CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人宮崎自殺防止センターを応援したい

NPO法人国際ビフレンダーズ 宮崎自殺防止
センターでボランティア活動を始めました。
いろいろと勉強中です。

なお、このブログは、自死等の相談に応じるものではありません。


NPO法人宮崎自殺防止センター
■ TEL 0985(77)9090
■ 毎週 日・水・金曜日
   午後8時から午後11時まで(3時間)


<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
玉名・80代夫婦無理心中 背景は(朝日新聞/熊本) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(火)
朝日新聞
asahi.com>マイタウン>熊本

玉名・80代夫婦無理心中 背景は
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001009290003

玉名市のマンションで今月に起きた80代夫婦の無理心中事件。
妻の病気を苦にした夫が妻を手にかけ、
自ら命を絶ったとみられている。

独り暮らしや65歳以上の夫婦だけで暮らす世帯が増える中、
高齢者の自殺も少なくない。
孤立化する高齢者をどう社会で守っていくのか。
事件の背景を取材した。 (塩入 彩)



夫婦が住んでいた高齢者専用マンションの中庭には、
住民が植えた花が咲いていた=玉名市

事件の現場は玉名市の中心街に近い、
温泉施設が集まる一角の高齢者専用マンション。

玉名署などによると、8階に住んでいた男性(83)が
7日夜、ベッドに寝ていた妻(84)の首を絞めた直後に
共用廊下の窓から飛び降りた。

室内からは男性が残した遺書が見つかり、
「病気の妻を見ているのがつらかった」
と書かれていた。



男性の親類の女性(54)の話では、夫婦は約20年前に
埼玉県から妻の故郷の玉名市のマンションに転居。
子供はいなかった。
夫婦仲は良く、2人で頻繁に旅行にも出かけていたという。

しかし今年4月、妻が脳梗塞(こうそく)で倒れた。
8月末に退院するまでの間、男性はほぼ毎日
病院に見舞いに行ったという。

「病気したのは自分のせいだ」。
倒れる数日前からはしをよく落とすようになった
妻の兆候に気づけなかったと、男性は自分を責めた。

猛暑のなかを自転車で看病に向かう男性。
周囲は
「そんなに通い詰めてはバテてしまう」
と心配したが、

「行くと妻が喜ぶから」
と言う男性を止めることはできなかった。



8月30日に妻は退院。昼間はデイサービスに通い、
帰宅後は数時間おきにマンションの職員が様子を見ていた。
なるべく男性に負担をかけないようにするためだった。

だが退院からわずか9日後、事件は起きた。

「(男性は)心と体のバランスが取れなかったのかもしれない。
 周りでサポートしていこうとしていた矢先だっただけに
 悔しい」

とマンションの職員は漏らす。

□ ■ □

今回事件があった高齢者専用マンションには、
自立しながら老後を過ごしたい人たちが住む。
入居条件は60歳以上で身元引受人がいること。
24時間職員が常駐し、いざという時には病院に連絡して
救急対応をするなど受け入れ態勢は万全だ。

一方で年齢を重ねて体が不自由になったり、
伴侶を亡くしたりするケースも出てくる。

そのため、このマンション側は介護職員を増やし、
入居者全員が集う会を開くなどして
住民の「孤立」を防ぐように努めてきたという。



行政も高齢者を守ろうと取り組んでいる。
熊本県では「地域の結(ゆ)いづくり」事業として、
気軽に高齢者の相談に乗れるようなネットワークを
それぞれの地域ごとに構築することを目指す。

事件があった玉名市では、地域の公民館に高齢者を呼ぶ
「いきいきふれあい活動」を推進中。
今後は音楽会やDVDの鑑賞会など、
より利用者の要望に沿った形で企画していきたいという。

ただ、全国で相次いだ高齢者の行方不明事案のように、
最近では相手と接触することも難しくなっているという。

ある民生委員の男性(67)は

「悪徳商法などにだまされるのではと警戒され、
 初めは会えないことも多いが、
 何度も顔を出し、覚えてもらうことで
 相手が声をかけてくることもある」。



高齢者の自殺問題などに詳しい
熊本大病院神経精神科の藤瀬 昇講師は

「病気やケガ、大切な人の死など
 高齢の人は様々な喪失を経験し、自殺率も高くなる。

 防止のためには、周囲が気長に声を掛けることや
 行政側が声なき声をどれだけ拾っていけるかが重要」

と話す。

□ ■ □

事件から20日余り。無理心中を図った男性の親族の女性は、
事件の直前に男性から聞いた言葉が忘れられない。

2人のなれそめを聞いたら、

「(妻が)映画館の受付で切符を切っていてねえ」
と照れくさそうに話したという。

「こんなに早く2人と別れることになるなんて」。
女性は声を詰まらせた。

朝日新聞 2010年09月29日(火)
うつ、自殺傾向の悩み多数=無職者が3割−働く人の電話相談(時事通信社) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(水)
時事ドットコム(時事通信社)
ホーム>社会

うつ、自殺傾向の悩み多数
=無職者が3割−働く人の電話相談
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010092900775

日本産業カウンセラー協会は29日、
自殺予防週間(9月10〜16日)に合わせて実施した
「働く人の電話相談室」に、
3日間で1,170件の相談が寄せられ、
メンタル不調・病気に関するものが2割を超え最多だった
と発表した。

細かい項目では、うつや死にたい気持ち(希死念慮)
に関するものが多かった。

原 康長専務理事は
「自殺を考えるのも無理のない深刻な悩みが多かった。
 深刻さの度合いが増している」

と話している。



電話相談は10〜12日に全国13支部で実施、
件数は前年の1,093件を若干上回った。

分野別では
メンタル不調・病気(21.5%)、
職場の問題(18.5%)、
生き方など自分自身のこと(16.7%)

−の順に多かった。

細分化した相談項目のトップは「生き方」の85人。
次いで「うつ」84人、
「希死念慮」75人、
「求職」63人、
「親子関係」61人の順だった。



電話相談は、厳しい雇用環境を考慮し、
現在の仕事の有無を問わず利用を呼び掛けている。

今回、差し支えない範囲で雇用形態を尋ねたところ、
無職の人が384人と1/3を占め最多だった。

時事通信社 2010年09月29日(水)17時48分
地域で取り組む自殺予防 陸前高田で智田医師講演(岩手日報) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(水)
岩手日報
トップ>岩手県内ニュース>2010年09月29日(水)

地域で取り組む自殺予防
陸前高田で智田医師講演
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20100929_11

陸前高田市社会福祉協議会(佐々木広道会長)など主催の
自殺予防研修会は28日、同市高田町の市ふれあいセンター
で開かれ、盛岡いのちの電話理事の智田文徳医師が
「自殺を防ぐためにあなたにできること」
と題して講演した。



約60人が聴講。陸前高田市の男性の自殺率
(2003〜07年)は、田野畑村以南の沿岸10市町村で
最も高い10万人当たり73.4人というデータを紹介した。

本県の男性平均53.1人を大幅に上回る。
同市女性は  17.1人。

智田医師は
「正しい自殺対策は、現状を地域住民に理解してもらうこと
 から始まる」

と語り

「苦しんでいる人にとって、話を聞くことは
 とても大切な援助になる」

と訴えた。

岩手日報 2010年09月29日(水)
ネット掲示板が決め手(読売新聞) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(水)
読売新聞
ホーム>地域>千葉

ネット掲示板が決め手
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20100929-OYT8T00031.htm

成田死体遺棄 容疑者を逮捕

成田市東和田の山林で男性2人の遺体が見つかった
死体遺棄事件は、住所不定、無職 米岡直樹容疑者(24)
が書き込んだとみられるインターネット掲示板が
捜査の決め手となった。



ネット掲示板には、8月29日付で
「来週成田で練炭で逝きます。
 ご一緒逝きたい方いませんか」

などという書き込みがあった。

成田署特捜班の発表によると、この書き込みの発信源を示す
「IPアドレス」を調べ、米岡容疑者の携帯電話を特定。

その通信記録から、遺体で見つかった
東京都江東区枝川、木幡勇三さん(50)、
さいたま市南区、無職 佐藤洋輔さん(29)
の携帯電話に連絡していたことも判明した。

特捜班は27日、成田市内の公園で米岡容疑者の乗用車を
発見し、28日午後、千葉市内の知人宅にいた米岡容疑者を
任意同行したところ容疑を認めたという。

県警は、3人が乗用車内で練炭をたいて自殺を図ったもの
とみて、詳しい経緯を調べる方針。

読売新聞 2010年09月29日(水)
口蹄疫防止協力に感謝(読売新聞/宮崎) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(水)
読売新聞
ホーム>地域>宮崎

口蹄疫防止協力に感謝
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20100928-OYT8T01219.htm

口蹄疫(こうていえき)への取り組みをたたえ、
復興への決意を新たにしてほしいと、
宮崎県獣医師会児湯支部(52人)が、
被害が集中した県東部5町(都農、川南、高鍋、木城、新富)
と西都市の畜産農家約1,000戸に感謝の文書を配っている。

終息を迎えたことについて、
「感染を広げないように努力された農家の方々のおかげです」
などとつづっている。



飼育再開に向けた説明会であいさつする橋田市長



同支部は1市5町を管轄し、畜産農家のかかりつけ
獣医師などとして家畜の疾病などを診ている。

口蹄疫の発生農家から、
自責の念にかられる声を聞いたことから、
「元気づけるために何かできないか」
と話し合い、文書を作成、今月中旬から配り始めた。

殺処分を前提としたワクチン接種を受け入れ、
感染拡大を防いだ畜産農家に対して

「犠牲を払って戦い抜いた尊い行為に感謝申し上げます」
と敬意を表し、

「笑顔で世間話ができる日がくることを信じて、
 最大限の努力をし続けて参ります」
と、獣医師としての決意も示している。

矢野安正支部長(59)は

「被害の大きさに関心が集中しがちだが、
 感染を県内で抑えることができたという事実は大きい。
 そのことをしっかりと伝えたい」

と話している。

読売新聞 2010年09月29日(水)
医師“2万4,000人必要”(NHKオンライン) [2010年09月29日(Wed)]
2010(平成22)年09月29日(水)
NHKオンライン
トップ>ニュース/報道>ニューストップ>科学・医療

医師“2万4,000人必要”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100929/k10014280231000.html

地域で十分な医療を確保するために、
今よりさらに何人の医師が必要か、
厚生労働省が全国の医療機関を対象に初めて調査したところ、
あわせて2万4,000人に上り、
診療科別では、リハビリや救急それに産科を担当する医師が
特に不足している実態が明らかになりました。



この調査は、地域の医師不足の実態を把握しようと、
厚生労働省が、ことし6月に全国の病院などあわせて
およそ1万の施設を対象に初めて行ったもので、
8,600余りの施設から回答がありました。

これらの施設に現在勤務している医師は、
あわせておよそ16万7,000人ですが、
調査では、それぞれの施設に対して、
地域で十分な医療を確保するために、
さらに何人の医師が必要か尋ねました。

その結果、あわせて2万4,033人に上り、
医療機関が本来必要だと考える医師数は
現在の1.14倍になることがわかりました。



都道府県別では、最も高い岩手県が1.40倍、
次いで青森県が1.32倍、山梨県が1.29倍
となっている一方で、
最も低い東京は1.08倍、大阪が1.09倍となっており、
地方と都市部の格差が浮き彫りになりました。

また、実際に求人募集をしているのは、
必要な医師数よりも6,000人ほど少ない
およそ1万8,000人にとどまり、その理由として、
▽「求人しても確保が見込めない」が30%、
▽「経済的な理由」が20%
となっています。



一方、診療科別の必要な医師数では、
リハビリ科が現在の1.29倍と医師不足が最も深刻で、
次いで救急科が1.28倍、産科が1.24倍
などとなっています。

厚生労働省は、今回の調査によって
全国的な医師不足の実態があらためて裏付けられたとして、
具体的な解消策を検討していく方針です。

NHKオンライン 2010年09月29日(水)19時22分
| 次へ
プロフィール

黒水 宣行さんの画像
黒水 宣行
プロフィール
ブログ
リンク集
最新コメント
最新トラックバック