうつ病などの精神疾患に悩む
市民の相談に応じる精神保健福祉支援員を
亀岡市役所に配置する方針を示した。



武田 学健康福祉部長は、亀岡市の精神医療通院制度の
利用者のうち、うつ病を含む気分障害を患う人が
現在451人に上ると報告。

2011年度から、嘱託職員として精神保健福祉支援員1人を
亀岡市社会福祉課に置き、窓口や電話で相談に応じる。

さらに、病院など関係機関と連携して予防対策強化に取り組む。
11年度一般会計当初予算案に200万円を盛り込んだ。

精神保健福祉支援員は、うつ病など心の病を中心に
専門的な立場からアドバイスし、社会復帰を促す。

京都新聞 2011年03月10日(木)10時24分
足利の井野口吉一さん 鉄道自殺から男性救う 警察が感謝状「夢中だった」(東京新聞) [2011年03月10日(Thu)]
2011(平成23)年03月10日(木)
東京新聞
トップ>栃木>3月10日の記事一覧

【栃木】
足利の井野口吉一さん 鉄道自殺から男性救う
警察が感謝状「夢中だった」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20110310/CK2011031002000088.html

鉄道自殺しようとしていた男性を救ったとして、
足利署は9日、足利市福居町の飲食店経営
井野口吉一さん(58)に感謝状を贈った。



「命が助かって良かった」と話す井野口さん=足利署で



井野口さんは4日午後10時半ごろ、同市上渋垂町の
東武伊勢崎線の踏切で、遮断機をくぐって線路に立った
男性(24)を発見。急いで非常ボタンを押し、
踏切に入って男性を連れ戻そうとした。

電車は停止信号を確認し、
2人の手前約20メートルで止まった。

男性は後に井野口さん方を訪れ、
「命の恩人です。」
と感謝したという。

井野口さんは
「今考えると危なかったが、夢中だった。
 助けられて良かった。」
と話した。 (清水祐樹)

東京新聞 2011年03月10日(木)
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック